ホラー

【洒落怖】イトウって知ってる?

スポンサーリンク

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part40

36 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 20:59:44 ID:v+Sa2shO0
高校から今にかけて、俺の周りをウロチョロする謎の同級生がいる。

高1の時に言われたのが一番最初。
夏休み明け直後の日だったんだが、いきなりクラスの奴に「イトウって知ってる?」って言われた。
「イトウ?知らないなぁ」
「何言ってるんだよお前と同級生だろ?地元の友達だろ?」
「いや、しらんし」

数日後・・・
「やっぱりイトウって知ってるだろ?アイツお前と仲よかったらしいぞ」
「だから知らないって・・・」
「しらばっくれるなよ!」
「はぁ?そんな奴いないつぅの!」
それでケンカになった。

そいつは俺に薄情だと言う。
俺は知らない奴を知ってる奴だと言われて、なんかシャクに触ったのでキレた。
まぁ若い頃だから血の気は多いとして、それでもクラスの奴は異常にキレた。
家に帰って、卒業アルバムを小学校の頃から調べたけど、やっぱりイトウなんていなかった。

結局、ソイツとはそれ以来口を聞くことはなくなり転校していった。
変なわだかまりが残ったけど、しばらくイトウの名を忘れてた。

38 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 21:10:34 ID:v+Sa2shO0
それから学年が変わって高2になった頃、またイトウの名を耳にする。
今度は部活が一緒だった隣のクラスの奴。
「なぁ、イトウって知ってる?お前と同じ中学なんだろ?」
「いや知らないって・・・」
「だってさ、お前と同じ部活で、三年間一緒だったっていってたよ」
「はぁ?ちょっとどういう知り合いなのか、詳しく教えてくれよ」
久々にその名前を聞いていやなことを思いだしたけど、正体が知りたくて詳しく聞いてみた。
「女だよ、背の低いさ・・・友達の友達なんだよね、こないだそいつとカラオケ行ってさ、ノリのいい奴」
「いや・・・知らない・・・女ならなおさら知らない・・・」
「マジ・・・?連れてきてやるよ。本当にイトウ、お前のこと詳しいから・・・」
俺、そこら辺で怖くなったよ。本当にどんなに記憶をたどっても、知らない奴なんだから。
わりと聞く名前だけど、イトウなんて同級生は一人もいない。

それから数日して、
「お前に会わせようとしたイトウさ・・・いなくなったらしい」
「え?なんで?」
「わからん。突然、家を捨てて、夜逃げみたいな感じだったって・・・」
俺「・・・」

次、イトウは意外なところで現れる。

40 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 21:29:22 ID:v+Sa2shO0
地元の友達が、
「なぁイトウって同級生いたっけ?」
「いない!お前も『知ってる?』とかいわれるの?」
「お前も!!」
俺らの地元のグループで話題になった、イトウとかいうおかしな奴が、俺らの知り合いだと言う。
この現象は俺だけじゃなくて、周辺の友達に波及して、三人同じ体験をした奴がいた。
それも、三人とも違う高校で、全く別々の友達から聞いた話しだった。
「怖いな・・・マジ、イトウって誰だよ?」
「俺が聞きてぇよ!!」

同窓会でそのことをみんなに聞いたが、誰も知らなかった。
ただ、連絡がつかない奴の中で、イトウって苗字になった奴はいたかもしれないが、それも確認できたわけじゃなかった。

それから半年くらいして、今度は幼馴染の従姉妹が、
「ねぇ、イトウって知ってる?」
ゾッとした。いつものイトウの話しだった。
背の低い女で、俺と同じ部活で、仲の良い友達だったイトウ。
従姉妹は俺のことをよく知っている。
「イトウなんて・・・いないよね?・・・」
「いない・・・」

42 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 21:44:16 ID:v+Sa2shO0
それから数年間、イトウは姿を消す。
イトウのことは、頭の片隅くらいにしか残らない存在になっていた。

大学卒業間近バイト先で、
「なぁ、イトウって知ってる?」
その場に倒れそうになったよ。
「背の低い女で、俺と部活が同じの?」
「そうそうwやっぱり知り合いなんだw」
「今も連絡とってるの?」
「あぁ、高校のときの部活の知り合いで・・・」
コイツは俺とタメで、高校のときの知り合いなら、イトウはその頃行方不明だったはずなんだけど・・・
「今さ!ソイツと連絡つかない?」
「あぁ、つくよ!イトウも今度飲みたいって言ってたし、ちょうどいいよ」

携帯電話の先からイトウの声が聞こえる。
「もしもしぃ」
「今さ、・・・うんうん」
かすかにだけどイトウの声が聞こえる。
実在する人物なんだ!
「悪い・・・イトウさ、なんか具合悪いからって、電話切られた・・・」
「そうか・・・じゃあ、また今度頼むよ」

次こそはイトウと話す。

46 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 21:56:28 ID:v+Sa2shO0
次にバイトいったとき、イトウの知り合いだと言う奴の態度が急変した。
俺が何を話しかけてもシカト。
軽いいじめみたいな感じの雰囲気になってた。
なぜかバイト先の奴からハブられる俺。

その日の帰りに、店長にクビを言い渡された。
文句は言ったが、「悪いがしばらくこないでくれ」の一点張り。

気がついたら、そのバイト先は潰れてた。
結局、イトウとの接点は無くなった。

最初に俺にイトウの話をふったクラスの奴もいなくなり、次の部活の奴も、その後退学になった。
三人の同級生とも疎遠になった。
三人とも良い噂を聞かなかった。今はどうなったから完全にわからない。
従姉妹もその後精神的に病んで、今は話せる状態じゃない。

結局、イトウのことに関してはわからずじまいだったのかな・・・・
なんて思ってたら先週、彼女が「イトウって知ってる?」。
まだイトウは、俺の周りをチョロチョロしてるのかもしれない。

関連話 次ページ 『第二のYちゃん』

次のページへ >

-ホラー
-

© 2022 サンブログ