後味の悪い話

【後味の悪い話】ドラマ「おせん」

スポンサーリンク

30: 本当にあった怖い名無し 2011/02/05(土) 17:05:31 ID:I4JGWYeU0
ドラマ「おせん」が後味悪い

原作は手を抜かない本格和食と看板女将のもてなしが売りの料亭・一升庵の繁盛記

だがドラマ最終回が凄い
・借金まみれで廃業間近の一升庵(原作はそんな設定ではない)
・本枯節を使った料理の数々を前に、「味がしない」とケチャップをかける餓鬼
・「何が一番おいしかった」という質問にも「ケチャップ」(スポンサーは味○素)
・「一升庵は滅び行くものなのかもしれません…」

スタッフは原作が嫌いとしか思えないw
原作者はショックを受けて連載を数ヶ月休載、本気で断筆も考えたらしい

34: 本当にあった怖い名無し 2011/02/05(土) 18:43:09 ID:ZftQkaaE0
>>30
ひどいな
原作ファンも作者も嫌な思いしかしねえし
原作知らなくてもそんなチャバイドラマ見たくねえや
頭おかしいスタッフすぎる

35: 本当にあった怖い名無し 2011/02/05(土) 19:37:20 ID:CP0E4r4RO
TV屋ってそんなもんじゃねーの?

筒井康隆が昔エッセイである作品をドラマ化しないか話が来て
作者的にどうしても譲れない部分を改変するのが条件と言われ、諦めたらしいんだが
その時プロデューサーに「○○(作品名)をドラマ化しようなんて話、
もう二度と来ないと思いますけどねぇ」と嫌味ったらしく捨て台詞吐いていったって
「何であそこまで偉そうなのか理解できない」と〆てた。
ちなみにその「二度と話来ない」と言われた作品は深キョン主演でヒットした富豪刑事。
その時のプロデューサーはどんな思いで見ていたのやら。

38: 本当にあった怖い名無し 2011/02/05(土) 19:57:42 ID:DWUF7xVn0
どこを改変したかったんだろうか…

40: 本当にあった怖い名無し 2011/02/05(土) 20:44:03 ID:CP0E4r4RO
プロデューサーが改変しようとしたのは舞台をアメリカに、という所だって。
日本だからこそとんでも金持ち設定が映えるのにアメリカにしちゃったら
その程度の富豪なんてゴロゴロいるんだから意味ねーじゃん、が筒井氏の意見。
プロデューサーにしてみれば当時はバブル時代だったこともあり海外で撮影をやりたかったっぽい。
主人公が男→女というのはそういった本質そのものを損なっていないし
逆に女の方がファッションとかでセレブらしさを分かりやすく表現出来るのもあるんじゃないかな。

筒井氏エッセイで後味悪いの一つ。
筒井氏には一人息子がおられるんだが、奥さんはその前に何回か流産を体験されている。
その中で死産になった時の病院が看護婦医師皆態度悪くて
本人の目の前で「ちょww逆子なんですけどwww」「マジでw無理ww」
みたいにさんざん茶化して笑いものにした挙げ句、死産児をおろす時に
思いっきり腹に乗っかられて押されまくったという話載ってた。
結局怒った筒井氏が早めに退院させて自宅療養させた、ようなオチだったと思うけど
いくら今みたいにドクハラという言葉や概念がなかった時代でもひどすぎる…。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