ホラー

【洒落怖】女並通り

スポンサーリンク

従姉妹シリーズ。

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?120

240 :本当にあった怖い名無し:2006/01/24(火) 18:24:38 ID:xubYHEObO
昔から、旧いものには魂が宿るという。
長い年月を経て魂を得たものは、九十九神とも付喪神とも呼ばれ、
神のような妖怪のような信仰と、僅かな恐怖の対象にされてきた。
澁澤龍彦はそれを、『日本人の旧いものに対する愛着と畏れの表れだ』と記している。
だが、本当にそれだけなのだろうか。
中には年輪のように記憶を積み重ね、語るようになったものもあると、俺はそう思う。

小学生の頃、俺は俗にいう鍵っ子で、中学年になってからは学童保育に通っていた。
迎えには近所に住んでいた五歳上の従姉妹が来てくれていたのだが、これが少し変わった人で、
一緒に行動するうちに、幾つかおかしな体験をすることになる。

歩くだけで汗ばむ暑さも、日が落ちるに従ってだいぶ落ち着き始めた。小学五年の夏休み前のことだったと思う。
学童保育からの帰り道、従姉妹と商店街の裏通りを歩いていた。
通い慣れたいつものコース。左手は商店街、右手は小川が流れるその小道は女並通りと呼ばれていた。
夕闇が近づくなか、時おりすれ違う買い物帰りの主婦をのぞいて、あたりには人気がなく、
少し離れた商店街のざわめきが聞こえてくるほかは静かだった。
石を蹴りながら歩いていると、小川のほうから瀬戸物が触れ合うような音がした。
見回したが何も見当たらず、俺は空耳だろうと考えた。

少したつと、またさっきの音が聞こえた。今度は人の話し声も混じっていた。
立ち止まると、いつの間にか商店街のざわめきが聞こえなくなっていることに気づいた。
また、瀬戸物が鳴る音と話し声。一瞬笑い声まではっきりと聞こえた。
見回しても俺と従姉妹のほかは誰もいない。
急にあたりの夕闇が濃くなったような気がした。奇妙な静けさが痛いほど耳に迫る。

241 :本当にあった怖い名無し:2006/01/24(火) 18:28:02 ID:xubYHEObO
従姉妹を呼び止め、先ほど聞いたものついて話した。
「ねえ、変な音がしたよ。誰もいないのに話し声がしたんだ」
俺がそう言うと、従姉妹は少しの間耳を澄ませてから言った。
「この川、昔はもう少し大きかったの、知ってる?」
また姿のない笑い声が聞こえた。
「商店街ができる前はね、民家がずうっと立ち並んでいて、川はここに住む人たちの生活を支えていたの」
たくさんの瀬戸物が触れ合う音や、濡れた布を叩くような音もする。
「その頃は、炊事や洗濯はすべて川に頼りっきりで、同時に主婦たちのお喋りの場にもなっていてね。
 だからこの通りは、今でも女並通りなんて呼ばれているんだよ」
従姉妹は言い終わると歩き出した。離れないよう慌てて従姉妹の隣りに並びながら俺は聞いた。
「これはそのときの音? どうして今聞こえるの?」
従姉妹は屈んで俺の顔を覗き込んだ。
「今はもう誰も使わなくなったのだけど、川は忘れたくないのね。
 自分を昔頼っていた人たちのことや、その思い出なんかを」
そう言って俺から視線を外し、川を振り返って眺めた。俺もつられて振り返った。
そのとき、川岸で食器を洗い、洗濯をしながら世間話に興じる人たちの姿を確かに見たような気がした。
俺はなんだか懐かしいものに触れたような思いで、それに見とれた。

従姉妹が俺の頭をぽんぽんと軽く叩いた。我に返るともう何も見えなかった。
やがて遠くから、商店街のざわめきが聞こえてきた。

関連記事 一覧

-ホラー

© 2020 サンブログ