復讐話

【スッキリする話】ツイッターでの誹謗中傷

スポンサーリンク

@frenchbeansaya

【勝訴しました】
約4年前から続いていたツイッターでの誹謗中傷書き込みの件、66万円で勝訴しました。
実名も出されず自分へのリプもされていませんが、このような判決が出ました。
ネットでの悪口が軽んじられる時代は終わりました。

ひとりで悩まず、周りの方々に相談してみてください。

約4年の間、多いときで毎日書かれていました。最初は気づいていましたが1年間スルーしていました。しかしある日フォロワーさんから「この人だれ?あなたの知り合い?」と言われました。私の仕事仲間、友人、これから繋がるであろう人達約60名をフォローし、悪口を書き続けていたのです。

自分がフォロワーをゼロにしたのは約3年前、訴訟を試みたときです。自分がツイッターで誰かと繋がるたび、その繋がった人をフォローされました。そして私の投稿に言及した誹謗中傷ツイートを投稿され続け、約4年の月日が経ちます。
今後傷つく人が減るよう、厳しい法改正が進むことを願います。

何十回も、友人関係をやめてほしいと必死に訴えましたが、おさまりませんでした。
恋愛関係にもなれないので無視していました。

そして相手のSNSを全てブロックした直後から攻撃が始まり、それは1500日ほど続きました。

断ったらいけなかったのでしょうか。

女に人権や自由はないのでしょうか。

訴訟したキッカケは自分への誹謗中傷ではなく、それを超えた先でした。私のフォロワー数名へ私の知らないところで迷惑がかかっていたことがキッカケです。
SNSはやめれば良いという考えもありますが、気を病んでいた当時のフォロワーは自営業で勤務をしておらず、SNSだけが営業ツールで生命線でした

今まで家から出られなかったからSNSを始めて外の世界と繋がると希望を話してくれた人や、自営業を始めたばかりの若い人もいました。
自分は発達障害系の話を発信しており、そのような方々と繋がっていたこともあり、偶然ですが、発達障害×HSP気質の方々が困って悲しんでいるのを目の当たりにしました。

なぜ困っていたかというと、毎回投稿した直後にイイネとリツイートをされて通知欄に「120件のイイネがあります」のような言葉が並び、怖かったからだそうです。いいねとリツイート自体は悪いことではないのですが速度と量が多すぎて、それに怖がりタイムラインを見に行くと悪口が書かれていたそうです

いいねとリツイートも悪くないですし、自分だけの悪口を勝手に書かれているだけならこうならなかったのですが、一つ一つの行動というより一連の行動と速度と量が問題でした。
仲良くいたいから距離を置いてほしいと懇願しても聞き入れてもらえず、結果的に裁判となりました。

自分だけではなく、発達障害のことを発信する当事者の方々が困る状態が続き、そのうち数名、警察署や法務局へ相談しにいくまでに至りました。
自分は被告に数年前「仲良くいたいので距離を置かせてほしい」と懇願しましたが、どうすれば仲良くいられたのか、こうならずに済んだのか、わかりません。

今の時代、いろいろなことを抱えながらもSNSで発信している人もいるし、SNSで仕事を取って生活している人もいれば、SNSで救われたという人もいると思います。たかがSNSだと言われてしまう時代を終わらせ、がんばる人が潰れてしまうような出来事が減ることを願っています。

参照元:https://twitter.com/frenchbeansaya/status/1524016807400861698

-復讐話
-

© 2022 サンブログ