名作・神スレ

【名作スレ】世界史が面白くなる雑学教えてください

スポンサーリンク

95: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:40:18 ID:ABWynkOi0

理想郷を示すユートピアは元々「そんな国ねーよ」という意味
ユートピア
ギリシア語の οὐ (ou, 無い), τόπος (topos, 場所) を組み合わせ「どこにも無い場所」を意図とした地名と説明されることが多いが、記述の中では Eutopia としている部分もあることから、eu- (良い)と言う接頭語もかけて「素晴らしく良い場所であるがどこにもない場所」を意味するものであったとみられている。

5: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:23:37 ID:XP2a0ZCH0

ベルサイユ宮殿にはトイレが無かったため、そこらへんでしてた。
そのため、クソを踏まないようにできたのが「ハイヒール」だと言われている。

6: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:24:48 ID:n6YENEMi0

>>5
ドレスのスカートがふわっとしてるのもそのためだよな
そしてニオイは香水でごまかす

9: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:26:43 ID:XP2a0ZCH0

>>6
そうそうw
ベルサイユのバラ(笑)

8: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:26:03 ID:JS7ZIaHZ0

>>5
パリの街自体がそれ
窓からウンコ捨ててた

9: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:26:43 ID:XP2a0ZCH0

>>8
しらんかった。きったねええええ

33: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:26:43 ID:XP2a0ZCH0

ナポレオンの睡眠時間は三時間ほどだったと言われている。
これは多くの偉人に共通しているらしい。

20: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:31:13 ID:pRZf37P+0
>>9
ナポレオンのは、実は睡眠時間8時間くらいあったとか、昼寝めちゃくちゃしてたとか伝記によって様々
重要な戦いで不眠不休だったのは共通しているが。

34: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:45:56 ID:XP2a0ZCH0

雑学かどうかはわかんないけどナポレオンの有名な言葉に、
「歴史とは合意の上で成り立つものでしか無い」
という言葉がある。つまり歴史は買ったものの捏造と自画自賛によって作られた物語でしか無いということ。

20 以下、VIPがお送りします 投稿日:2011/09/19(月) 23:31:13.07 ID:pRZf37P+0
ベトナムさんの戦績がやばいとかは世界史やるうえで楽しいんじゃね。イギリスも異常に戦績いいが

44: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:55:53 ID:p9p8vF0J0

>>20
同意 ベトナムさんは戦後史がヤヴァイ

インドシナ戦争(対仏)→勝利、南北分裂
ベトナム戦争(対米)→勝利、統一
カンボジア侵攻→ポルポト政権打倒
中越戦争→中国軍フルボッコ

まあ戦争し過ぎて国内混乱したけどこれは凄い

17: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:30:25 ID:ENHYUZ5YP
料理のフルコースが出来た理由
ロシアは寒かったから料理が一揆にだされると冷めてしまうから
少しずつ料理が出されるようになった

21: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:31:32 ID:XP2a0ZCH0
第二次世界大戦の始め。真珠湾攻撃のとき日本は不意打ちをしたことになっているが、 実は戦線布告の条文を送るひとが下手で、うまく届かなかったためだと言われている。

ちょっと表現間違ってるかも。

スポンサーリンク

24: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:35:19 ID:ry1ZBCTO0

イスラムの断食は断食ではなくきっちり食べるらしい

26: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:37:01 ID:XP2a0ZCH0
>>24
確か昼間だけ食べないんだっけ?

日本の仏教徒で一日にゴマ一粒と米一粒で生活している人が居た。
銅像見たけどガリッガリ。

33: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:45:00 ID:HU+vvLZw0
>>26
断食をするのは太陽が出てる間だけで、日没後は普通に食う
というか、昼間食えない分食うから断食月が明けると太ってる人も多いとかなんとか

122 以下、VIPがお送りします 投稿日:2011/09/20(火) 01:15:53.04 ID:ABWynkOi0

これは俺の憶測だけど、蘇我入鹿とかって元はつがう名前だと思う。
イルカって動物か!!っていう。
その頃にイルカという言葉があったかどうかは知りません。

293: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:31:21 ID:j9eIbNvi0
>>34
昔はイルカは"魚でも動物でもない中途半端な生き物"ってことで気持ち悪がったらしいんだな
それで後から悪いイメージつけるために蘇我◯◯にイルカって付けたって聞いた
蘇我蝦夷も生き物では無いけど蔑称だしな

あとコウモリも"中途半端な生き物"とされて気持ち悪がられたって聞いた

25: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:35:22 ID:ENHYUZ5YP

スーツのそでのボタンがある理由

ナポレオンのロシア遠征の時、兵士が袖で鼻をぬぐっていた
みっともない+やらせないためにボタンをつけた

29: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:39:50 ID:4gJpz9gc0
>>25
ちなみに日本帝国軍の流れを組んでる学校の制服の袖ボタンは3つある
通常の学生服は縦に2個並んでる形だが、それらの学校は横に3つ並んでる
「一般学生は二ツ星、お前らは三ツ星だ!三ツ星を付けるに相応しくあれ!」と指導される

28: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:39:18 ID:rPT1XeMm0
第二次世界大戦はアメリカが参戦したかったけど
国民の9割は戦争反対で参加できなかった
だからドイツを何度も挑発して自陣に被害を起こそうとしたがスルーされ
日本に真珠湾を攻撃させた
すると国民世論は反転し戦争参加を訴え出して晴れて参戦した

30: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:40:39 ID:XP2a0ZCH0
悲惨な話なら、天安門事件だな。
画像検索は止めとけ。ひどい。

