ホラー

【洒落怖】俺は田舎のアウトロー

スポンサーリンク

364: 俺は田舎のアウトロー:2007/03/11(日) 17:31:59 ID:wWhqVsOX0

厨房の頃ちょっとぐれてた。まぁドキュソだわな。
あれは忘れもしない中三の夏休み。漏れは東北の田舎町に住んでた。
当時、町に数件しか無いコンビニに3人でタムロしてたんだ。

時間は午後11時過ぎ。コンビニのチョイ裏(田舎だから自宅兼コンビニって感じ)に
いつも通りのメンバーで。そしたら赤い軽がこちらにライト付けて止まったのよ。
俺らは『やべ警察か巡回?と思ったが(この町では父兄が交換でパトロールしてた)
しかし車から降りてきたのはガタイのいい40代くらいのオヤジ。

『おう!!…』すごみのある声とは裏腹にちょっと感じは悪く無かったと思う。
メンバーの一人が答えた。
『なんスか?』するとオヤジは意外な一言を。
『…おまえらの番長は誰だ?』
…は?何w?今の時代に番長ww?
おれらは顔を見合せて笑った。そして俺はオヤジに一言。
『今はそーゆーのはいないっすよw』
…と答えた瞬間!!!
『ぬぁんだとコラーーーーーーー!!』
!!!!!え!!??

なんとオヤジが俺らのチャリを持ち上げ裏の田んぼに投げつけた!!
当然俺らは三人顔真っ青!
その瞬間俺以外の二人が裏の田んぼに猛ダッシュ。
オヤジが奇声をあげる『待てコラーーーーーーーー逃げたら殺すぞぉおお!』
やべ俺も逃げる!と思い田んぼに向かい100mくらい走った瞬間…ズボッ!!!
ええええええええ!!焦ってコースアウト。。。。みごとに田んぼにハマり身動きできず。

…振り返りたくは無かったが振り返って見る事にする。
ズサッズサッ…『このガキどもがーーーー!!』
うぁーーーーすぐそこまで来てる!!
頑張って足を抜こうとするが、あいにく足が抜けない!!
田植えを経験した事がある人は抜けなさがわかると思う。

助けを呼べれば一番良いのだが、あいにくこの場所はコンビニから死角になっており真っ暗な闇の中だった。
それは煙草を自由に吸える場所でもあり警察がきても
何度かこの闇のおかげで助かった事がある。
つまり助けも誰もいないし目撃者も誰もいない。 その2へ

365: 俺は田舎のアウトロー:2007/03/11(日) 18:08:22 ID:wWhqVsOX0
その2
オヤジはとうとう俺のすぐそばへ。
『おう!他の奴はどこや??オゥ!!?』
『…っわ、わかりません。』…もーね、ガクブルですよ。
だってオヤジの後ろにさらにお仲間っぽいニッカ履いたオヤジが!!そのニッカが一言。
『めんどーだからさらっちまいましょう!』
!!!!!マジ???!!!!!!

『車回してきます!』…ニッカがコンビニの裏へ戻る。
オヤジ『オゥ!全員見つけるまで帰さんからな!!』
当時は12,3年くらい前。当然携帯等無い時代。
ポケベルが最先端だったが田舎中学生が持ってる訳ない。
しばらくするとヘッドライトが近づいてきた。
オヤジ『…乗れ。』訳もわからず赤の軽の後ろ席に乗せられ人生でそう何度も無かろう最低なドライブ。

運転手がニッカで助手席がオヤジだった。
オヤジ『…なんで逃げたコラ?』
オヤジの顔は豹変していて鬼の様な形相。
俺『すいません。』…もうね焦ってすいません以外口から出て来なかった。
その時足元にコロコロ転がってる物が。ん?…え?心臓がバクバク鳴り出した!!!

