後味の悪い話

【後味の悪い話】ローマ皇帝「カリギュラ」

スポンサーリンク

ローマ皇帝 カリギュラ

36本当にあった怖い名無し2021/07/14(水) 06:25:52.65ID://iJza+f0⋮
若くしてローマ皇帝に即位したカリグラという人物に纏わるあれこれ
ケチだった先代の皇帝とは違い、若くて経験不足だったカリグラは、国民の願いを何でも屋かんでも聞き入れ、国の予算で大盤振る舞いをした
それによって国は一時期バブルのような状態になり、カリグラの支持率はうなぎ登り

しかし、ある時カリグラは高熱に倒れてしまう
(後に、この高熱によってカリグラは発狂したとされている)
病に伏せるカリグラを看病した1人の男が、神にこう祈った
「もし陛下が回復するのなら、私の命はいりません」
やがて回復したカリグラは、その男にこう言った
「あの約束を果たしてもらおうか」
こうして男は処刑された

病を経てカリグラは狂気の暴君へと変貌し、自らを神と称し、私利私欲の限りを尽くし始めた
神殿を建て、自分の像を掘らせた
娼館を建て、自分の妹たちに売春をさせた
海に船を並べ、その上でパレードをした
人妻を寝取り、娯楽で人を殺し、飢饉まで引き起こした

やがて暗殺を恐れたカリグラは、役人たちを次々と処刑し、妻を追放し、叔父と従兄弟に自殺を強要した
何人もの人間がカリグラの暗殺を企てたが、ことごとく失敗した
それもその筈、カリグラは生まれた時からローマ最強の近衛兵ケレアによって護衛されていたのだ

しかし、なんと近衛兵ケレアがカリグラを暗殺した
我が子にも等しいカリグラを暗殺したケレアは、次期皇帝の座をカリグラの叔父に託すと、皇帝暗殺の罪を自ら認めて逮捕され、処刑された

映画『カリギュラ』

37本当にあった怖い名無し2021/07/14(水) 06:32:46.22ID://iJza+f0⋮
とある心理学用語を生んだ映画『カリギュラ』
ローマ皇帝カリグラを題材とした映画なのだが、曰く付きなのである
この映画、撮影は「普通の映画」として行われ、役者たちも「普通の映画」と信じて真面目に出演していた
しかし、蓋をあけてみるとビックリ
映画には、別に撮影された性的なシーンが多用され、もはやポルノとしか言い様の無い出来だったのだ
これに「この映画は観てはいけない」という風潮が世間一般で流れるのだが…
なんと映画は大ヒット
「観てはいけない」と言われると、人々は「むしろ観たくなった」のである

こうして、「やってはいけない事ほどやりたくなる」という心理を意味する用語「カリギュラ効果」が生まれた

カリギュラ (映画)

『カリギュラ』(Caligula)は、1980年のイタリア・アメリカ合作映画。当時のペントハウス誌社長ボブ・グッチョーネが46億円の巨費を投じて製作した[2]。表向きはローマ帝国皇帝カリグラの放蕩や残忍さを描いた重厚な歴史超大作であったが、実態はハードコア・ポルノである[2]。この映画の撮影はアメリカ映画協会(MPAA)を通さず秘密裏に行われ、ニューヨークでは劇場を一館買い取って公開されて大ヒットを記録した。映画の脚本を基にしたノベライズもあり日本でも翻訳出版された。

概要

監督はイタリアのポルノ映画界の巨匠ティント・ブラス。主演はカリギュラ役のマルコム・マクダウェル、皇帝ティベリウスのピーター・オトゥールほか、サー・ジョン・ギールグッド、当時すでにシェイクスピア女優としての地位を築いていた演技派女優のヘレン・ミレンなど豪華キャストの上、脚本家にはゴア・ヴィダル、製作はフランコ・ロッセリーニという布陣であった。

しかし撮影現場はトラブル続きで不協和音の連続だったという。後で付け加えられたハードなポルノ・シーンはボブ・グッチョーネがペントハウスのモデル達を使って別撮りしたものであり、主要キャスト陣は関わっていない。しかも、当初はこの作品がポルノになることは出演者たちには全く知らされていなかったという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カリギュラ (映画)

カリギュラ効果

カリギュラ効果(カリギュラこうか)別名カリギュラ現象とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことを言う[1]。例えば、「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなる心理現象が挙げられる[2]。

背景
暴君として知られるローマ皇帝カリグラをモデルにした1980年の映画『カリギュラ』に由来する。同作が過激な内容のため、アメリカではボストンなどの一部地域で公開禁止になったことで、かえって世間の話題を惹いたことにちなむ[3][4]という。ただし、海外では用いられておらず、おおむね日本固有の用語である。ちなみに、アメリカにはかつて「ボストンでは禁止」という慣用句があった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カリギュラ効果

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2023 サンブログ