でも知っとかなくてはならない事件でもある。

>>28
真珠湾にはワザとボロっちいやつを置いてたとか。
兵士の冥福を祈ります。

31: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:43:56 ID:ENHYUZ5YP
日本で批判が多い徴兵制

国民皆兵制度が一般化したのは
普仏戦争でフランスが負けたのを各国が見たから

スポンサーリンク

66: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:13:20 ID:2xdh2WeR0
>>31
結構ググってみたがそれ本当なのか?
フランス革命によるフランス国民軍創設(徴兵制実施)とナポレオンという衝撃はよく語られるが、 普仏戦争が及ぼした徴兵制への影響はよく分からんかった。

一応、プロイセンはナポレオン戦争後、徴兵制を拡大、アメリカは南北戦争の時に徴兵制導入、 イギリス、カナダは第一次世界大戦中に実施。スウェーデンは1901年ってとこ。
ちなみにスイスは軍は兵器の近代化のため徴兵制に反対しているが国民が徴兵制を望んでいるつー面白い事態

74: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:21:33 ID:AWNdPZYNP
>>66
徴兵っていうか国民皆兵
違いは何?っていわれると厳しいが

日本はなんだかんだいっても徴兵免除の条件はいろいろあった

79: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:24:40 ID:2xdh2WeR0
>>74
いや、国民皆兵であっても、普仏戦争っていうソースはどこにあるんだって話

日本軍がフランス軍でなくプロイセン軍から影響受けてるつことをいいたいんだろうが、英語で調べても「徴兵制あるいは国民皆兵と普仏戦争」については言及されているものが見つからないんだが

81: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:25:48 ID:AWNdPZYNP
>>79
ごめんwikiで見ただけその情報は怪しいわ

32: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:44:15 ID:wXGMolSQ0

古代ローマでは洗濯におしっこを使っていた
遺跡で発掘された洗濯跡からおしっこの成分が見つかった

130: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:02:02 ID:Hb3cHN3Y0
江戸時代にはおならをした人の身代わりになる役職があった

※屁負比丘尼(へおいびくに)

35: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:46:40 ID:ENHYUZ5YP
メキシコ皇帝マクシミリアン

処刑される時「顔を撃たないでくれ」お願いしたが顔を狙い撃ちされ死亡

37: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:49:46 ID:XP2a0ZCH0
>>35
かわいそう…。

処刑繋がりだと、ギロチンは超良心的な処刑道具。
すっぱりと殺してあげることができるから。昔の処刑はいろいろと凄い。
しかし為に刃が首のところで止まる時がある。その時は…執行人が上から押すらしい。

あと、処刑された人の血をパンに付けて食べると良いという習慣もあった。

146: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:09:17 ID:lWUpBC9B0
>>37
ギロチンの実験で首切られた後何回まばたきできるかみたいなのやった人いたよね

151: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:10:47 ID:TkudCDNi0
>>146
アレには諸説ある。
ただの反射という人や、本当に意識があったという人も。
本当のところはわからない。

153: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:11:36 ID:3IeMu6uP0
>>146
ラボワジェか
wikiによると、あれは都市伝説らしいよ

https://ja.wikipedia.org/wiki/アントワーヌ・ラヴォアジエ
ラヴォアジエがギロチンにかけられる際「処刑後の人に意識があるのかを実験するため、周囲の人間に「斬首後、可能な限り瞬きを続ける」と宣言して実際に瞬きを行なった」と言う話があるが、ラヴォアジエの処刑は35分間で26人を処刑する流れ作業の途中で行われ、当時実際に死刑に立ち会った人の記述にそのような話はなく、ボーリュー医師の1905年の論文をもとに1990年代以降創られた都市伝説と伝えられるが定かではない。

スポンサーリンク

224: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:18:53 ID:MEbSih6YO
>>37
フランスにうおいてギロチンはルイ16世が
罪人が苦しむことなく死ねるから
という彼なりの優しさで認めた

まさか認めた本人がかギロチンで処刑されるとは・・・

226: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:20:36 ID:TkudCDNi0
>>224
皮肉なもんだね歴史って。

例えば、アメリカでは、不道徳な習慣を一掃すべく禁酒法を制定した。
結果、酒の密輸などでマフィアは大いに潤い、もぐり酒場が横行し、アルコール依存症患者はむしろ増加した。

なんてのもあるしね。

38: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:50:05 ID:I3RAss/e0
たった一発の銃弾で起こってしまった第一次世界大戦

39: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:50:33 ID:XP2a0ZCH0
>>38
kwsk

47: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:58:32 ID:I3RAss/e0
>>39
サラエヴォ事件って言ってハンガリー帝国のフェルディナント大公夫妻がセルビア人の青年に暗殺されたことで第一次世界大戦が勃発した

それで一発の銃弾

53: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:02:15 ID:TkudCDNi0
>>47
ああああそうなのか!サラエボ事件自体は知ってたけど、それがWW1の引き金だったとは。

ww1の頃から、戦車などが使われ始めた。
その頃の戦車は装甲も弱く、弱いスナイパーライフルでも貫けたらしい。

40: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:52:54 ID:xz+vhkOg0
コロンブスはアメリカに行ったとかいってもてはやされているが…
コロンブスより50年以上も前に中国の鄭和の方が大きな船でアフリカにまで行ってたりする。

北京郊外の盧溝橋は、マルコポーロの東方見聞録にも掲載されている。
マルコポーロは世界一美しい橋と称えたので、「マルコポーロブリッジ」という呼び名もある。

42: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:55:12 ID:XP2a0ZCH0
>>40
タバコ、性病を広めたのもコロンブスだと言われている。
あと、新大陸に付いたときにはコロンブスは死んでて、弟子が成し遂げたらしい。

46: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:57:30 ID:ENHYUZ5YP
>>42
ちなみに梅毒はアメリカ大陸発で

たった十年で日本に到達したいう噂

105: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:47:20 ID:hgFtJIdF0
>>42
それマゼランじゃね?

