ホラー

【洒落怖】廃墟

スポンサーリンク

547: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 02:19:51 ID:GILU3jX80
廃墟1

これは4年前のちょうど今頃、
当時、大学生だった俺と三人の
悪友A,B,CとCの彼女Dで
夏の恒例の肝だしと称して
某県の廃墟に行ったときの話です。
当時、Cが付き合い始めた彼女Dが
少々霊感があるというので廃墟ツアー
に行くことなったのが、廃墟に繋がる
獣道に車から降りて入った途端に、
急に彼女Dが
「変に空気が重い感じがする」
とか言うんだ。
まぁ、俺達は霊というものを
信じてなかったので、
「マジ~」とか言って、ワイワイしながら
構わずに廃墟に辿る道を進んで行ったのだが、
急にBが「寒くねぇ」とか言い出した。

548: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 02:25:56 ID:GILU3jX80
廃墟2

Bの冗談だろと俺とAは軽く笑って
「ビビるなよ」とか言って
どんどん進んで行ったのが、
BとCとCの彼女Dは後ろで
立ち止まっているわけよ。
俺とAは「ビビるなよ、来い」
と言うけど、Cが「無理、無理」とか
返事して来ようとしない。
俺とAは「あいつらビビってるな」とか
呆れて二人だけで廃墟に侵入することに
なった。
廃墟は三階建ての旅館で、入り口は
長い草で覆われていた。
ちと躊躇したけど俺達は構わずに
入ることにした。

551: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 02:33:28 ID:GILU3jX80
廃墟3

入り口に入って辺りを見回した
けど、まぁ所謂廃墟なので
ボロボロだった。
入って右廊下の突き当たりに2階に
上がる階段があったので、とりあえず
2階に上がることにした時、
後ろからBが全速で入ってきた。
一瞬ビビったが俺達は「どうした?」
ってBに問いかけると
「Cの彼女が急に吐いたから、Cは彼女を
連れて車に戻った。いっしょに戻ろうと
思ったけど、お前らにビビリとは思われたくない
からな」とビビッた真顔で返してきた。
まぁ、全力で走ってきたから
実際は一人残されるのが怖かったんだろう。
それで俺達三人は2階に上がることにした。

552: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 02:38:35 ID:GILU3jX80
廃墟4

2階を探索してると
5つの客室と大風呂が確認できた。
雰囲気はあったが、そのまま中に入る
ことはせずに大風呂右の廊下の突き当たりにある
階段を上がって三階に行くことにしたのが、
階段はパイプ椅子と机で埋め尽くされていて
上がることができないようになっていた。
仕方ないから、各部屋を見て回ろうと
ことになった。

553: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 02:43:08 ID:GILU3jX80
廃墟5

まず、風呂とその斜め向かいの部屋を
見たのだが、何も無し。
そして少し離れたとこにある隣り合わせ
の2部屋を見たが何もなし。
「何もないな~」とか言って
最後の部屋に入った。
部屋は真ん中に大きな仕切り、
キッチン、風呂と他の部屋の2倍ぐらいの
広さとなっていた。

556: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 02:46:05 ID:GILU3jX80
廃墟6

部屋に入るや、さっそく仕切りの
裏側に回ったAがいきなり「ゲッ」と呟いた。
俺とBも「なんだ?」と言って
Aのとこに駆け寄って、
Aの目線の先を見て唖然とした。

560: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 02:52:23 ID:GILU3jX80
廃墟7

仕切りの裏には、
おかっぱの少女のヒビ割れた遺影と
朽ち果てた菊の花が置かれていた。
状況から、明らかにイタズラじゃなく
供養であるのが分かった。
唖然と見つている俺達の意識を
戻すかのように、
部屋のドアが風もないのに
ゆっくりギィ~と音を立てながら
閉まった。

