後味の悪い話

【後味の悪い話】この子の七つのお祝いに

スポンサーリンク

908: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 07:23:55.23 ID:07YJQRQH0.net
「この子の七つのお祝いに」という映画

昭和の日本で、ある少女・麻矢は母と二人で暮らしていた
母は麻矢を虐待し、その度に「お前の父親は私達を捨てた悪い人だ。憎んで恨んで大人になったら復讐をしなさい。絶対に許すな」と言い続けた
そして、麻矢が7歳の正月に、麻矢に晴れ着を着せた後、手首を切って自殺した

30年以上過ぎ、麻矢はバーのママとなっていた
色々事件が起きたりしたが、その一連の犯人がこの麻矢だった
父を探し出す過程で何人か殺し、更に復讐を止めようとした友人までも殺し、ついに父にたどり着く
復讐のため、かつて住んでいた古いアパートに父を呼び出すが、そこで全ての事実を告白される

父はかつて中国で軍人をしており妻もいたが、生き別れになってしまう
そして、中国から脱出するために偽名を名乗り、偽装結婚をする
その相手が麻矢の母だった
そのまま、一緒に暮らす事になり、子供・麻矢も産まれ、貧しかったが幸せな生活ではあった
しかし、産まれた子供が1歳にもならない内にネズミに齧り殺されてしまった
その事で母は気が狂ってしまう
ちょうど、生き別れの妻と再会した事もあって、父は母と別れる事にした
当時の預金を全て渡し、誠意を持って対応をし、親も表向きでは素直に従った
しかし、気が狂っていた母は数年後、父とその妻の間に産まれた子供を誘拐し、自らの子供として、復讐の道具として育てたのだった

全ての真実が明かされ、最初は否定するが、事実を突きつけられた麻矢は発狂するのだった

910: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 07:39:09.64 ID:fZWGzXJQ0.net
>>908
誘拐してきた子供を麻矢として育ててきたって事?

911: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 08:32:53.58 ID:s8dsKKTa0.net
>>910
だろうね
しかも麻矢を一応育ててくれた(養)母は父にとっては偽装結婚の相手でしかなく
麻矢は(養)母を捨てた父が本当に愛した女性の娘
父が母娘を捨てたと思ったからこそ憎くて、(養)母から復讐を教えられても素直に受け入れたのに
実は父と実母に愛され、(養)母に誘拐されたのを心配されていただろう
しかしここで感動の再会としてハッピーエンドにすることはできない
父を探し出すためにたくさんのほぼ無関係の人を殺してしまった後だから…

とはいえなるほどと思ったのは、(養)母にとって麻矢が恋敵の娘なら虐待も説明がつくんだな
母が子供に父への復習を命じて育てるシチュでは普通同志として可愛がられるパターンが多いし

914: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/09(土) 11:54:07.69 ID:McmEExDj0.net
自分に置き換えてみると
自分を虐待してくる母親が、元旦那の事どれだけ悪しざまに言ってても
そこまで母親に感情移入なんて出来んわ
むしろ、旦那に棄てられて自分に八つ当たりしてくる負け犬として軽蔑するだけだと思う

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