お役立ちtips

【徹底解説】コアサーバーにドメインを設定してWordPressでサイトを公開する方法


ここではサーバーにドメインを設定して、WordPressをインスールし、サイトを公開するまでの手順を詳しくまとめました。ただし、使用しているサーバーはCORESERVER。ドメインは同社のバリュードメインです。設定画面はサーバ・ドメイン会社で違います。何度もやっていますが、コアサーバーはちょっとクセがあるので混乱しやすいです。しかし慣れしまえば簡単なので、一緒に詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク

初めに・全体の流れ

ここで仕様を説明するのは以下のサーバとドメインです。

  • CORESERVER
  • バリュードメイン

サーバとドメインともに同じ会社なので、扱いやすいです。僕はよく使っています。

ではまず、コアサーバーにドメインを設定して、WordPressをインストールまでの全体の流れを紹介します。

わかりにくいポイントはここ! ドメインの管理画面で設定するものと、サーバー管理画面で設定するものが入り組んでいます。カッコの中に注意してください。

    【一連の流れ】

  1. ネームサーバーの設定(※ドメイン画面で設定)
  2. DNS設定 (※ドメイン画面で設定)
  3. ドメインウェブの設定 (※サーバー側で設定)
  4. MySQLの追加 (※サーバー側で設定)
  5. データベース情報を設定する(※サーバー側で設定)
  6. コアサーバーにワードプレスをインストールする (※サーバー側で設定)

ここでは、1から6までのやり方を解説します。

難しそうに見えますが、順番に設定していけば案外簡単です。さっそくやっていきましょう。

注意点 コアーサーバーには新コンパネと旧コンパネがあります。ふたつを中途半端にさわって設定すると、二重に登録されてしまったりして、うまくいきません。必ず、どっちかで設定を完結するようにしましょう。旧コンパネは停止される予定なので、ここでは新コンパネを使って設定していきます。

DNS設定

前準備:サーバー情報をメモ

まず自分の持っているコアーバーの情報をメモします。

こんな感じのです↓
○○○@s191.coreserver.jp

<確認の方法>
バリュードメインにログイン。

■手順
①右上の「コンパネ」をクリック。
②左ナビの「サーバー」にマウスオンして「コアサーバー」をクリック。
③表示される「アカウント@サーバー」をメモ。

メモしましたか? 少々長いですが、見たままやれば設定できるので、
ここからやっていきましょう。

ドメイン側で『DNS/URL』を設定

これはバリュードメインでドメインを購入した人は自動で入っていると思います。

『DNS/URL』の設定をしていきます。

左メニューの「ドメイン」から「ドメインの操作設定(登録済みドメイン一覧)」をクリック。

こんなページに飛びます。

この「DNS/URL」をクリックします。

こんなページに飛びます。

ここのプルダウンでさっき確認した○○○@s191.coreserver.jpの@マーク以下をプルダウンから選択して保存。

バリュドメでドメインを購入した人は、ここは何もしなくても設定されていると思います。昔は手動で設定した気がするんですが、アップデートされたのでしょうか・・。

一応、自分のサーバーを選んで保存しておきましょう。

これでドメインのDNS設定は完了です。

バリュードメインで『ネームサーバー』の設定

これもバリュードメインでドメインを購入した人は自動で入っていると思います。
他社でドメインを買った人は設定が必要です。一応画面を見ておきましょう。

この「ネームサーバー」をクリック。

上記に上のような感じで数字が入っていれば問題ありません。

サーバー側で『ドメイン設定』

次にコアサーバーでドメイン設定していきます。

左ナビの「サーバー」から「コアサーバー」をクリック。さっき行ったこの画面に戻ってきましょう。

※この画面への戻り方を忘れた人はココを参照。


ここの「新コントロールパネル」を押します。

先程も言いましたが、コアサーバーには旧コンパネと新コンパネがあり、両方を触っているとおかしなことになってしまいます。

ここから先は「新コントロールパネル」で設定していきましょう。

「新コントロールパネル」をクリックすると、こんな画面に飛びます。

①左ナビの「ドメイン設定」をクリック。
②右の緑のボタン「ドメインの新規作成」を押します。

こんな画面が開くので入れていきます。

入力して保存。

これでドメイン設定は終了です。
旧コンパネでの設定よりめっちゃ簡単です。

コアサーバーで『サイト設定』

次に「サイト設定」をしていきます。
左ナビの「サイド設定」をクリック。

するとこんな画面が出てきます。

■手順
①プルダウンからドメインを選択。
②コアサーバーでは、無料でSSL対応ができます。「無料SSL」にチェックをいれましょう。
③Aレコードのチェックをいれて作成。

