後味の悪い話

【後味の悪い話】ブラックジャックの熊の話

スポンサーリンク

872:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 01:17:04.82 ID:o0oBXYYa0.net
記憶が曖昧だが ブラックジャックの熊の話

ブラックジャックは中学時代の同級生の女性からの手紙により山奥の小屋に向かう。
その小屋に住んでいるのは彼女の兄である男。
その男は猟師であり、とある大熊を撃ち殺すのを生きがいにしているものの
その熊に何度か瀕死の重傷を負わされているらしい。
ある日、兄が大熊に襲われたらしく大怪我を負ってくる。
治療を行うも設備が足りなく本人の気力頼りとなっていた。
熊へのリベンジを胸に生きようとあがく男ではあるがブラックジャックはその熊が自衛隊に駆除されていたと知る。
もし、兄がこのことを知れば生きる活力を失ってしまうと悩むブラックジャック。
そんな時、熊が庭に現れた。
猟師は大怪我を追っていたにも拘らず熊に猟銃をぶっ放す。
弾丸は熊に命中したものの逃げられてしまう。
動けない兄の代わりにブラックジャックが逃げた熊の生死を確かめに行くことに。
倒れていた熊に近づいてみると、それは猟師の妹だった。
大熊は死んでしまったものの兄に生きる活力を取り戻してほしいと思った妹は
熊の毛皮をかぶって兄の目の前に現れたのだという。
ブラックジャックは彼女の手当てをしようとするものの既に手遅れで、
兄にこの事は話さないでくれと告げ、死亡した。

男の下に戻ったブラックジャックは熊は逃げたと告げる。
熊がまだ生きていると知った男は、次こそはと決意の満ちた表情で言うのだった。

関連記事 一覧

  • この記事を書いた人

イマイズミ

栄養価の高い情報発信を目指してブログを更新しています。何かありましたら、お問い合わせまでお願いします。

-後味の悪い話

Copyright© サンブログ , 2020 All Rights Reserved.