後味の悪い話

【後味の悪い話】『ひぐらしのなく頃に』皆殺し編

スポンサーリンク

9: 1/3 投稿日:2011/08/06(土) 08:21:48.96 ID:tT2MTXZ20
前スレで投下した『ひぐらしのなく頃に』の続き
「皆殺し編」ではリカが主役

ひぐらしのなく頃にでは、舞台である雛見沢村(架空の土地)で惨劇が起きると、次の章では時間が巻き戻された平行世界のような雛見沢が舞台になって、前回と異なる惨劇が起きる。この繰り返し

実は、リカは死ぬ度に記憶を保持したまま平行世界の様な雛見沢で転生し、最後に必ず惨劇の後に殺されるという事を繰り返していた
リカは転生する度に友人達を惨劇から救うおうと必死に暗躍するが、その度に前回と違う予測不能の惨劇が起きる
リコは感覚にして百年も転生と惨劇と死を繰り返し、「運命は変えられない」と絶望、いつしか惨劇をただ傍観するようになってしまう

リカが新しい雛見沢へ転生すると、そこではケイという少年が仲間達と共に惨劇を回避しようと奮闘していた

リカはそれを「雛見沢が滅ぶまでの余興」として傍観していたが、ケイが挫けそうになっているのを見て、「惨劇を回避し、運命を変える奇跡を起こしつつあるケイに諦めてほしくない」と涙を流す

10: 2/3 投稿日:2011/08/06(土) 08:23:50.47 ID:tT2MTXZ20
リカは「運命は自分も行動しなければ変えられない」と悟る
これまでにも何度も同じ様な希望を抱き、その度に打ち砕かれて絶望してきたリカだったが、「これを最後」と定め、運命に抗う決意をする

リカは百年間の間に見てきた全ての惨劇の予兆となりえる出来事に干渉していき、未来を変えようとする

しかし、惨劇にはまだリカでも知りえない裏の秘密(黒幕)があって、だからこそ今まで惨劇を回避できなかった

リカの努力も空しく、やはり惨劇の予兆となる最初の事件が起き、リカの知らない場所でもジワジワと惨劇への準備が整っていく

雛見沢には、「雛見沢症候群」という風土病があって、その存在ha
政府によって秘匿されていたが、リカは百年分の転生によってその事実を知ってる
この風土病は雛見沢の住人全員が潜在的に感染していて、発症すれば錯乱して凶暴化し、人を殺してしまう

11: 3/3 投稿日:2011/08/06(土) 08:25:30.04 ID:tT2MTXZ20
リカはその風土病の「女王感染者」という存在で、近くに居る感染者の症状を抑える力がある
(これがリカが村から逃げ出せない理由)

政府のとある機関が風土病を細菌兵器として利用しようと考え、雛見沢でその実験をしようと計画しているらしかった

リカはこの世界でとうとう黒幕(政府の人間)の正体を突き止めるけど、ケイ達は犠牲となって殺されて、リカは黒幕に捕まる
リカは「この記憶さえ保持していれば、次の世界で運命を変えられる」っていう希望を抱きながら殺される

雛見沢の住人二千人は、政府の機関によってガス災害にみせかけて殺された
終わり

この後の世界でリカは運命を変えるんだけど、リカが死んだ世界では黒幕が高笑いしてるんだろうなと思うと嫌な気分だった

29: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/08/06(土) 14:02:03.05 ID:wbND2Vcr0
>>11は後味悪いと思うが。むしろ最後の省いて、もっと後味悪く書いてほしかった
無限ループって後味悪いよほんと

アゴナシよりは意味分かるし

33: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/08/06(土) 14:27:39.98 ID:Ag+lVloG0
ひぐらしってとってつけたようなB級映画みたいな内容だね

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