お役立ちtips

温泉宿ではどの価格帯で泊まればいい? 宿泊価格の目安をまとめました。

ここでは「温泉旅行に行きたいが、どれくらいの価格帯で泊まればいいのかわからない」という方に向けて、「宿泊価格と宿の印象のざっくりした目安」をまとめました。

宿選びの参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

宿泊価格がピンとこない人のためのざっくり目安

1泊1人~5000円

まずは一人5,000円台の宿。
ビジネスホテルやゲストハウスのドミトリー、民宿の素泊まりなどがこの価格帯です。
宿に温泉はないところが多いでしょう。
食事は外で済ませる方や、温泉は日帰り入浴でOKという方におすすめな価格帯です。

素泊まりOKならこの価格帯がおすすめ 僕もこの価格帯を好んで泊まりますね!

1泊1人~10,000円

2食付きでこの値段の温泉旅館の場合ですと、だいぶカジュアルである可能性が高いです。
「せっかくだからご当地料理や地元のものを使った美味しいものが食べたい」という気持ちなら、素泊まりや朝食付きプランにして、夕食は近くのレストランにしたほうがいいかも。
複数人で泊まるファミリー向けの宿に多い価格帯です。

宿の食事に大きな期待はしないほうがいいかも知れません!

1泊1人~15,000円

設備や料理に豪華になってくる価格帯です。
地元の魚や肉や、野菜といったご当地自慢の料理が食べられます。一部、部屋食(=客室に運んできてもらったご飯を食べること)がかなうプランもあります。
ただし、山奥の一軒宿などの場合、どうしても維持費が高くなるので、大きめの温泉街より料理・設備の質が落ちる場合も。

山の幸、海の幸が旅館で味わえる価格帯です。

1泊1人~20,000円

だいぶキレイな旅館です。食事も美味しいです。
宿泊予約サイトでも「ハイクラス」のタグがついている宿が多め。
ファミリーは少なく、大人の一人旅やカップルが増えます。
記念日やごほうび旅行に使う人が多いイメージです。
ただし、繁忙期は基本、どこでも宿泊代がバカ高くなります。この値段が、繁忙期か、そうでない時期かは気にしておいたほうがいいです。

ハイクラスな価格帯です! ただし繁忙期にこの価格帯ならミドルクラスの可能性も

1泊1人~25,000円

美味しい食時に、きれいな宿。プランに酔っては部屋に「露天風呂付き」も出てくる価格帯です。
雑誌やテレビに出てくる憧れの宿が入っていることも。アメニティも充実しています。
高級宿ではありますが、まあ「敷居がちょっと低めの贅沢ゾーン」に入る宿です。

露天風呂付き部屋もあり! 雑誌に出るレベルの宿です。

1泊1人~30,000円

文句なしの高級宿。料理も設備も、一般的な旅館とはだいぶ変わってきます。

贅沢しちゃうぜ~!といった気分の時に泊まる宿だと言えます。
星のリゾートなど、一泊3万円以上しますので、そういった宿ですね。

現地の美味しいものを食べれる美味しい食事。ここでは、それ以上の「ご当地ならでは」な美味しいごはんが食べられるはずです。

高級宿であり、地元でも滅多に見ないめっちゃ美味しいごはんが出てくるレベルの宿です!

ちなみに、最近は星野リゾートでも若者向けの安い宿泊施設が出来ました。▼詳細はこちら

【軽井沢】星野リゾートが1万円台!? 軽井沢に作った若者向けホテル『BEB5』が最高な件

星野リゾートさんが軽井沢に作ったホテル『ホテルBEB5』が安くて最高だと話題です。 なんと35歳以下だと一万円台で泊まれます! 内装もおしゃれで、この値段なら大満足ですね。 目次「BEB5」の宿泊費について『BEB5』が最高な点室内の様子ハルニレテラスの様子その他 室内の様子ホテル『BEB5』まとめ ...

続きを見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。新幹線代+宿代がセットになったプランなどはまた変わってきますが、だいたい上記が宿の価格帯イメージです。ぜひ温泉宿に行く際の参考にしてください。

スポンサーリンク

-お役立ちtips

© 2022 サンブログ