育児論

【育児論】Twitterでバズった子育てに役立つ育児ライフハックまとめ

スポンサーリンク

ツイッターでバズった子育てに役立つライフハックをまとめです。

育児に役立つライフハックまとめ

夏休みに怯える母たちへ

夏休みに怯える母達よ。
今マックナゲットが15ピースで390円でかなりお買得だ。
大量に買って冷凍するのだ。
さすればお弁当やちょっとおかずが足りない時に救いの手になるであろう。
(昨年Twitterで知ったライフハックで、めちゃくちゃ活用した!

— 調味料@2026年中受 (@sioshouyu) July 20, 2022

@iketeru_anponta
明日からの夏休みにブルってた2児の母です。
突然の質問、失礼します💦

冷凍してどのくらいもちますか?

@sioshouyu
うーん、どうなんでしょう?前回の30個冷凍したのは2週間で食べ切ってじまったので💦あまり長期は味の劣化や衛生面もあるのでおススメはできないかもですね。こんな回答ですみません😭

火災保険が使える

先日息子がiPadの液晶を壊し、
修理費45518円に精神的大ダメージを受けていましたが、

フォロワーさんから火災保険の家財補償が使えるのではと教えてもらい、試しに申請してみたところ...

お見舞い金が加わり、46173円振り込まれました!!!

火災保険、神かよ〜!!

子供のいる全家庭に伝われ😭

— はあちゅう (@ha_chu) March 8, 2022

大人にも使える伝え方

これ大人にとってもかなり大事だと思う

— 雲丹肉ちゃん (@oniku117) June 10, 2022

子供と関わる時の『お寿司最高かよ』

@kodokanchildpsy

子どもと関わる時に意識している事

お:脅かさない
す:すぐに助言しない
し:叱責しない
さ:最後まで話を聞く
い:(子どもの)意向を軽視しない
こ:子どもが使う言葉を使う
う:疑わずに一旦信じる
か:感情を否定しない
よ:余計な一言を言わない

『お寿司最高かよ』です。

これはガチです。

— 子どもの精神科看護師 (@kodokanchildpsy) July 16, 2022

パレットの汚れの豆知識

お子さんが夏休みに入ったというご家庭も多いかと思うのですが、今からちょっとした豆知識をご紹介します。

パレットを使った後の洗っても洗っても洗っても残るその絵具汚れ…「消しゴム」できれいにできます!

(結構力を入れるので、グリップ付きで折れにくいスリーブの消しゴムがあると◎)

— サクラクレパス【公式】 (@1921_SAKURA) July 21, 2022

自治体の宅食サービスが使える

@shiori_mw

地域の助産師さんが電話くれた時にポロッと「自治体の宅食サービスとかも使ってみてね」と言ってくれたから、そこで初めて産後の宅食補助サービスなるものの存在を知ることができたんだけど、自治体サービス系の"こっちから調べないと見つけられない問題"はどうにか解決できないものか…

宅食の補助自体はめちゃくちゃ便利そうで、1日1食バランス取れた食事が確保されるだけで心の安寧が得られそうなので、使ってみることにしました。ありがたや。

— シオリーヌ🩸8月まで産休 (@shiori_mw) June 8, 2022

スポンサーリンク

ミルクの目安

1か月検診のときのパワーワード💥

小児科の先生🏥
"吐くまで飲ませていいよ。
ミルク缶の表示は、あくまで目安!
嫌だったら飲まなくなるのでね。
あと3時間に囚われず
欲するときにあげていいですよ。
夜は多めにあげたら長く寝てくれるし。"

よくぞ、教えてくれた。
うん、囚われすぎてたわ。

— 🧸ふうか@2m (@ldSscjB3f7lj2JO) March 17, 2022

有益情報

出産してから様々な育児情報をインプットしてきたものの「中辛カレーに牛乳とコーンスープ粉末を加えれば幼児でも食べれる甘口になるのでルーを2つ用意する必要がない」ほど有益な情報は今のところない。

— ヴィッキー・おすし (@osushi_haochi) June 12, 2022

@percypeking
生クリームを足すのもおすすめです!

