後味の悪い話

【後味の悪い話】LIVE・A・LIVE

スポンサーリンク

74: 本当にあった怖い名無し:2009/03/08(日) 03:32:16 ID:eJTKqnCaO

さんざ既出だろうけどまたクリアしたんでゲームネタ
LIVE・A・LIVE 中世編『魔王』というシナリオ

お城でその国のお姫様に求婚する権利をかけた武闘会が開催される

決勝戦に残ったのは主人公とその良きライバルの魔法使い(以下ライバル)

主人公勝つ。お姫様と結婚する。

その宴の中二人きりになったところで魔王にお姫様拐われる。

主人公魔王討伐を決意。出発前ライバルも同行することに。

以前魔王を倒した勇者と僧侶を仲間にし、魔王倒す。

勇者がこれは本物ではないと言い出す。病を患っていたため、勇者力使い果たし死亡。

ライバルがここは危険だと促し出る。が、ライバル間に合わず瓦礫の中に生き埋め。

一度王に報告しに帰り、お城で僧侶と共に休むんだけど真夜中に生き埋めになったはずのライバルの気配。

導くように王の間へ。追う主人公。

王の間に着くとそこに魔王がいる。

倒す(スゲー弱い)

倒してみると王の死体が。大臣に見つかり僧侶と共に捕らえられる。

『主人公達が魔王だったんだ!』と言う声が上がる。

独房のなかで僧侶『自分を信じてる人が一人でもいる限り信念を貫け』と最後の力で主人公を逃がす

75: 74続き:2009/03/08(日) 03:42:05 ID:eJTKqnCaO
主人公再び姫の待つ魔王の下へ。しかしそこに居たのはライバル。

共に魔王を倒したときに主人公を出し抜こうと思いわざと魔法で落盤させた事を明かす。↓
色々私怨(いつも二番目だった俺の気持ちがお前に…etc)をぶつけた後決闘。主人公勝つ。

主人公が落ち込んでる所に姫登場。駆け寄る。

姫『来ないで!この人は来てくれたけど貴方は来なかったわ。貴方にこの人の苦しみなんて…』云々。

姫、ライバルに対し『私もそっちに行くわ』と自決。主人公自分勝手な人間に嫌気が差し自身が魔王となる。

END

77: 本当にあった怖い名無し:2009/03/08(日) 15:00:30 ID:cYCswyox0
>>74
>魔王倒す → 勇者がこれは本物ではないと言い出す
>真夜中にライバルの気配 → 王の間に着くとそこに魔王が → 倒してみると王の死体
>共に魔王を倒したときに主人公を出し抜こうと思いわざと魔法で落盤させた事を明かす

よく分からないんだけど、結局本当の魔王はどうなったんだ?
勇者の勘違いで、最初に倒したのはやっぱり魔王だったのか?
んで、ライバルに陥れられてあっさり殺したのは、本当に王様?

それとも、王様に化けていたのはやっぱり魔王(じつは弱い)で、
姿をくらましていたライバルも居場所へ誘導する協力だけは一応したってこと?
(協力というか主人公の力を利用というか…
でも、そんなに弱い魔王なら他人の手を借りるまでもない?)

あるいは、魔王は主人公が与り知らぬ裏でライバルが倒してて、
ライバルが魔王の地位に成り代わっていたのか?

はたまた、魔王というのは最初からライバルの別の姿、
宴からお姫様をさらったのも当のライバルで、
しれっと一行に加わって主人公の様子を監視してたってこと?
(でも、それだとお姫様の「この人は来てくれたけど…」と状況が合致しないか?)

79: 本当にあった怖い名無し:2009/03/08(日) 19:08:54 ID:gyK03o+/O
>>77
それ俺も気になった
結局魔王の正体がわからないままENDだったら相当後味悪いよ

80: 本当にあった怖い名無し:2009/03/08(日) 20:16:08 ID:WR6phHkZP
>>79
ラストで魔王になった主人公が倒された時言うセリフが
「憎しみがある限り、誰しもが魔王になりうる」だから、
あの魔王ははっきりとした正体はないんだと思う。
それこそ、前に倒された魔王の怨念みたいなものとか。

81: 本当にあった怖い名無し:2009/03/08(日) 21:45:12 ID:eJTKqnCaO
>>77
結局最初の魔王については語られず終わるんだけど
俺は全てライバルが仕組んだものと解釈してる。
魔物を手懐けてて魔王役やらせてたとか。

88: 本当にあった怖い名無し:2009/03/09(月) 00:58:26 ID:CYWtNj/S0
ゲームの後味の悪さが伝わりにくい要因の一つは、
ストーリーだけ聞かされても主人公=プレイヤーほど
登場人物と一体感が無いからだな。

俺もライブ・ア・ライブはクリアしたけど、中世編の後味の
悪さは、それまでの○○編には無かったほどバトルと探索
重視で、主人公たちのスキルもそれほど便利なものがなく、
進めば進むほど辛くなる道のりを「力を合わせて」突破した
感覚をゲーム開始から始めて味わった後に、例の欝展開が
来るってところにあると思う。

ストーリーでは表されない主人公とライバルのバトル時の
役割分担の妙とかも演出の一部だから、説明するのはなかなか難しいと思う。

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