後味の悪い話

【後味の悪い話】ガリレオ真夏の方程式

スポンサーリンク

57:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/23(月) 00:14:36.70 ID:HBzKeTXb0.net
おとといやった「ガリレオ真夏の方程式」

福山雅治が海底鉱物資源開発の説明会にアドバイザーとして出席するために訪れた玻璃ヶ浦で事件が起こる。
被害者は福山と同じ民宿に宿泊していた元刑事の塩見三省。
堤防から転落した事故死とみられてたが司法解剖の結果
一酸化炭素中毒死した後に堤防から落とされた他殺であることが判明する。
玻璃ヶ浦出身であり15年前に愛人であるホステスの西田尚美刺殺事件で塩見に逮捕された
白竜による復讐という線で捜査が勧められるが白竜は脳腫瘍で入院しており容疑者から外れる。
その間福山は説明会に出たり吉高由里子に捜査協力を頼まれたり夏休みを利用して来てた
民宿を営む夫婦の甥とペットボトルロケット実験などして夏の青春の1ページを綴ったりしてる。
そんなこんなで片手間に事件捜査を手伝ってプレッシャーを与えるうちに犯人が自首
犯人は民宿主人の前田吟、老朽化した民宿の配管からボイラー室の煙が漏れて
部屋で塩見が中毒死してるのを発見するが悪い噂が広まるのを恐れて
妻の風吹ジュンと協力して死体を遺棄したという業務上過失致死で逮捕される。

58:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/23(月) 00:16:32.81 ID:HBzKeTXb0.net
が、福山の見立てでは確かに配管は老朽化しており煙も漏れてるがそれだけでは
中毒死するほどの一酸化炭素量には足りない、屋上にあるボイラーの煙突を塞がなければ。
煙突を塞いだのは甥。叔父の前田とロケット花火をする前にゴミが入らないようにとの指示で
足の悪い前田の代わりに煙突に蓋をしたのだ、つまり過失致死ではなく他殺。
塩見が民宿に来たのは15年前の事件が冤罪であり本当のことが知りたくて夫婦に話を聞きにきた
15年前の事件の真犯人である夫婦の娘の杏を守るために前田は塩見を殺害したのだ。
実は杏は前田の娘ではなく冤罪で捕まった白竜と風吹の不倫の子(えー)であり
それ知った白竜の愛人である西田が元同僚である風吹を強請ろうと宅を訪れたところ
留守番中の杏(15)が家庭崩壊を恐れて刺殺(えー)娘を庇って白竜が逮捕されたのであった。

前田は托卵って知ってたけどそれでも娘を愛してたから犯行に及んだんだ家族愛って素敵だよね
みたいなお涙頂戴ストーリーなんだが実父が口割らないから娘は野放し。(警察は冤罪を認めたくない)
養父は物的証拠がないから過失致死止まり。
塩見も刑事退職してて話だけでもきかせてくれって言っただけで殺されるし。
甥は自分が蓋をしたから塩見が死んだんじゃないかって勘づいてるんだけど映画ではフォロー無し。

関連記事 一覧

  • この記事を書いた人

イマイズミ

栄養価の高い情報発信を目指してブログを更新しています。何かありましたら、お問い合わせまでお願いします。

-後味の悪い話

Copyright© サンブログ , 2020 All Rights Reserved.