なんと軽自動車の後ろ足元に無数の注射器が転がっていた!!やばい殺される!!
この人達は普通の人じゃない!!もう半泣き状態で軽く吐き気がしてきた。
その軽はどこを目指す訳でもなく町内を走りまわる。
恐らく逃げたメンバーを探している事は無言の車内から伝わってくる。
30分以上無言のまま走り続けただろうか。ある交差点でパトカーが隣に。チャンス!!
なんとかわかってもらいたくてじっと見つめる。

止められないかなと必死に目力で訴える!!
なんとその時、神のお告げが!!
『隣の軽、信号先道路で停止しなさい。』
た、、助かったーーーーーーーーーーーーー!!
パトカーに先導され交差点から100mくらいの場所で軽は停止。
その3へ

367: 俺は田舎のアウトロー:2007/03/11(日) 18:43:41 ID:wWhqVsOX0
その3 長くてスマソ。
警官『運転手さんちょっと来て。』ニッカ『なんや?』
警官『ベルトしてなかったね~。』俺の心の中『えええええええええええェェ!!』
神だと思った警官は職務に忠実なだけだった。
それでもニッカがパトカーにいる間に神に祈る!
…しかし現れたのはニッカ一人。パトカーは回転灯を消して走り去った。

ニッカ『なんだよつまんねーな!!お前のせいだぞ?オぉう!!』
オヤジ『どう落し前つけてくれんだよ!?あぁ??』
史上最低な八当たりである。俺はスイマセンスイマセンと繰り返した。
ニッカ『…○○山行きますか?』オヤジ『おぅ!すぐ向かえ!!』○○山!!??まじ!!!!
その山は過去に自殺やレイプ等事件事故等が多数あったいわく付きの山だ。

人の気がゼロ。地元の人でさえ夜は近寄らない。
俺は山へ向かう最中、厨房ながら過去を振り返った。
あぁ今日で死ぬんだぁ。短い人生だったなぁ。涙が頬を伝う。
もうじき山だ。ニッカ『おめーら覚悟しろよ。』
はい。もう諦めてます。…おめーら?俺一人ですけど…。
そうこうしてる内に山の頂上へ。オヤジ『おめーから降りろ。』
俺『…はい。』俺は暗闇の中、ヒンヤリとする山の中へ。
オヤジとニッカはまだ車の中だ。

ニッカ『なんだおめーは!』オヤジ『このガキが!!』
なにやら車の中で揉めている。俺はゾクっとした。俺は車の外だ。
間違いなく車には 俺 ニッカ オヤジ しかいないはず。
しかし二人はいないはずの誰かと会話してる!!!!
ニッカ『…行け』オヤジ『おめーは勘弁してやる。』
?????正直訳わかりません。しかしチャンス!!
しめた!!逃げろ!猛ダッシュで登ってきた方向に。
それから間もなく『うわぁーーーーーーーー!!』
さっきのオヤジ達の叫び声!!

なんだかわからず怖くなり俺も『あああああああ!!』と泣き声叫びながら
人生でこれほどダッシュする事はないだろうスピードで山道を走る!!
なんとか山のふもとまで来た頃にふと後ろを振り返る。
何かいる!!!気が動転していて気付かなかったが後ろからなにかが走ってくる!
その4へ

371: 俺は田舎のアウトロー:2007/03/11(日) 20:53:26 ID:wWhqVsOX0
その4 
後ろからスタスタとゆーよりドタドタと足音が!!!!
『うわりゃーーーーーーー』!!ニッカの叫び声だった!!
30m…20m…声はすぐそこまで来ている!!
俺はまた走る羽目に。当時、帰宅部の煙草吸ってる厨房にそんな体力は無い。
横っ腹が痛くて動けなかった。こんなに走ったのは消防時代ののマラソン以来だ。

土方で鍛えてるだろうニッカにとうとう追いつかれた…はずだった。しかし予想に反して
ニッカは『うわwiijjfdkふじko!!!!!!』言葉にならない叫び声をあげて俺の横を華麗に通りすぎる。 
何!?俺も危機感を感じ後に続き無理やり駆け出す。
ようやく山のふもとを抜け民家もぼちぼち見え出した。