@1t7LFSAVtZV5FTc
それを15年前に知りたかった…

コロナ休暇は給与は保証される

小学校、コロナで学級閉鎖。共働きのママ友が「また有給が減らされてく」と嘆いてたのだが、それ小学校休業等対応助成金の対象。会社側の申請が必要だけど、給与は補償されるし、本人都合で取るべき有給が減るのはおかしな話。何度も言うが、どさくさに紛れて有給消化させようとする会社には要注意。

— 残業キライ子ちゃん (@monamick30) July 12, 2022

パパになる後輩

もうすぐパパになる職場の後輩に「僕に何ができるか」って聞かれたので、とりあえず産まれたら定期的に奥さんにまとまった睡眠時間と諭吉を握らせて2~3日家で1人で自由に出来る時間を提供してあげて下さいと申し上げておいた。

— みにゃー (@miyanari2838) February 11, 2022

わっしょいレベル

@NyoVh7fiap

小3娘がそろそろ思春期前期で、イライラしたり妙に反抗的なときがあるので、イライラしたら「わっしょい!」って言うよう教えたら、「今わっしょいレベル3」とか自分から言い始めて、イライラが可視化されるようになった。ちなみにわっしょいレベル10超えると、どすこいレベル1になるらしい。

— Nikov (@NyoVh7fiap) April 10, 2022

「ママじゃなきゃダメ」は嘘

@komugi_baby77

私が仕事にフル復帰し夫だけ育休延長して慣らし保育を担当した結果、お子は夫の姿が見えないとギャン泣きの「パパじゃなきゃ嫌」状態になってしまい、世の中の「ママじゃなきゃダメ」はママ達がしっかり育児してるからであって生物学的に「ママじゃなきゃダメ」な訳ではない事が証明されました(泣)

— こむぎ🎀11m (@komugi_baby77) April 15, 2022

アメリカン上司

@kstn9

子供が無事うまれました報告をアメリカ人上司にした際、「おめでとう、今日からお前のボスは俺ではなくbabyだ。これからしばらくは公私共にbabyを最優先に仕事のプライオリティは落としてくれ」って言われたんだが、日本のマネジメントで同じようなこと言える人は果たしてどれほどいるのでしょうね。

なお、この上司は一応組織上はボスなのだが、実際今のうちの部署の仕事は完全分業制の社内個人商店になっており、自分がやっている仕事を彼や他の人がカバーできるわけでもないので、優先度下げるとかその辺ワークしないことわかりつつとりあえず格好良いこと言ってやったぜみは凄くあったが。

なんか夜泣き対応で忙殺されてたらバズってたので、この上司のエピソードをもう一つぶら下げときます。
子供がうまれた週後半にどうしてもでときたい会議があり参加したら、この上司から「お前はここで何をやってるんだ、早く戻って子供の世話しろ」って言って強制ミュートして追い出されました苦笑

彼は夫婦共に弁護士で多忙を極める中、男の子三人(+犬二匹)を育ててるカオスな家庭もちにつき、アメリカ人の中でもより一層家族への理解が深い部類なのだろうと推察します。

まあ、彼が子供の事情で急遽出られなくなった際にカバーを自分がしたことも数えきれないくないあり、そういったお互い持ちつ持たれつな関係の打算も当該発言の裏に当然あったのではないかとも思いますが、言葉にしてもらうことはお互い気持ち良いし前向きな関係構築に助力するよなと改めて感じました。

なお、日本のマネジメントにも素晴らしい方々が沢山いるであろうことは勿論理解しておりますが、自分の経験上は少なくともそんなに良い思い出がないので、純粋にこういう上司は一体どれくらいいるのでしょうねという単なるオープンクエッションが最初のツイートの意図でした。

— KSTN@NY (@kstn9) April 8, 2022

一方日本は

@mitsugobiyori

1000000%無理だと分かりつつ、三つ子が赤ちゃんの時に夫に「育休取れない?」って聞いてみたら「(将来)給料下がるけどいいの?」って。
我が子の育児をする。当たり前のことをするだけで給料下がるってどういうことよ?????

