後味の悪い話

【後味の悪い話】短編集『三人のエンジェル』

スポンサーリンク

239: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 20:14:56.07 ID:Fwq30PNY0
マイナーな漫画家3人(一人は最近売れてきてる)が
お題などを設けてリレー形式で描いた作品集『ジークーンドー』という単行本のうちの
『三人のエンジェル』という短編漫画が後味悪かった。

主人公は、冴えないフリーターだが実は3人の美少女天使(眼帯・耳に包帯・歯抜け幼女の三人)と同居している。
天使は室内でもフワフワ浮いていて、裸足で生活していたり、天使汁という目にしみるほどの汁を出したり、気に食わないことがあると、天使蟲という虫を体内から出すという生態がある。
ある日、天使たちはサプライズで帰ってきた主人公を水着でお出迎えして喜ばすが、その時に眼帯の天使が「あたしは水が苦手なんだけどね」と言う。主人公がなぜかと聞いた瞬間、過去の光景がフラッシュバックする。
その光景は眼帯の天使の眼を潰しながら浴槽に沈める光景だった。天使というのは、主人公の妄想で、三人の天使たちは主人公が殺して天井から吊した死体のことだったのだ。

240: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 20:21:08.78 ID:Fwq30PNY0
天使汁は死体から出る臭い体液で、天使蟲は身体から出てくるウジ虫のことだった。
この漫画の中でも、この漫画を描いた作者の他の漫画は他の二人とは少しノリが違って、作者のコメントでも自嘲気味だったが、この作品だけ異才を放っていた。
絵も少し古いアニメ調の絵なのに最後のオチ(三人の首吊り死体が写るシーン)だけリアルな画調になるのもインパクトがあった。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