あっ…。公衆電話だ!!俺はポケットの中を探った。
10円…しかない。時間はおそらく2時~3時くらいだったと思う。俺は迷った。
『誰にかけるべきか…』警察か。いやいや時間が時間だ、また学校に報告されるのがオチだ。
自宅…あいにく両親が不在で祖母しかいない。耳の遠い祖母に10円では伝えきれない。
でもやばい早くしないと…あっ!俺は当時遊び仲間で唯一ポケベルを持ってる一つ年上の
高橋に連絡する事にする。高橋に度々ベルしていたので打ち方はわかっていた。

『 ○○ヤマニイル タスケテ ○×←俺の名前』
ポケベルには当時、文字数制限がありこれが限界だったと思う。
夏休みで週末の夜、高橋が起きている自信はあった。
幸い高橋は原チャリ持ちだ。 しかし暴走族に出入りしだした高橋が集会中だったら…。
なんて事を考えながら公衆電話の裏の茂みに身を隠す。
ここに着いてから何分たっただろう…。

辺りからは蛙のゲッコゲコとゆー無数の鳴き声しか聞こえない。
空からは月明かり。ようやく冷静になってきた。
何だったんだ今までのは。…てかあいつら!!
俺は逃げた二人のメンバーをなぜだかムカついていた。
その時、遠くから ブォーーーーーン と言う音が。しかし一台では無い。原チャリの軽い音でも無い。
族か?俺はさらに隠れる。そうだった。ここは族の集合場所でもあったのだ。

375: 俺は田舎のアウトロー:2007/03/11(日) 21:39:37 ID:wWhqVsOX0
その5
族は間違いなくこちらに向っているのは何個かのヘッドライトで確信した。
間もなく族が到着する。『あっ!!』俺は何時間ぶりに笑顔に戻った。
そう。その先頭には高橋の姿が!俺は茂みから飛び出した。

『高橋君!!!』普段なら目も合わせられないようなヤンキー達だったが
この時ばかりは神!!に見えた。安心感からか涙がドっと出た。
本気で泣いた。『○×!!どーしたんだ??』
俺はすべて話した。最初はヘラヘラ聞いていたメンバー達も顔つきが険しくなってきた。

話終わると間もなく、間宮さんと呼ばれていたそのメンバーのボスが『おい!!』
俺『は、ハイっ!!』間宮『赤い軽っつったな?』他のメンバー『例のアレじゃね?』
間宮『間違いねーべ』俺『え?』なんでも話を聞くと『族狩り』と言って当時、暴走族の集会中に
追いかけてきてクラクション鳴らして煽ったりゴルフクラブをもって振り回したりする赤い軽がいるとの
事。

間宮のグループでも例に漏れず赤い軽に集会中荒らされた事があったとの事。
間宮『高橋のカワイイ舎弟助けに来たらまさか奴ら見つけるとは思わなかったなw』
高橋『間宮さんスイヤセンっス。』高橋はずっとペコペコしていた。
間宮が他のメンバーと話てる内に高橋に謝った。

俺『ごめん高橋君…。』高橋『いいからよ。あとでコーヒーなw』俺『うん今度必ずね』
その時、間宮が『よし!高橋!出るぞ』高橋『はいっ!』俺『え?どこに??』
高橋『流れ解散すか?』間宮『バカか!山の上だよ!』
俺『えええええェェェェ!!』間宮『この前の借り返してやんよ。』
正直迷った。何故か?心の中にある事が。

『…あのオヤジ達、何に怯えてたんだろう。』
この時点で一つ後悔した事が。彼らに今までの経緯を話した時、泣きながら動転してた為、
『オヤジ達に…ヒック、山に、連れて行かれて…ヒック』
と話を簡略化して話してしまった。俺が感じた違和感や謎等は彼らに伝えられなかった。

俺『あのさぁ高橋君…高橋『出っぞー!乗れ!』
ブォン!!けたたましいエンジン音とヘッドライトが(確か5~6台だった希ガス)暗闇に木霊する。
俺はとゆーとまた吐き気が襲ってきた。まずい…。そうだ。これは夢だ。
そう思う方が気が楽だった。
その6~