SSL対応とは「https:~」のこのS付き対応のことです。S付き対応は主流なので、ここで忘れずに登録しましょう。

これでドメインとサーバーの設定は完了しました。

あとは『デーベースの作成』と『WordPressのインストール』をすればサイトを公開できます。

ここまでで半分くらいです。続きを見ていきましょう。

データベースを作成する。

コアサーバーでデータベースを作成していきます。

コアサーバーの新コントロールパネルにログインします。

「データベースの新規作成」ボタンをクリックします。

データベース情報を登録していきます。こちらの図の感じで入れてください。

これでデータベースを作成できました!

データベース情報をメモ

ここで登録したデータベース情報はあとで必要になります。メモしておきます。

登録したURLの「i」の部分を押すと、

いま登録したデータベース情報を確認できます。WordPress設置に必要なのでメモしておきましょう。

これでサイト公開に必要な基礎は整いました! あとはワードプレスをインストールして初期設定。そうすれば、サイトを公開できます。

あと少しなのでがんばりましょう。

コアサーバーの機能でワードプレスを簡単インストール

ワードプレスをインストール

次にワードプレスをインストールします。
今回は、コアサーバーの機能を使って、WordPressをインストールします。
自分でFTPを使ってアップロードすると、すごいアップに時間がかかるので、こっちがおすすめです。

サイト設定をクリック。一番したにスクロールするとWordPressのインストールボタンがあります。

この赤枠部分にドメイン名。たとえば○○.comだったら「○○.com」と入れます。入れたら「インストール」ボタンをクリック。

インストールに成功すると、こんな画面になります。

あっという間にインストールが完了しました! インストールは完了しましたが、ワードプレスの初期設定をしなくてはなりません。サイトへアクセスしてみましょう。

サイトにアクセスしてみる。

5分ほど時間をおいたら、今回作成したドメイン「○○.com」にアクセスしてみます。

こんな画面になります。ここでWordPressの初期設定をしていきますよ。クリックします。

さっきメモしたデータベース情報を入れます。

インストールを押しましょう。

ココまで来たら安心です。ここは自分で決めた設定を好きに入れましょう。

成功しました!

ですがこれで終わりではありません。もうひとふんばり。

ログインしてサイトアドレスを設定する。

左メニューの「設定」→「一般設定」をクリック。

画像のURL部分が、ちゃんと「http://○○.com」のようになっているかを確認します。たまに「http://coreserver/○○.com」のように勝手に生成されていて、ここを確認せずに戻ってしまい、二度とWordPressにログインできなくなることがあります。(※もとに戻すにはデータベースを触ったりと面倒なことになります)

そしてせっかくSSL対応しているので「http://○○.com」を「https://○○.com」にして保存しましょう。これでサイトをみて↓のようになっていれば成功です。

いや、なかなか大変でしたね。。お疲れ様でした!!!

WordPress管理画面へのログイン方法

「サイトにはアクセスできたけど、これを編集するWordPressにはどうやってはいるの?」と思った方もいるとおもいます。

WordPressへのログインは、今回つくったサイトURLの末尾にwp-login.phpをつけてアクセスするだけ。

たとえば「https://○○●.com/」を作成したとしたら、ログインURLは「http://○○●.com/wp-login.php」です。

これで、サイトを作成していけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
バリュードメインは、便利なのですが、かなり操作にクセがあって、戸惑うことも多いと思います。そんな方の設定の参考になれば幸いです。

なにかあれば教えてください。

スポンサーリンク

-お役立ちtips

© 2022 サンブログ