106: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:48:42 ID:TkudCDNi0
>>105
そうなのかな?言われると不安だ。
一応、調べてみたけど…

どうなんだろ。

49: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:59:03 ID:XP2a0ZCH0
ナチスがユダヤ人を惨殺していた時代。
ユダヤ人は殺される前に、髪、服、持ち物などすべてのものを奪われ殺された。
特に、髪は絨毯などに加工されたものもあるという…。

43: 以下、VIPがお送りします 2011/09/19 23:55:37 ID:xz+vhkOg0
新羅・百済の時代、日本は木材を朝鮮に輸出して朝鮮から鉄製品を輸入していた。

51: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:00:09 ID:AZtQdPxCO
ビザンツ帝国(東ローマ帝国)
アレクシオス一世は「不死部隊」つまり「フェニックス部隊」を創設した
この部隊がなぜ「不死」なのかというと、、、逃げ足が早いから死者が出ないからだそうだ

この弱い部隊が原因で(?)十字軍の要請が行われたと言われる。

52: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:01:34 ID:xz+vhkOg0
科学者ファラデーは製本工から大科学者にまで上り詰めた苦労人。
今だったら6回ノーベル賞が受賞できるとも言われている。

1.電磁誘導の発見(e=-N(ΔΦ/Δt))の公式
2.電気分解の法則の発見(ファラデー定数)
3.物質の磁性の発見
4.ベンゼンの発見(ケクレは構造を考案)
5.ファラデー効果の発見(磁気旋光)
6.場の概念の導入

ちなみにファラデーの恩師、デービーはナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムを発見した人。
しかし、デービーの最大の発見はファラデーであるとも言われる。

54: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:03:36 ID:AWNdPZYNP
黒死病(ペスト)は雲南省発

モンゴルの遠征でヨーロッパに伝播したのは有名

カトリックは火葬をしないためより火に油を注いだ

日本も火葬が一般的になったのは最近
(木造が多く火事が多いため火を使いたくない?)

55: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:04:35 ID:ozjDHy5l0
第一次世界大戦、初期の戦闘機爆撃は、乗組員が手で爆弾を落としていた。

56: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:05:43 ID:TkudCDNi0
火事ならば、江戸の火事対策が凄い。
火事が起きれば、め組という消防隊が回りの家を壊しまくる。

当時は大規模な放水は無理なため、延焼を防ぐ意外無かった。
銀魂にもそんな話がある。ジジイがいい味出してるよ。

57: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:06:15 ID:ozjDHy5l0

電話の発明者は3人いる。
・ベル(現在の発明者)
・エジソン(ベルとの特許競争に敗れる)
・グレイ(特許申請がベルより2時間遅かったため負ける)

58: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:06:47 ID:28iv6oEJO
二次大戦は実は同盟(日独伊)が勝つ可能性が大いにあった。

原爆を作ったのはアインシュタインだが、裏方でアインシュタインをも超える最強の天才がいたんだ。ドイツの科学者「ハイゼンベルク」。V2ミサイルなんか作っちゃうドイツの天才!

ナチスは負けそうになっても抵抗したのには秘策があって、ハイゼンベルクがどの国よりも先に原爆を作ると考えられていたんだ。ていうか完成していたんだ。でもハイゼンベルクは完成していないフリをしてヒトラーを騙していた。ウランと設計図は完成しているのに。

そのうちベルリン陥落してナチスが降伏するとハイゼンベルクは連合国側に連行されて無理矢理原爆の研究をさせられた。

ベルリン陥落と同時にナチスはUボートにウランと設計図を託した。そう最後の希望、日本が原爆を完成させて同盟国の勝利をもたらすことを願って。
その頃日本も全港を解放してUボート到着を待っていた。まさに起死回生の一撃を狙っていた。

だがUボートの中でナチス党員と日本兵が降伏するか続行するかで意見が割れて結局イギリスの戦艦に捉えられた。

もし、日本にUボートが到着していたら…?もしハイゼンベルクが素直に原爆を開発していたら…?

軍国主義の日本は世界を滅ぼしていたかもしれない……

長文スマソ
一言で40億人を救った話も聞きたい?

59: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:07:40 ID:TkudCDNi0
ファックスはテレビの副産物らしい。
詳しくは忘れた。

>>58
聞きたい。
あと、ノイマンもその頃だっけ?

スポンサーリンク

76: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:23:39 ID:28iv6oEJO
>>59->>61
キューバ危機はご存知だろうか?

南米を完全にアメリカの資本主義に変えていたのに突然共産革命が起こり、目の前に核を有する敵国ができた。

アメリカはキューバのパトロンであるソ連に弱腰にならざるを得なかったが、プライドがそれを許さなかった。全世界で資本主義VS共産主義の核戦争の危険があった。

まさに冷戦の最終段階だ。

ソ連側はペンコフスキーというスパイがいた。アメリカの国家機密は全てソ連に筒抜けだった。

しかしアメリカ外務大臣ロバートケネディは外交に関しては知らない知識は無いほどのキレ者で、ペンコフスキーのスパイ活動を知っていた。

ソ連大使館のドブルイニンがロバートケネディの横を通り過ぎる瞬間にロバートケネディが一言

「ペンコフスキー」

と言った瞬間、ドブルイニンは突然走り出し、時の首相フルシチョフに伝えた。

「アメリカにスパイ活動がバレている。もし我々が核を使用したら、アメリカも同時にソ連の核施設を狙うだろう。その時に世界は滅びる。どうか核の使用は止めてくれ!!」
ロバートケネディが核戦争を止めた一言だった。その後はトントン拍子に解決していき、ロバートケネディはフルシチョフをディズニーランドを貸し切りで歓迎したそうだ。