スポンサーリンク

386: 俺は田舎のアウトロー:2007/03/11(日) 22:21:19 ID:wWhqVsOX0
その6~
バイクは凄まじい音を出しながら頂上を目指す。
もうじき頂上だ。俺『…え???????』…
なんと軽自動車は尾灯を付けてヘッドライトを向こうに向けて俺が降りた場所に止まっていた。
全員頂上に着いた。全員エンジンを切る。…ドルルルッルル…軽はエンジンが付いていた。
間宮『あぁこいつだな!』間宮が一人で車に近づく。さすがリーダーだ。

間宮『おいコノヤロー!!出て来いよ!!』軽にはカギが掛かっていて後ろは濃いスモークだった。
間宮『こいつ後ろに隠れてんだよ!!おめーらも来い!!』
メンバーは車をガンガン叩き始めた。メンバー『出て来いやコラ!!』ガン!!ガン!!
俺は族の怖さを目の当たりにする。高橋はビビッて俺の近くにいた。

高橋『やべー…先輩らキレたら止められねー。』間宮『おいオメーラ待て!』
間宮がバイクを軽の後ろに付けた。ヘッドライトで軽の中を照らす。間宮『おい!誰か中見ろ!』
メンバー『あれ?誰もいねーよ間宮君!!』
間宮『んな訳あるか!エンジンかかってんだぞ!おい単車変われ!』

間宮が単車を降りメンバーに変わる。間宮『…あれ?マジいねーぞ…。』
俺(えっ…。)メンバー『ションベンでもしてて俺らに気付いて逃げたんじゃね?』
メンバー『なんだよしらけるな。帰るべ!』間宮『そーだな。この山の中逃げたら探しようがねーな!』
みんなが帰るモードになった時、それは起こった。

『あぁあぁあああkfjklじゃあ!!!』

一同『……!!!!!!』…どこからか男性の叫び声が!!!

『…何よ今の…?』誰かがポツリと言った。
ゾクっ!!背筋に寒気が走る。多分、あの場にいたみんなが只ならぬ空気を感じたはず。

『あああああああああああああァァ!!!』

声が近くなった。間宮『…おめーら出っぞぉ!!』
ここは心霊スポットでもあり彼らもそーゆー気配を感じたんだと思う。もー帰りは無我夢中だった。
俺は高橋の後ろでガッシリしがみ付いてガクブルしていた。
高橋『やべーーー幽霊の声聞いちゃったよ!』
半分笑いながら話す高橋の後ろで自宅の近くまで来たとゆーのに俺は震えていた。
なぜならあの声は…紛れも無い あの オ ヤ ジ の声だったからだ。

398: 俺は田舎のアウトロー:2007/03/11(日) 23:12:25 ID:wWhqVsOX0
その7
その後、自宅近くまで来たが高橋が本当は怖がりらしく家に泊まれと言うので泊まる事に。
むしろ本当はこちらからお願いしたいくらいだったくらいだ。
なんとか高橋の家に着きコソコソ忍び足で2階へ上る。
高橋『いやービビッたぜ!』ニヤニヤしながら高橋は喋り出す。時刻は午前4時になる所だった。
俺『あのさぁ…』
…高橋にはすべてを話した。

高橋『まじで??でもよー…』
高橋の出した結論はこうだ。
薬物中毒の頭のおかしいオヤジ達に絡まれる→薬物による幻覚→山で発狂→みんなで霊と勘違い。
…で、今に至ると。高橋『おまえさぁ命があっただけでも良かったべ?』
確かにそうだ。彼の理論が正しいと思う。高橋『疲れたぁ寝るか?
明日朝一単車返さなきゃなんねーし…。そん時送るぞ。』
俺『うん。今日はホントにありがとね。』高橋『良いから気にすんなよ。あ!カーテンしめて。』
すでにベッドに横になっている彼の代わりにカーテンを閉める。その時…。

