ホラー

【洒落怖】電磁波被害者

スポンサーリンク

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?206

801 :1/5:2009/02/10(火) 14:20:31 ID:GbuJ4M3U0
今月の頭に、高校時代の友人から突然メールをもらったのですが、
それがとても妙な内容で…正直とても怖かったので、書き込みます。

このメールを送ってきた友人(女)というのも、クラスメイト程度の仲でして、
なぜお互いが携帯のメールアドレスを知っているのか思い出せないぐらい、本当に適当な付き合いでした。
そんな彼女から、卒業後数年経つ今になって、突然メールがきたのもビックリなのですが、
どうも内容を読むと、メールを送ってきたのは彼女自身ではなく、
『彼女のお兄さん』が、その子の携帯を使って送ってきたことが分かりました。

前置きが長くなりましたが、こんな内容です。(個人名とか地名は伏せます)

802 :2/5:2009/02/10(火) 14:21:09 ID:GbuJ4M3U0
件名『脳をジャックする犯罪を知ってください!!』

↓本文↓
始めまして、私は(クラスメイト)の兄で、Dといいます。
突然のメールをお許しください。
現在私(D)は、何らかの集団によって、一日中付けねらわれています。
日常をいつも、一般民に紛れた工作員のA、B、その他大勢によって、常に盗聴・盗撮されています。
たとえば私が部屋にいて、何かを考え始めると、それにあわせて、
隣の部屋の工作員Bが、わざとらしく咳払いをするのです。
そして夜中になると、私の眠りを阻害するべく、上や隣の部屋から「ドンドン」という打撃音、
そして私の家の冷蔵庫を遠隔操作し、「ブブーっ」という音をわざと鳴らしたりして、
思考や休憩の邪魔をしてきます。
そして、私は自分の頭の中に、電磁波のハイテク機器によって、声や音、映像などを常に送信されています。
これが一般の人には理解されがたいことなのですが、現在の最先端ハイテク技術では十分可能なことが分かりました。
昨夜は私の知人の笑う顔が、ディフォルメされたアニメ調で送られてきてとても不快な思いをしました。
いつも、いくら怒鳴ってもやめることはないです。
 
また、同じ原理で、体中のあちこちを撫で回しされる感覚を送られたり、
時にはチクチクと帯磁させられて、痛い思いをしています。
奴らは、被害者に対し、「感覚」を送ることも十分可能なようです。

803 :3/5:2009/02/10(火) 14:21:51 ID:GbuJ4M3U0
私が何を訴えたいかと言うと、
私は、断じて精神病や統合失調症などではありえないということです。
これは全国に沢山の被害者がいる、れっきとした犯罪行為なのです。
こういう事を言ったり書いたりすると、一般の人には精神病扱いされますが、それこそ加害者どもの思う壺なのです!
私を含む電磁波被害者の人間を世間からキチガイ扱いにして、本当に狂い死にさせようともくろんでいるのです!

しかし、加害者どもが最も嫌がることがあります。
それが、この犯罪を広く全国の一般の方にお知らせして、認知度を深めることなのです!
事実、私がこのメールを書いたりブログを書いたりしている最中、
「書くのやめろよ。」「やめないと、もっとひどいことをしてやるよ。」「狂い死にしたいのか?」
などと必死な音声送信があります。
加害者どもも知られることが特に嫌なようです。
 
ですから、どうかこの犯罪を知ってください。
知人、友人などに話して、一般の認知度を深めてほしいのです。
被害状況をまとめた書籍も発行されています、ぜひ皆様で読んでみてほしいです。
(書籍名…「はやすぎる?おはなし」 著者…U山**)
どうかご理解をお願いします。D
↑本文↑

804 :4/5:2009/02/10(火) 14:22:25 ID:GbuJ4M3U0
まず、『集団ストーカー』とか、『電磁波による音声送信』とか、そういうの知ってる人いますか?
私はよく(というか全く)知らなかったので、ググって調べました。
検索したらすぐに沢山でてきたのでビックリしたのですが…
いまではそんな人たちが集まって、NPO団体まで出来ているようです。

これを読んでどう思うかは皆さんに任せますが、私はやっぱり精神の病気だと思います…
気の毒だとは思いますが、それ以上に恐ろしいのです。
なぜなら、ググって調べたサイトの中には、
『電磁波被害者』さんの書かれたブログがたくさんあるのですが、そのほとんどに、
『本気で加害者をブッ殺したい』とか、
『何万倍にもしてやる。刺し殺してやる』とか、
『人を殺してやろうと思った。1人殺そうと思った』
なんて表記が、本当にところどころに書かれています。

805 :5/5:2009/02/10(火) 14:23:27 ID:GbuJ4M3U0
もし自分が、この『電磁波被害者』のうちの一人と街の中ですれちがったとして、
ちょうどその時に咳をしたり、何かの話題の弾みで笑ったりしてしまったら、
こいつ、加害者の仲間だな!?と思われてしまうかもしれません。
いえ、かなりの高確率で、猜疑心をもたれることは間違いないと思います。
たとえ、ひとつコホンと咳をしただけでも。

でも怖いのはここからで、
もしかしたら、そんな勘違いをされたまま付け狙われたり、
時には日ごろの恨みを晴らすべく、彼らに殺されてしまうかも…
だって『電磁波被害者』さんたちは、『加害者』を殺したいほど憎んでいるようですので…

関連記事 一覧

-ホラー
-

© 2020 サンブログ