82: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:26:37 ID:TkudCDNi0
>>76
なるほどね。キューバ危機か。
MGSでもやってたね。本当に危ないとこだったんだね。
今の生活に感謝だよ。

101: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:44:46 ID:28iv6oEJO
>>58に書き忘れたけど、ハイゼンベルク等のドイツの科学者は戦争後、NASAでアポロ計画に参加して月面着陸させることとなる

冷戦はアメリカVSソ連ではなく、アメリカのコントローラードイツVSソ連の図式だった。

これは歴史から見た勝手な予測と雑学だけど…

~アメリカの戦争から見る歴史~

朝鮮戦争1950年
ベトナム戦争1964~73年
湾岸戦争1990年
イラク戦争2005年

実はおよそ15年周期で戦争を起こしている。じゃあ2020年あたり…

しかも全て共和党政権の時。次に共和党政権になったときに注目
なぜ15年かというと、経済の停滞が15年周期なんだ

だから戦争による軍事特需を狙っている。
ベトナム戦争では二次大戦に使用した劣化したマシンガンを支給され、弾詰まりをおこして撃てずに死亡するアメリカ兵がたくさんいた。

軍事兵器は使用しなければ飽和状態になる。
兵器使用のはけ口が戦争なんだ

スポンサーリンク

62: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:10:12 ID:ozjDHy5l0
大正時代、8月31日は祝日だった&天長節(天皇誕生日)が年に2回あった。
8月31日は天長節。しかし、暑い時期なので行事が行うのが難しい。
なので、10月31日を天長節祝日としてこの日に行事を行った。

63: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:10:16 ID:AWNdPZYNP
ハイチ革命 

黒人奴隷が成功させた数少ない革命

65: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:12:39 ID:AWNdPZYNP
蒸留酒は錬金術師が産み出した

中世の錬金術師達によって蒸留酒の技術は確立され、その蒸留酒はアクアヴィテ(生命の水)と呼ばれた。

67: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:13:29 ID:TkudCDNi0
世界の裏ではユダヤ人がすべて操ってるらしい。
それにヒトラーは気付いて、なんとかかんとか。

73: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:20:57 ID:2xdh2WeR0
>>67
人口の1%しかユダヤ人がいなかったのにな(隣国のオランダは4,5%)
ナチの支持率はユダヤ人が少ない地域で高かったのも特徴的。もっとも人種云々で投票していた人は少ないんだけど
ちなみに、ユダヤ人ってどう定義すんのでもめてるからな。祖父母ユダヤ教徒=ユダヤ人ってすると増えまくりんぐwwとか

75: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:23:09 ID:TkudCDNi0
>>73
ユダヤは民間宗教だから定義が難しいよね。
俺としちゃ、ユダヤ教徒だったらユダヤ人でイイと思うんだがね。

キリストもユダヤ教徒だった。

68: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:14:54 ID:faVWxLGeO
天武天皇は天智天皇の年上の弟

69: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:15:14 ID:ozjDHy5l0
ニュートンは実は結構嫌な奴
フック(ばねのフックの法則の人)の論文を勝手に燃やしたりしていた。
微分積分でライプニッツに負けたことは黒歴史
南海泡沫事件でニュートンは大損している。

70: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:15:58 ID:J1luo27V0
コロンブスより何百年も先にアメリカに行ったバイキングがいる
ヴィンランド・サガ(13) (アフタヌーンKC)
ヴィンランド・サガ(13) (アフタヌーンKC) [コミック]
幸村 誠
講談社
2013-07-23

71: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:16:58 ID:ABWynkOi0
日本が第二次世界大戦に突入する契機となった満州事変の首謀者は東京裁判では無罪
石原莞爾
関東軍作戦参謀として、板垣征四郎らとともに柳条湖事件を起し満州事変を成功させた首謀者であるが、のちに東條英機との対立から予備役に追いやられ、病気のため戦犯指定を免れた。

72: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:20:33 ID:TkudCDNi0
モナ・リザは描き上げた本人がこの絵と寝食を共にするほどの力作だった。

80: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:24:40 ID:rLT3l/cn0
ヒトラーよりシャハトって人物調べたほうがためになる

スポンサーリンク

83: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:27:42 ID:AWNdPZYNP

火薬は不老不死の薬を作っているにたまたまできたという噂

87: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:31:11 ID:TkudCDNi0
>>83
アレって原料ウンコとかからでも出来るんだよ!?
恐ろしい…。

ダイナマイトは薬品の漏れから発明された。(漏れた薬品はちょっとの衝撃でドカン)
そしてそのダイナマイトで莫大な利益を得たのが、ノーベル。

しかし悪用されることも増えたため、反省も含めてノーベル賞ができた。
因みに、ノーベル賞に数学賞が無いのは、ノーベルの恋人をNTRしたのが数学者だったから。
男って単純~w

94: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:37:53 ID:XQSQ7sRZ0
>>87
うわ兄さん落盤で死んじまったよしょうがねぇニトロ砂に染み込ませてみるか→ダイナマイト完成

だっけ?

97: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:40:49 ID:TkudCDNi0
>>94
彼は68年に、これまでわずかな衝撃で爆発してしまっていた「ニトログリセリン」を珪藻土にしみこませることで問題を解決し、87年「ダイナマイト(混合無煙火薬)」の特許をとりました。

だとさ。間違ってました。

85: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:29:47 ID:AWNdPZYNP
麺類の起源は中央アジア

西へスパゲティ、中国で麺、日本でそば、うどん

89: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:34:22 ID:hF6wxUuF0
>>85
中央アジアって中国の事指してるの?