高橋『…ん?おめー何それ?』俺『え?何?』
高橋の顔が青ざめた。一瞬にして真夏の蒸し暑い部屋が凍り付く!!!!
高橋『な、なんだよソレ!!??』俺『し、知らないよ!!』
なんと俺のTシャツの背中には無数の赤…とゆーより錆びた鉄の色の手の跡が有ると言う高橋。
その時、高橋のポケベルが鳴る。

間宮からだった。高橋『もしもし!お疲れさ…え?まじすか!??こっちもです…。』
なんとメンバー全員ではないが数名の白い特攻服に手跡が。
俺は自分で脱いでTシャツを確認してさらにガクブルする事になる。これは…!!!!
そう。その手跡には見覚えがあった。話は戻るが間宮がバイクで軽を照らした時、リアガラスに付いていた物だ。

メンバー全員が車内ばかり気にしていたが俺は別の意味で恐怖だったので回りの景色ばかり気にしてた。
その時にリアガラスを見て何個かの手跡がきになり ゾクっ! としてしまったのだ。
その時!!コンコン!部屋をノックする音が!!二人『…!!!』
彼の母親だった。
母親はドア越しに『あんたぁーまた夜遊びして。なんでこんなに散らかしてるの?表のバイク誰の?』
そーゆーと母親は部屋へ戻ったようだ。ほっとした。良かった母親で。二人でフゥーと安心する。

411: 俺は田舎のアウトロー:2007/03/11(日) 23:46:27 ID:wWhqVsOX0
しかし気になる点が。母親の『こんなに散らかして…』
とは何か?…とゆー話になった。高橋『まっまさか。廊下に手跡…。』
俺『や、止めてよ。』高橋『見て来いよ?』俺『やだよ!年上なんだか見てきてよ!』
高橋『今日助けたべー頼むよ!』そのセリフは強かった。ガクブルしながら廊下の電気を付ける。

バタン!!電気は手探りで付けられたが恐怖で目を開けずに閉じてしまった。
廊下一面に手跡…もうそれしか頭になかった。
高橋『な、なんだよ早くしろよ!』俺『わかったよ!』
なんと廊下には……土が散乱している。
あっ!そうだった。田んぼに落ちた時靴の中まで泥が入ったのだ。

俺『ごめん…高橋君』 高橋『なんだよビビらせやがってw』
二人で顔を見合せて笑った。何年かぶりに笑ったような気がする。
高橋『8時まで出なきゃないからそれまでゲームでもすっか?』
それから高橋と時間までゲームをした。なんだか今夜の事がすべて夢に思えた。
あっとゆー間に時間になる。高橋『よし…行くか?』 俺『うん。家までお願いします。』

高橋『先に単車に行ってろ。』俺は朝ご飯中の家族に軽く会釈をし、先に玄関を抜け、庭の倉庫に。
間もなく高橋が来る。高橋『ほい。メット被れ。よし捕まってろよ』
高橋の自宅からは5キロ程度。単車ならすぐの距離だ。
間もなく自宅に着いた。よいしょと400ccから降りる。

高橋『まぁー疲れただろうからゆっくりしな!暇な時ベルくれよ!』そう言うと彼はブォンと走り去ろうと背を向けた。
え!!??多分今まで生きてた中でこれほどすぐ目が冴えると言うことは無いと思う。
走り去る高橋の白いTシャツの背中には…無数の あ の 錆びた 手跡 が!!!!!!
間違いなく先ほどまで無かった。彼がその後、交差点でトラックに追突され全身打撲で緊急入院。幸い命は取りとめた。

終 

未だに何だったのかわからない出来事。現実の中の夢とゆーか。
つーかこれ書いてたら頭痛くなって吐き気が。やべー冷えぴた張ってるぞ
長かったけど読んでくれた人サンクス!!! ちなみにこれ…
す べ て 実話 で す 

関連記事 一覧

  • この記事を書いた人

イマイズミ

栄養価の高い情報発信を目指してブログを更新しています。何かありましたら、お問い合わせまでお願いします。

-ホラー

Copyright© サンブログ , 2020 All Rights Reserved.