復讐話

【復讐話】倉庫

987: 名無し:14/09/11(木) 12:38:54 ID:fbvfc3kFk
私は会社の飲み会の帰りにある先輩にどっかの倉庫に閉じ込められてしまった・・・。
外から鍵を掛けられ先輩に会社を辞めるように罵倒された。
翌朝、閉じ込めた先輩が上司とともに私を迎えに来たが反省なし。

先輩「違うんですってwww。あいつ、何かここが私の家ですとか言い出してwww」
「普通に入っていっちゃったから実家かと思いました。」
「あいつの実家が農家とか豚小屋あるって言ってたしー、あれ豚小屋じゃないんスか(爆笑)」

二人が声を掛けてきたけど一切無視した。先輩の焦りっぷりが半端じゃなかった。
二人は鍵が開かないとわかると、倉庫の管理会社に連絡してその場を立ち去った。
私は上着をビリビリに破いて放置、通気孔に隠れた。
しばらくして管理会社の人と二人が戻ってきたが逃げ隠れする私を見つけることができるわけもなく・・・。
三人は諦めて帰っていった。夜は怖くてドアの前から動けなかったけど、倉庫を探索しているうちに地下室を発見。

そこに隠れた。

警察犬が私を見つける頃には先輩がゲロって自爆。クビ。慰謝料。損害賠償。婚約解消。新居のローン負債。いい気味だった。
しばらくして、元先輩が会社の傘下の支店にバイトで応募したらしく、私の部署に履歴書が回ってきたのでそのままシュレッダーに掛けておいた。

スポンサーリンク

-復讐話

© 2022 サンブログ