92: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:37:40 ID:AWNdPZYNP
>>89
さあ、ウイグル、チベットが中国領土になった清からだし

ウイグル、チベット、カザフスタン等あたりじゃない

88: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:32:37 ID:1johkxH80
モーツァルトは露出狂

90: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:36:40 ID:TkudCDNi0
大航海時代というゲームはなかなか練られているよ。
禁酒令や、交易品、香辛料などの黄金航路などなど歴史に絡まれたことが多々あるから、
そこらへんの時代に詳しいとかなり楽しめる。

98: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:41:25 ID:w3HUS9DO0
>>90
初期の方で奴隷貿易ができたって問題になってたな
提督の決断でも新型爆弾が作れたり
あの手のゲームで歴史を忠実に再現してしまうと色々ヤバい

99: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:44:09 ID:TkudCDNi0
>>98
歴史を正しくすることは大事なんだけどね。

ちょんまげ作るときにはカミソリを使わずに一本一本ぬいて作っていた。(血ダラダラ)
それをみた外人が、カミソリ使えば?とアドバイスしてカミソリを使うようになった。

91: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:36:43 ID:pirjP/c70
徳川八代目将軍、吉宗は、米を通貨とする経済システムの弊害を抑える改革を行った。
このため「米将軍」の二つ名を持つ。暴れん坊将軍の二つ名は無い。

93: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:37:43 ID:TkudCDNi0
>>91
他にも、犬公方、とか馬鈴薯先生とか呼ばれている人いるよね。

スポンサーリンク

102: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:46:01 ID:AWNdPZYNP
江戸時代は数学が盛んだった

103: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:46:25 ID:TkudCDNi0
>>102
和算はなかなか。

109: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:49:42 ID:w3HUS9DO0
>>102
関 孝和が有名だな
寺作るときに記念に難しい問題を作るのが当時のインテリの楽しみだったとか
中には20次関数の問題もあった

112: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:51:00 ID:TkudCDNi0
>>109
なんだよwww20次関数てwww

115: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:53:27 ID:w3HUS9DO0
>>112
文系だから詳しくは知らんが昔からそういった高次関数の概念はあったそうだ
あと理系の人に聞くと高次関数のグラフはめちゃくちゃ綺麗らしい

119: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:56:56 ID:TkudCDNi0
>>115
関数繋がりで。

X座標Y座標を考えたのはデカルトという人。
この人は哲学者で、神をも疑っていた。

「我思う故に我あり」

は聞いたことある人も多いはず。

あと、数学者には変態がおおい。ホモや、サディストや殺人者。なんでもアリ。

184: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:34:36 ID:FIaOXEFp0
>>102
神社の絵馬に問題書いて、それ見た通りすがりが解答を書くみたいなのが流行ってたらしいね
それで日本にきた外人が海外には数学というすごいものがあるって言ったら
そういうのあそこの旦那が詳しいべって連れてきて、その外人より全然詳しかったらしいww

185: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:36:02 ID:TkudCDNi0
>>184
日本の技術力(?)をしめしているよね。

ゼロ戦は形が決められて、中身を決めたという変態飛行機。

104: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:46:39 ID:0JHnqUx00
東ローマ皇帝ゼノンは棺に納められた後に中で息を吹き返し「出してくれ!」と叫んだが
人望の無い皇帝だったので皆に無視されそのまま埋葬された

http://ja.wikipedia.org/wiki/ゼノン (東ローマ皇帝)
一説によるとゼノンは棺に納められた後に中で息を吹き返し、「許してくれ!」と三日間叫んだが、皆がゼノンを憎んでいたため無視してそのまま葬ったと言う

116: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:55:45 ID:AWNdPZYNP

春秋戦国の王様の名前の付け方

文王:すごくいい王様だった
武王:すごくいい王様だった

幽王:だめだこりゅ

厲王:残酷な王

こんなかんじソースは小説

117: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:56:25 ID:2xdh2WeR0
>>116
宮城谷w

118: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:56:38 ID:4curqWsZ0
やたらカッコイイイメージのある西洋の騎士。

しかし身を包むフルプレートの甲冑は脱ぐのにえらく時間がかかった。
そのため糞尿は甲冑をつけたままし、その上から水で洗浄するだけだった。

そのため、西洋の優雅や気品のあるイメージとは裏腹に街はとてつもなく臭かった。
ちなみに香水は身に付いたその糞尿の臭いを消すために生まれた。

120: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:57:22 ID:Hb3cHN3Y0
モーツァルトは「俺の尻をなめろ」という曲を作ったことがある

スポンサーリンク

121: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:57:52 ID:jX2gcTPV0
東京裁判で日本の無罪を主張し続けた判事がいる
東京裁判における主張

パールは「裁判の方向性が予め決定づけられており、判決ありきの茶番劇である」との主旨でこの裁判そのものを批判し、被告の全員無罪を主張した。“裁判憲章の平和に対する罪、人道に対する罪は事後法であり、国際法上、日本を有罪であるとする根拠自体が成立しない”という判断によるものである。
なお、「パール判事は親日家故に日本に有利な主張をした」「反白人のため、欧米に不利な主張をした」という説は事実誤認であり、自身も強くこれを否定している。事実、パールは意見書の中で、残虐行為などについても、敗戦国の日本やドイツ、戦勝国のアメリカに分け隔てなく批判的見解を述べ、一方の政策への個人的見解を前提とした恣意を強く戒めている。パール判決書は、裁判官として「東京裁判において、日本を裁く法的地位は存在しない」他、日本を裁く法的根拠は無いという判断であり、パールの主観的な道義的判断や政治的、宗教的思想を主題とした物ではない。また、パールの長男は「(パールは)国際法の専門家として東京裁判を批判しただけであり、日本を擁護することを考えていたわけではない」と2007年に語った[10]。

