後味の悪い話

【後味の悪い話】キャプテンマーベル

96: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/07(金) 15:55:57.72 ID:Myeqo6tA0
アメリカの漫画キャプテンマーベル
これは内容というより権利関係での後味の悪い話
1934年にできたDCコミックスはスーパーマンとバットマンで大人気となった。
だが1940年にフォーセットコミック社から登場したキャプテンマーベルという作品がでた。
内容はホームレスの少年が偶然手に入れた魔法の力でスーパーヒーローになる話
スーパーマンのようにすごくなくバットマンのように金持ちじゃないホームレスの子供がヒーローになるという設定が子供の心をつかみ、爆発的にヒットし、一時はスーパーマンの漫画の売り上げを超えるほどの人気だった。
それに困ったのがdcコミックスの社長と社員
キャプテンマーベルのせいで売り上げが減ってウハウハできなくなってしまったので、「スーパーマンにそっくりこれは著作権の侵害だ!」と言ってフォーセットコミック社を訴えた。
ほとんど言いがかりだが人気作品を沢山出してる大企業のdcコミックスには人気作品が一作しかない弱小出版社であるフォーセットコミック社は敵わなかった。
こうして1952年に和解という形で裁判は終了
何にも悪くないフォーセットコミック社は40万ドルという大量の和解金を払い、キャプテンマーベルの出版も止められてしまった。
キャプテンマーベルという金の卵を産む鶏を失ったフォーセット・コミック社は倒産。
キャプテンマーベルの権利はdcコミックスが手に入れて連載を再開したがちょうどその時マーベルコミックスでもキャプテンマーベルというキャラクターを作って人気がでた上商標登録もされてしまい、またキャプテンマーベルは世間から消えることとなった。
その後も色々と設定を変えたりデザインを変え2011年に新作がでたが、それでも人気がでることはなかった。
売り上げが多少下がっただけでフォーセット・コミック社を潰したdcコミックスクズすぎるしうまくキャラクターを扱えないくせに使う権利を手に入れる必要もないだろ

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