怖い話

【洒落怖】携帯の都市伝説

657: 本当にあった怖い名無し:2011/05/08(日) 23:00:05.07 ID:bZMvpm5S0

ドコモのケータイを持ってる人は、試してみて下さい。
やり方は簡単です。「1111」とダイヤルするだけです。

「発信試験を行っています」というガイダンスが流れたら、電話を切って下さい。
少しすると、「通知不可能」という相手から、電話がかかってきます。

電話をとると、「着信試験を行っています」というガイダンスが流れます。
これが普通です。これはいわゆる「発着信テスト」と呼ばれるものです。
正常に回線が使えるか、電話機のスピーカーに異常がないかを調べるためのものです。

ただ、ごく稀に発着信テストが正常に行えない場合があります。
「通知不可能」から電話がかかってくると、ガイダンスではない音声が聞こえるのです。

それはお経であったり、うめき声であったり、爪を引っ掻く音であったりします。
霊的な存在が、無機質な着信を利用してその存在を知らしめようとする音です。

運が良ければ、あなたにも聞こえるかもしれません。電気を消して、真っ暗な中、
合わせ鏡でやると確率はアップするかもしれません。

スポンサーリンク

-怖い話

© 2022 サンブログ