122: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 00:59:03 ID:ABWynkOi0
日本の無条件降伏と原爆には何の因果関係もない

当時の日本は敗戦がほぼ決定していて、講和(条件付き降伏)の道を探していた
日本の首脳部が求める一番の条件は天皇制の維持で、そのためには当時日本にとって中立国だったソ連の仲介を求めるしかなかった

このまま戦況が悪化して本土決戦になると民衆革命が起きる可能性があるので時間的猶予もなく、ソ連との外交交渉に励んでいた
そんな状況の8月9日にソ連が連合国側として日本に宣戦布告し外交交渉が不可能になり、民衆革命が起きる前に天皇制が残る可能性のある無条件降伏を選んだという訳

ちなみに原爆投下は「都市に原爆落としたらどーなんの?」というアメリカの単なる実験(だから2種類落としている)

124: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:00:13 ID:oTbxpn200

古代ギリシアの都市国家のひとつ、テーバイの軍にはホモカップルで編成された部隊があった。

132: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:02:29 ID:3IeMu6uP0
>>124
神聖隊な

かなり強かったみたいだな
恋人を守るためにお互い必死で戦うんだとか

http://ja.wikipedia.org/wiki/神聖隊
神聖隊は、紀元前378年にゴルギダスによって結成された古代ギリシア・テーバイ(テーベ)の精鋭歩兵部隊である。
レウクトラの戦い等で活躍し、紀元前4世紀のテーバイのギリシア覇権確立に大いに貢献したこの部隊は、150組300名の男性の恋人同士によって編成されていたという。

125: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:00:13 ID:Hb3cHN3Y0
小便小僧がおしっこしているのは、爆弾の導火線の火を消すため

127: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:00:28 ID:3IeMu6uP0
世界で2番目に人を処刑してと言われているフランス革命時代の処刑人、シャルル・アンリ・サンソンは熱心な死刑廃止論者だった

ちなみに、この人の親父は7歳で処刑人になっている

このサンソン家っていうのは、独自の医療技術を持っていて、当時としてはかなり高い治療が出来たらしい

129: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:01:54 ID:TkudCDNi0
昔は、床屋と医者は同じだった。
とこやの赤、蒼、白はそれぞれ、血、静脈、包帯を表している。

136: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:05:20 ID:w3HUS9DO0
>>129
グリム童話とかアンデルセン童話とかだと怪我したら床屋につれて行ってるな
医者って言っても外科で薬屋とかは別にあったけど

137: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:06:25 ID:TkudCDNi0
弁慶の立ち往生は医学的にありえる。
死後硬直という現象が原因。激しい運動で、乳酸がたまり死後硬直が急速に起こるため。

>>136
そうそう…。なんか床屋が少し怖くなったお。

スポンサーリンク

131: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:02:14 ID:w3HUS9DO0
第二次世界大戦中日本はドイツよりも原爆の研究が進んでいた

もちろんアメリカはこのことを知らず終戦後京大にサイクロトロンがあるのを知って
日本の原爆資料を全て処分した

もちろん日本は物資不足と技術不足で原爆は作れそうに無かったがアメリカの原爆が不発だったら作成の可能性はあったかもしれない
実際原爆投下直後に日本の調査団は新型爆弾を原子爆弾と特定した

152: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:11:15 ID:hF6wxUuF0
>>131
中曽根ですら原爆の光を見て原爆だってわかったっていってるし
存在はメジャーだったんだろ

134: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:04:06 ID:AWNdPZYNP
隋が南朝陳を倒したとき

陳の皇帝は井戸の中で女と一緒に紐で結ばれ隠れていた

ひきずりだされた

135: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:05:01 ID:Hb3cHN3Y0
フィリップ四世は生涯下半身に衣服を身につけなかった

142: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:08:01 ID:3IeMu6uP0
>>135
マジか
kwsk

このフィリップ4世がテンプル騎士団を異端として一斉検挙した日が13日の金曜日だったから、
欧米では13日の金曜日は不吉な日とされているらしい

161: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:18:00 ID:Hb3cHN3Y0
>>142
すまん詳しい事は聞かなかったんだ

138: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:06:39 ID:Hb3cHN3Y0
フランス国王は新婚初夜を貴族の皆様立ち会いのもとで行う

139: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:06:45 ID:jX2gcTPV0
遣唐使船は当時まだ偏西風の存在を知らなかったらしく
3日で着いたり1ヶ月以上かかったり一か八かの航海だった

145: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:09:12 ID:ABWynkOi0
>>139
逆に元寇は常に偏西風に乗って日本に来たので、何度来たとしてもそのうち台風で全滅した(最近の天気図みれば分かるはず)

156: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:15:13 ID:hF6wxUuF0
>>145
モンゴルは日本に上陸した上で負けたらしいよ
馬がないから弱かったって

162: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:18:34 ID:ABWynkOi0
>>156
まぁあれは実質中国人と韓国人の軍隊だからな
後の倭寇によるフルボッコ考えたらよわいだろ

140: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:07:03 ID:zvfmh+nP0
アリアハンの王は50G与えることで若者を戦場に繰り出し続けた。
ドラゴンクエストIII
ドラゴンクエストIII [Video Game]
エニックス
1988-02-10

141: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:07:05 ID:dXruL/x+0
将棋の原型は戦国時代から存在していて、戦略に用いられた

