ホラー

【怖い話】友達の家系で起きた話

スポンサーリンク

34 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 18:07:20 ID:GuFs/B9U0
以下に出すのは、全部友達の家系で起きた話です。
ただ、友達もその家族も生きてるので、詳細は伏せます。

『長男だけが見る幽霊』
その1
「自分の家系は、どうやら呪われているらしい」と話す友人A。
と言うのも、その家の長男だけが見る幽霊が居る為です。
ですから、女性や次男以降の男性には絶対見えません。

Aの家は、代々地主をしていた家系です。
そして、その家を継ぐ当主たる長男は必ず、『物凄く髪の長い女性』を見ることになるそうです。
Aが彼女を見たのは、4,5歳頃らしいです。

その夜、Aは夜中に尿意を催し、トイレへ行こうと布団から出ました。
暗い廊下を歩き、手探りでトイレに辿り着きます。
で、トイレのドアを開けると、そこに彼女(幽霊)は居ました。
着物を着た彼女は、丁度Aに対して背中を見せる形で立っていたそうです。
夜中のトイレに、見ず知らずの女性が突っ立ってるだけでも十分恐怖ですが、
彼女はその異常さを更に助長させるような格好をしていました。

35 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 18:07:59 ID:GuFs/B9U0
「髪がさ、凄く長いんだよ」
Aは私に言います。
そうです。彼女の髪は、トイレの床全てを覆い尽くす程の長さだったそうです。
そして、彼女は恐怖で固まるAの方へ、ゆっくり振り向こうとしました。
幼いながらも「顔を見たら凄くマズイ」と思ったのでしょうか。
固まっていたAは、全速力でトイレから逃げ、父母の寝室へ駆け込んだそうです。
泣きながらも、事情を両親に話すA。
普通の親なら、「気のせい」とか「見間違い」で済ませてしまうでしょう。
ですが、Aの父親は黙って話を聞いてくれたそうです。

さて、それから何年も経ったある日。Aと父親は雑談をしていました。
そして、なにかの拍子に、例の『髪の長い女性』の話になったそうです。
そこで初めてAの父親は、「その幽霊は、俺も見た事がある」と告白したのです。

Aの父親(A父、とします)も、4,5歳頃に『彼女』を見たそうです。
但し、A父が見たのは家の庭で、更に夜中でなく昼間でした。
そして、やはりと言うべきか…その時も後姿で現れたそうです。
日が出ている時間ということもあったのでしょうか。
A父は恐がることなく、あの人は誰だろう?と思いながら見ていたそうです。

36 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 18:08:33 ID:GuFs/B9U0
その時、「見るな!」と叫びながらA父の父(Aの祖父。以降、A祖父)が物凄い剣幕でA父を抱きかかえ、
家の中に引っ張り込んだそうです。
その時のA祖父は心底怯えた表情だったそうで、
A父が「どうして見てはいけないの?」と聞いても、その理由は決して話さなかったそうです。

A自身も聞いたそうですが、やはり教えてもらえず、
結局A祖父は誰にも話さないまま鬼籍に入ってしまったそうで…。
結局、その女性は一体何者なのか、何故長男だけが見るのか、
どうして後姿で現れ、顔を見たらどうなってしまうのか等々…全く不明です。
ただ、A祖父の怯え様からして、決して良い事が起きると思えません。

Aは今、悩んでいます。
何故なら、A祖父は大人になってからもその女性が見えていた訳で(見るな!と叫んでいたので)、
そのうちまた、彼女を見る事になるのでは…と。
そしてその時、彼女の顔を見ずに済むのだろうか?と。

37 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 18:09:18 ID:GuFs/B9U0
『子供が出来ない』
その2
これは当スレでもよく出ている、一族根絶やし系の話です。
私の友人Bは貰い子です。
彼がその事実を知ったのは中学の頃なのですが、親に聞いてみると、更に妙な事が分かったそうです。

まず、B父は4人兄弟です。
それぞれが家庭を持ち、各地に散らばって住んでいるのですが、
なんとB父の兄弟は、誰一人として子宝に恵まれていないそうです。
B自身、話を聞いた時は「まさか」と思ったそうですが、
今居る親戚の子供は全員、B同様に貰い子である事実を他の人からも聞かされ、
納得せざるを得なかったそうです。

Bは、遺伝子レベルで何かあるのではないか、と考えたりしたそうです。
つまり、子供が出来ない遺伝子があるとか、そういう感じに。
しかし、この遺伝子説もアッサリ崩壊してしまいます。
何故なら、Bの祖父及び兄弟達も貰い子だったからです。
早い話、Bの家系は貰い子を繰り返して、○○家を存続させていたらしいのです。
そして、その誰もが子宝に恵まれず、貰い子を繰り返す。
これが、いつの時代から始まったのか、何か理由があるのか…B自身は、調べる気は無いそうです。
「自分が何処の誰であろうが、俺は今の両親の子供だ。
 ○○家自体に何があろうと、この事実は変わらない」
これが、彼の考えです。実に立派だと思います。

実は他にもオカルト系な話(自分自身に)はあるのですけど、
このスレに該当しない話っぽいので、ここでは割愛します。

38 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 02:21:45 ID:zb4KCLSF0
そんなこと言わずに書いてくれ。

39 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 05:35:33 ID:IPxreLGA0
>38さん
うーん…私自身の場合、家系というよりは『家そのもの』に関する話が多いので…。
ただ、数少ないですけど、家系に関する事があります。早起きついでに、それを書きますね。

『実家に隣接する土地』
私の一族(父方)は、東北ではちょっと名前の知られている某一族の家臣でした。
ただ、その某一族は、徳川家康や豊臣秀吉といった風に、教科書に載る級の有名な一族ではありません。
戦国時代専門サイトにたまに名前が出ている、といった程度でしょうか。
ちょっと名前が知られてる程度の一族の、家臣の一族…これが私の先祖です。
しかし、そんな一族でも、少々のいわれはあるようです。

まず、父方の実家は田舎です。
また、田舎にありがちなのですが、隣近所がほぼ一族で固められています。
そして私の父が若い頃、実家に隣接する土地を買おうとした事があります。
その隣接する土地には遠い親戚が住んでおり、小さな家が一軒建っているだけでした。

さて、父がその土地を買おうとすると、父の母(私の祖母)は大反対したそうです。
父はその際、反対する理由を祖母から聞いたようです。
しかし、それはあまり良くない内容だったらしく、私が聞いても父は教えてくれませんでした。
とにかく父は、「あの家は良くない。一族だけれど良くないから、手出しは出来ない」と言うだけでした。

今、その隣家は空き家です。
突然空き家になったのではありません。世帯主であるご主人が、理由不明の失踪をしたのです。
そして、それから数年後。
今度は失踪者の奥さんの気が触れ、壮絶な方法でな自殺をしました。
(申し訳ないですが、内容は書けません。調べると分かってしまうので)
そして結局、その家は空き家になりました。

…こうして見ると、私の話は『何の理由でそうなるのか』ってのが不明な話ばかりですね。
しかし、それはそれで良いのかも知れません。
友人AもBも私も、敢えてその理由を知ろうとは思ってませんし、
知ったところで何がどうなるって訳でもないでしょう。

なんか、消化不良気味な話ばかりで申し訳ありません。

関連記事 一覧

-ホラー

© 2021 サンブログ