後味の悪い話

【後味の悪い話】サモンナイト3

227: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 10:31:50.64 ID:6UIdgfEP0
ゲーム、サモンナイト3から。うろ覚えだから間違えてたらごめん
人間や鬼や獣人などの多種多様な人種が1つの島で生活している。
そこへ漂着した主人公。
初めは余所者ということで疎まれつつも信頼を得ていく。
そんなある日、スクラップ場からの音に気づき駆けつけてみると一機の機械兵士が埋もれていた。
助け出してくれた主人公へ感謝する機械兵士。
機械兵士の名前はヴァルゼルドというらしく、長年埋もれていた為か所々ガタが来ていた。
それを直すために物語の進行と共に主人公が足りないパーツ等を持っていく。
その度に主人公とヴァルゼルドは仲良くなっていく。
主人公は島で教師をしているのでそれに因んだあだ名で呼んだりと和やかな関係が続く。
苦労の末にやっとヴァルゼルドは完全に直る。
だが完全に修復出来てしまったことにより、今までの主人公を慕うヴァルゼルドの感情はバグである事が判明。
正常に動作するようにヴァルゼルドはせっかくの感情を消去する選択を選んでしまう。
主人公がバグである感情を消去するヴァルゼルドの名前を呼んでも無駄だった。
以降、戦闘ユニットとして出撃可能になるがこのゲームにはストーリーの章の終わり毎に他のキャラとの特別会話をする事ができるのだがヴァルゼルドのみ無し。
マップでも通常会話無しか無言。
あれだけ主人公と仲を深めさせた隠しキャラでこの仕打ちは他の隠しキャラは特別会話もあるので悲しく後味が悪かった。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