後味の悪い話

【後味の悪い話】映画『バカ裁判』

スポンサーリンク

163: 1/3:2009/12/22(火) 00:08:36 ID:22Ftwq6pO

映画「バカ裁判」

主人公の女性はバツイチっぽい夫と二人暮らしの主婦
主人公は裁判傍聴マニアの女友達に勧められて裁判の傍聴にハマっていく
その主人公が色々な事件を傍聴していくオムニバスっぽい感じで話は進む

猥褻事件の公判で被害者の女の子が弁護側からえげつない質問責めに会う話とか
会社でクビになって二億円を横領したがアホみたいな使い方で
金を全て使い果たし返すあても無い頭空っぽなOLの話とか

ググル先生を訴えようとして自分の変態性癖を全てさらけ出す
羽目になった挙げ句敗訴になるオッサンの話などの
どうもスッキリしない事件の公判を傍聴していく内に更に裁判傍聴にハマっていく主人公
楽しいからと夫も誘ってみるが素っ気なく断られしまう

そんな夫は最近やたらと帰りが遅い日が続いたり服から香水の匂いがしたりとどうも怪しい
どうやら前の夫にも浮気されて別れたらしい主人公は疑心暗鬼になり精神が不安定になっていく
そういった寂しさを紛らわすように主人公は更に裁判の傍聴にのめり込んでいく

164: 2/3:2009/12/22(火) 00:09:45 ID:22Ftwq6pO
ある日主人公は殺人事件の公判を傍聴する
被告人はあまり売れては無いようだが俳優業をしているイケメンで
傍聴席にまでイケメンのファンクラブがやって来て黄色い声を上げている状況であった
自分につきまとっていたファンの女子高生をビルの屋上から突き落として殺したという容疑で
かなり怪しいのだがイケメン本人は犯行を完全否認している

裁判員制度により選ばれた5人が有罪か無罪か審議をするのだが
5人全員どこかズレたおかしい奴ばかりであった
中でも一人基地外じみたおばさんが居て、彼女はイケメンのファンらしく
「イケメンはテレビで正義の味方をやっている正義の見方なんだからそんな事するわけがない」
「被害者の母親は近所でセレブと呼ばれていたくせに着ている服が●ニクロだ
だからセレブなんて嘘っぱちで女子高生共々胡散臭い親子なんだ!」
「女子高生はイケメンにつきまとっていたただのストーカーなんだからイケメンは悪くない」
「普通の女子高生がイケメンの地方公演全てに行ける程の金を持っている訳がない
だから絶対汚い方法で金を稼いでいるに違いない!」
などの基地外じみた理論でイケメンの無罪をごり押しで主張してくる

かなりイケメンは黒に近い感じだったのだがおばさんのごり押し主張と
状況証拠で決め手に欠ける現状が相まって、結局イケメンは無罪判決になってしまった
(主人公の視点からだと「どんな審議だったのか分からないが
何故か被害者は売春をやっていたストーカーになってしまった」との事)

165: 3/3:2009/12/22(火) 00:10:43 ID:22Ftwq6pO
その数日後事件の有った屋上でイケメンのファンクラブによって
イケメンの勝訴祝いのパーティーが開かれていた

その中になんとあの基地外じみたおばさんも居るそこでは
「なんかあの女いつの間にか売りやってたストーカーになっててチョーウケるーw」
みたいな会話が交わされていた

其処に晴れて自由の身になったイケメンが登場
ワッと盛り上がるファンクラブ一同
そして基地外なおばさん含むファンクラブ一同がイケメンが眺める中
ぐったりした被害者女子高生を引きずって行き屋上から放り投げようとする回想(?)でその話は終わる

その公判の後の夜主人公は夫を傍聴に誘ってみたが矢張り素っ気なく断られる
そこに夫の浮気調査を依頼していたらしい探偵から連絡がはいる

次の日主人公は裁判マニアの女友達との待ち合わせに遅れ、血の付いた洋服で現れる
どうしたの?という質問に「夫とちょっとね」と答える主人公

「アハハ、じゃあ裁判沙汰ですね~(笑)」「そうだね~(笑)」と軽いノリで笑う二人
先に歩いていく女友達の後で
主人公は満面の笑顔でバックからロープを取り出した

完。

167: 163:2009/12/22(火) 00:12:04 ID:22Ftwq6pO
最近流行りの「実録笑える裁判」みたいなモンだと思って軽いノリで観たら
最後の事件とラストのオチがブラック過ぎて予想外の後味の悪さだった

関連記事 一覧

  • この記事を書いた人

イマイズミ

栄養価の高い情報発信を目指してブログを更新しています。何かありましたら、お問い合わせまでお願いします。

-後味の悪い話

Copyright© サンブログ , 2020 All Rights Reserved.