ホラー

【洒落怖】ガチな禁足地「八幡の藪知らず」

スポンサーリンク

八幡の藪知らず

コメント

@irohani_live
仕事上がりに見たら予想以上に伸びててびっくりした……
ここに立ち入った徳川光圀(水戸黄門)も神の怒りにあったという伝説も残っているようです

周辺には住宅もあり、神社の一角を除いては立入禁止になっています
決して " 中 " には入らず、マナーを守って散策を楽しみましょう!

@yoko61571038
八幡の藪知らず隣りに産院があって私はそこで産まれて。結婚するまで、ずっと本八幡に住んでました。小さい頃祖母から藪知らずの中に入ってはいけないし。指をさすのもダメだよって聞かされてました。
@Rinka_Kotone
たまに行くけど何か見られてる感じがする😆
@motoyawata__bot
本八幡の藪知らずのご紹介ありがとうございます!水戸黄門様が入ってしまわれたことでも有名で、地元住民でも夜は近付きません…迂闊に入ると警察と神主さんが飛んできて厳重な注意を受けます…中には何を祀っているのか今となっては分からない祠(ほこら)と窪地があるのです、決して入られぬよう…
@gang_o1980
正式名称の「不知八幡森」は『主家水神🔯』の御霊地なので禍神の魔界👿
将門の首や九尾狐やら八岐大蛇の怨霊を祀っておられるのです🙏
@motoyawata__bot
この神隠しの森にて、ものの怪と対峙された水戸黄門様が戦われた戦闘の記録あります。
お気付きでしょうか?厳重に封鎖されたこの森には入口など存在しないのです…
文献を紐解いても土に触れるなと死者行方不明者の記録ばかり、一体何が埋めてあるのか…
千葉県本八幡市(公式)
@motoyawata_shi

日本で一番有名な禁足地(自称)
八幡の藪知らず

八幡の藪知らずを浮世絵師が描くとこうなります

幕末から明治初期にかけて活躍した
浮世絵師、月岡米次郎(月岡芳年)による「不知薮八幡の実怪」という作品

藪知らずに足を踏み入れた水戸黄門が現れた妖怪と対峙している様子

— 千葉県本八幡市(公式) (@motoyawata_shi) November 3, 2018

@motoyawata__bot
ありますね平将門伝説!どうなのでしょう、何か文字が彫ってありそうなのですが森の奥深くで近付けないのです…

以下、Wikipediaでの「八幡の藪知らず」の記述(次ページ)

次のページへ >

関連記事 一覧

-ホラー
-,

© 2021 サンブログ