143: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:08:17 ID:TkudCDNi0
>>141
因みに将棋には中将棋など様々なバリエーションがあり、今の将棋は一番ライト。
一番大きい奴はエグイ。

スポンサーリンク

144: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:09:10 ID:Hb3cHN3Y0
ハンカチを正方形にしたのはマリー・アントワネット

151: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:10:47 ID:TkudCDNi0
>>144
逆にそれまで何型だったんだってばよ。

161: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:18:00 ID:Hb3cHN3Y0
>>151
千差万別だったそうだよ
何でもその方がお洒落に見えるからって

165: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:20:07 ID:TkudCDNi0
>>161
へー昔っから四角だと思ってた。

149: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:10:00 ID:AWNdPZYNP
ロベスピエールはピストルで顎が砕かれたいたので
顔の下部分を覆ってギロチンにかけられた

150: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:10:12 ID:L4N2XFiQ0
ヴァイキングは新しく発見した島をアイスランドと名付けたが
寒そうな名前のせいで植民者が中々集まらなかった
だから次に発見した島をグリーンランドと名付けた

154: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:14:04 ID:AWNdPZYNP
ルイ16世は太っていて

ギロチンで首を斬るために何人かが刃にのってようやくちょんぱした

って話をきいたんだが都市伝説か・・・

164: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:19:05 ID:w3HUS9DO0
>>154
経済政策で自分の肖像画の紙幣を大量に作ったことで逃走中に農民に捕まって自身が改良を指示したギロチンで綺麗に露と消えたっていう何とも皮肉な最後

歴史のこういう皮肉って好きだな

157: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:15:23 ID:3IeMu6uP0
ロシア皇帝ピョートル3世は妻の近衛兵に暗殺された

この時、公の発表では、痔の激しい痛みで発作死したと発表されたらしい(´・ω・) カワイソス

たしかこの人世界三大恐妻家の一人だったと思う

158: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:15:53 ID:ABWynkOi0
ベンツのマークはナチスドイツの下で戦車を作ってた時の照準のなごり

159: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:16:49 ID:TkudCDNi0
自動車事故は、自動車が発明されたその日に起きた。
当時は運転がめちゃくちゃ難しくて、歩いたほうが早かったらしい。

166: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:22:40 ID:L4N2XFiQ0
>>159
自動車会社の人が売った相手にまず運転の仕方を教えてたらしいね
当時は教習所なんてないし

160: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:17:44 ID:BflS0SGO0

フン族の王アッチラは結婚初夜に鼻血の出しすぎで死んだ

167: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:22:44 ID:AWNdPZYNP
シベリアの語源

シビル・ハン国(モンゴル帝国の末裔)から

168: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:23:01 ID:Hb3cHN3Y0
三国同盟締結は何でもドイツの若いメイドさんに駐独の日本武官が骨抜きにされたからとか

スポンサーリンク

169: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:24:54 ID:Hb3cHN3Y0
ルイ14世は世界で初めて痔の手術をした

171: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:26:44 ID:XcQKLxJ/0
マゼランは世界一周してない。
戦士ラプラプに殺されている。

175: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:28:14 ID:3IeMu6uP0
>>171
原住民だと舐めてかかったらボコボコにされたんだっけ?

172: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:26:50 ID:gzTQVuW20
なぜアメリカにコロンブスの名前が
ついていないのか。彼が最初に見つけた
土地なのになぜでしょう?

考えたことがありますか?

コロンブスはインドを目指して航行していました。彼は最初についた大陸をインドと勘違いしたのです。
その勘違いにも気づかず彼はアメリカ大陸にいた人間をインディアンとまで呼んでいます。
ではなぜアメリカという名前がついてしまったのか。
それは彼の死後、そこにたどり着いたアメリゴ・ヴェスプッチからとられた名前であるからです。
コロンブスが最初にたどりついたことを知った者は彼に敬意を払ってコロンビアに彼の名前をつけました。

174: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:28:03 ID:TkudCDNi0
>>172
そんな感じで、大阪にも淡路という地名がある。
そこは天武天皇が、淡路島と間違えたため、淡路という地名になった。

194: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:44:50 ID:5habuao1O
>>172へぇ初めて知った

コロンブスの名前をつけたのはセントクリストファー・ネイビスの方だと思い込んでた

173: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:27:32 ID:BflS0SGO0
マンハッタンの地名の意味はネイティブアメリカンの言葉で泥酔

白人がネイティブアメリカンのリーダーを泥酔させて交渉を有利に進め
リーダーが「マンハッタン(泥酔)だったから契約無効」と訴えたのを地名を教えられたのと勘違いした

178: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:31:03 ID:Hb3cHN3Y0
フランスは500万くらいで日本から日の丸を買おうとした

179: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:31:54 ID:TkudCDNi0
>>178
やっすい日の丸だねw

日本は初めて、円だけの国旗。

180: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:32:20 ID:AWNdPZYNP
イギリスはネパール侵略の時、ネパール兵(グルカ兵)の強さに目をつけ今でも雇っている

181: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:32:49 ID:Hb3cHN3Y0
ナチスは蔑称
正式にはNSDAP

182: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:33:33 ID:BflS0SGO0
南米には「神が肌の白い人となり地上に現れる」というような言い伝えがあり
初めてコンキスタドーレスを見たとき神と勘違いして無防備に近づいて行った

188: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:38:06 ID:3IeMu6uP0
中国の清王朝の義和団事件で各国の大使館に暴徒が襲いかかった時、籠城戦では日本人が指揮を執ったんだって