↑ここで最前線から降りずにずっと働き続けたおかげで今の夫のキャリアとお給料があるのかあ、と思ったら複雑な気持ちになる。
育児休暇を取っても元の居場所で最前線に戻れる保障をくださいよ…。。

— 宮瀬とまと@三つ子ワンオペ漫画を描けていない (@mitsugobiyori) March 17, 2022

無理せずに

@keep_walking_u

子が不登校。ひと月毎日弁当を準備した妻。食べないからと弁当をやめた。冷たい母だと思い僕が弁当を作った。好きな肉を入れ手紙も添えて。でも食べなかった。僕の心は2日で折れた。それから妻をみる目が変わった。よく1ヶ月も続けたね。自分でやってやっと気づけた。親も無理せずできる事をしよう。

— ふう|不登校の子らと笑う父 (@keep_walking_u) July 13, 2022

話し合いで通じる

@Crystallineazu1

3才娘がふざけて水をこぼした。
以前の僕は「ふざけたらダメでしょ!」と叱っていたが、今はタオルを娘に渡し「こぼしたらどうする?」と聞く。娘は「フク!」と答え、拭きだす。次に「どうしたらこぼれないかな?」と聞くと娘は「スワッテ ノム!」と答えた。叱らずとも話し合いで意外と通じるみたい。

— くり (@Crystallineazu1) June 30, 2022

わかったような気持ちにならずにいよう

@micuitmicuis

おそらく初めて「一瞬目を離すと死に向かうタイプの幼児」と過ごしたんだけどもうわたしに育児の一切を語る資格はないと全身で理解するレベルの想像を超える世界線だった

常に想像つかない動きをするのと こちらから見ると一挙手一投足がアウトだけど常日頃を見てる親御さんのここまではOKのボーダーラインがわからないのと 親とはぐれたり高所から飛んだり道に飛び出したりに一切の恐怖心がなさそうなのと とにかく今までに経験したことのない疲れを知りました…

わたしはこども1人しかいないしその子との過ごし方しか知らないから 誰かの育児の大変さを自分の少なく狭い経験に寄せて 知ったようなわかったような気持ちにならずにいようと思ったのでした〜

— ʘᴗʘ (@micuitmicuis) January 30, 2022

在宅勤務

@darenomiso

在宅勤務になって夫の給料が爆上がりしたので「どうした」と聞いたら「俺、在宅になってから仕事の合間に子どもの送り迎えしたり、家事するようになったじゃん?そしたら色々と効率良く回せるようになって、任せてもらえる仕事も増えて捌けられて、今、忙しいけどめっちゃいい感じ」と。
興味深い

— ミソスープは誰の味 (@darenomiso) June 30, 2022

産婦人科の先生ェ

産婦人科の先生ェ…😭😭😭

— たぬポンド (@tan_uk_ijiru) December 4, 2021

他の育児を見てみよう

「母性本能」という言葉があるように、まるで(ヒト含む)全動物に共通する性質かのごとく語られがちな「母性」ですが、実際にはもっと複雑のようです。適当だったり熱心だったり人間から見ると残酷だったり、動物界の多彩な「母親」事情を図解しました。まずはゴリラ。

— ぬまがさワタリ@『ゆかいないきもの超図鑑』3/8発売 (@numagasa) June 15, 2022

created by Rinker
東京大学出版会
¥2,860 (2022/08/08 00:21:05時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

オムツ外れの方法

参照元:https://twitter.com/koge_diary/status/1546692792964960256

スポンサーリンク

-育児論
-,

© 2022 サンブログ