564: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:00:40 ID:GILU3jX80
廃墟8

俺達は一瞬ポカ~ンしたが、つかの間
三階へ上がる階段に積んであったパイプ椅子
や机が崩れるもの凄い音が響いた。
その音と同時にBが
「ヤバイんじゃないか、ヤバイんじゃないか」
と取り乱し出し、
Aは恐怖をかき消すような大きな声で
「偶然だろ、廃墟だし、廃墟だし」
と怒鳴りだした。
で、俺は・・・
俺の目線は少し開いたトイレの隙間に
釘付けで声が出ない。

566: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:06:17 ID:GILU3jX80
廃墟9

俺は隙間の目線と目が
あったしまった。
その瞬間、体温がグ~ンと
下がるのを感じた。
実際に下がったどうかは分からないが
とにかく寒気が凄かった。
固まっている俺に気づいたAも
俺の目線の方向を向いて
「ヒィッ」と一瞬甲高い声を
上げてフリーズ。
Bの「ヤバイんじゃないか、ヤバイんじゃないか」
という声は聞こえているのだが、
それがどんどん別の声に聞こえてきた。
いや、だんだんと言っていることも声も
別人に変わっていく感じだ。。
「ヤバイんじゃないか、ヤ、なんで、な、」

567: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:13:24 ID:GILU3jX80
廃墟10

女の声で、
「なんで、なんで、ここここここここ」
と言っているように聞こえた。
Bの方を向きたいが怖くて、向けない
Aも同じ様子だった。
Bの声はずっと「こ」が続きぱなし、
長い時間に感じたが、実際は数秒だろう。
そのとき、外からクラクションの音が
聞こえてきた。
Cが呼んでいるのは明らかに分かるが
俺は怖くて動けない。
そしたらAが急に俺に「動くな、待っとけ!」
といって全速で走り出し
部屋を出ていた。

569: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:23:53 ID:Rc+XPHcr0
すでにコワすぐるw

570: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:24:28 ID:GILU3jX80
廃墟最終話

数分後、Aが戻ってきて
動けない俺とBに強烈なビンタをした。
俺とBが我にかえって、Aと目を合わすと
三人で全速で部屋を出て車に向かった。
Aは走りながら
「大変なことになっている、いいか、
いいか、これから直ぐに帰るからな。
車に戻っても、何も言うな。いいか」
と俺達に息を切らしながら言った。
車に戻った俺とBが見たものは、
泣いているCの隣で
白目で泡を出しながら意味不明なことを
叫んでいるDだった。
俺達は無言で車に乗り込み
廃墟を後にして、Aの家に帰った。
Aの家の着くころにはDが
いつの間にか眠っていた。

後日談になるが、本当の最悪は
その翌日からだった。
また明日、廃墟に坊さんと
行くことになってます。

573: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:31:06 ID:Rc+XPHcr0
>>570
後日談が知りたい
4年間 不幸が続いてるの?

576: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:40:08 ID:p2I/OKYqO
>>570
いや~~なかなかだよ
マジ怖い((゚Д゚ll))

571: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:29:01 ID:B7UaUBXw0
乙。怖かった。
良ければ後日談もkbn

574: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:34:54 ID:GILU3jX80
廃墟に関して、

ここに書いたのは、廃墟に軽い気持ちで
行って欲しくないからです。
我々のように最悪なことになる危険性があります。
この書き込みはAとBとCの許可を得て
書きました。
みんな我々のようになって欲しくないとの
想いです。
明日の夜、Dとその両親も含めて坊さん
と廃墟に行きます。
我々にとって、またCのためにも、そして
何よりDがもとに戻って
欲しいからです。

575: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:39:21 ID:GILU3jX80
後日談は、明日の供養が
終わってから纏めて書きます。

お休みなさい。

Dの回復を願って下されば
ありがたいです。

577: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/08/02(日) 03:42:08 ID:Kx98qEid0
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
後日談もぜひ聞かしてくれ。

関連記事 一覧

-ホラー

© 2020 サンブログ