後味の悪い話

【後味の悪い話】ガモウひろしのギャグ漫画「バカバカしいの!」最終話

43:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/22(日) 13:26:48.98 ID:EyMDDoFj0.net
ガモウひろしのギャグ漫画「バカバカしいの!」最終話

舞台は日本だが、「名が体を表す王国」が人知れずたくさん存在しており、
主人公である中学生の「椎野望摩」は、実は椎野王国の王子「のぞま椎野」だった
(これらの王国はファーストネーム式)。
王子は1000個の名前を持ち、それを言うことで変身できる。
最終話前にいろいろあって黒幕を改心させるんだけど、その辺りは省略。

父親が死んで王位を継いだ望摩(それによって名前が1万個になる)が、
クラスメイトのマドンナ「須田美伊奈(すだみいな)」の告白を受ける。
実は彼女は須田王国の女神、すなわち「ビーナすだ」だった。
お互い立派な王と女神になることを誓い合い、それぞれの王国で高等教育を受け、二人は成人する。

そして、椎野王国のダンスパーティーにて二人は再会。
めでたしめでたし…かと思いきや最後の1ページで…

美伊奈「私はもうビーナス…神よ。神は世の中を自分の思い通りにできるの。
     あなたの1万ネームパワーも…その力と一緒にこれからは全部、
     私の思い通りに世界が回るの。あなたも、ね?……」

彼女の頭で二人の顔が見えない状態でこのセリフが語られ、
最後のコマは真っ暗に白字で「お~っほっほっほっほっほっ……」という彼女の笑い声。END。

少年ジャンプの最終話でこれは…

44:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/22(日) 14:12:23.84 ID:CPk1Cxfe0.net
>>43
あったなあ…
子供の頃ラッキーマンが好きだったから、バカバカしいのは色んな意味で後味悪かった
俺は好きだったんだけどな…

45:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/06/22(日) 19:20:53.44 ID:aJQWGIdT0.net
>>43
なんかこの漫画、すごいヤケクソなイメージだった

関連記事 一覧

  • この記事を書いた人

イマイズミ

栄養価の高い情報発信を目指してブログを更新しています。何かありましたら、お問い合わせまでお願いします。

-後味の悪い話

Copyright© サンブログ , 2020 All Rights Reserved.