この指揮を執った柴五郎っていう人は、事件後に各国政府から勲章をもらったらしい

この柴五郎を含めた日本人の義和団事件での活躍が日英同盟のきっかけになったんだと
柴五郎
義和団の乱の防衛戦で賞賛を受け、欧米各国からも勲章授与が相継ぎ、『タイムズ』の記者ジョージ・アーネスト・モリソンの報道も相俟ってリュウトナンコロネル・シバ(柴中佐の意)は欧米で広く知られる最初の日本人となった。

スポンサーリンク

192: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:41:58 ID:w3HUS9DO0
>>188
義和団事件と言えば8カ国連合の集合写真で日本人がめちゃくちゃ小さいけど
あれは写真を撮ると言われて日本人は平均的な人を撮影に行かせたから
他の国は当然国の威信にかかわることなのでできるだけ強く見せるため
背が高くてごつい奴を撮影に使った

204: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:50:35 ID:3IeMu6uP0
>>192
へぇ、日本人は昔からマジメだったんだな

193: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:42:10 ID:Hb3cHN3Y0
第二次世界大戦でドイツ陸軍には、戦車30台にたった一人で戦いを挑み勝利した男がいた

204: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:50:35 ID:3IeMu6uP0
>>193
バルクマンか?
バルクマンコーナーってかっけぇよな

ナチスドイツ軍は人外多いよな
閣下とか黒い悪魔とかヴィレル・ボカージュの虎戦車とか

200: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:48:59 ID:TkudCDNi0
ネコが買われ始めたのは、言うまでもなく、ねずみを食べるから。

203: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:50:31 ID:emkYUhmi0
東郷平八郎がロシアに留学して、うまいボルシチを食べたらしい
で、日本に戻り再現してもらおうとコックに頼んで完成したのが日本初の肉じゃが

207: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:51:30 ID:TkudCDNi0
>>203
というか、失敗らしい。

日本で始めて食べられたカレーに入っていた肉はカエル。

205: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:50:43 ID:Hb3cHN3Y0
キング牧師には愛人が数名いた

206: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:50:45 ID:fZNKDxhi0
何か詰まらんスレだな
どっかで見たようなのばかり

213: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 01:55:06 ID:w3HUS9DO0
>>206
見聞広いな
まだ出てないのどんどん出してくれよ

215: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:04:40 ID:Hb3cHN3Y0
日米間での記念すべき初めての衛生中継によるニュース第一報は「ケネディ暗殺」

216: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:04:55 ID:BflS0SGO0
旧約聖書の禁断の果実はリンゴではなくアンズという説がある

流石に世界史の範囲じゃないか

219: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:12:22 ID:mgYjtz3S0
ルイ14世の即位が1643年、1715年に死亡、1661年に親政開始、1713年にユトレヒト条約、数字を足すと全部14

220: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:12:40 ID:Hb3cHN3Y0
リンカーン暗殺は何というか、運命的

221: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:14:39 ID:TkudCDNi0
>>220
リンカーンとケネディは驚くほど共通点があるよね。
執事、誕生日、日にち…

何かあるね。

229: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:23:50 ID:Hb3cHN3Y0
>>221
へぇーすげー!

自分が知る範囲では、リンカーンの長男が馬車に跳ねられそうになってた青年を助けて、その青年の弟がリンカーンを殺したって話

スポンサーリンク

しクリスマス休戦は第一次世界大

223: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:17:40 ID:Hb3cHN3Y0
暗殺者を意味する「アサシン」
これは暗殺教団の蔑称

230: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:25:14 ID:3IeMu6uP0
めっちゃどうでもいいことだけど、

イギリス正教の生みの親、ヘンリ8世はチンコでかかった

252: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:50:56 ID:ElZ00SZa0
>>230
おまえのレス突っ込みどころ大杉
ちっとは本読めよ、wikiとか参考にせずにwwwwwwww

254: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:53:10 ID:3IeMu6uP0
>>252
さーせんwww
本読むの苦手なんすよwwww

257: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:54:56 ID:ElZ00SZa0
>>254
ゆとりが勘違いするからどや顔で妄想書くなwwwwwwww

232: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:27:08 ID:TkudCDNi0
どうして下ネタスレになったんだ…orz

日本の公用語が英語になりそうな時期があった。

244: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:46:49 ID:3IeMu6uP0
>>232
なんかゴメン…

チンコっていったら、圧倒的に有名なのはロシア帝国の怪僧ラスプーチンだよな
毒を盛っても銃で撃っても死ななかった彼のペニスの大きさは30センチくらいあるらしい

そのチンコは消息を絶っては、イギリスとかフランスとか突拍子もない所で発見されていたらしいよ
この前ロシアで展示されたやつも本物かどうか証明されてはいないんだって

233: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:27:35 ID:Hb3cHN3Y0
ベトナム戦争の英雄ボー・グエン・ザップ
数々の敵を倒してきた彼が倒せなかったのは「ドラエモン」

http://ja.wikipedia.org/wiki/ヴォー・グエン・ザップ
ヴォー・グエン・ザップは、ベトナムの軍人、政治家。
優れた軍事戦術家であったザップは、フランスの植民地支配からベトナムを解放し、
ベトナム人民軍の指導者としてアメリカ軍及び南ベトナム軍との戦いを指揮し、ベトナムを再統一する大きな原動力となった。
その名采配から、「赤いナポレオン」と呼ばれた。

246: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:47:28 ID:4bjpdRPp0
>>233
孫がドラえもんに夢中で構ってくれないのか…

243: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:46:02 ID:Hb3cHN3Y0

第一次世界大戦中、クリスマスを両軍一緒に祝いあった

245: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:46:54 ID:TkudCDNi0

>>243
エエ話や(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
クリスマス休戦とは、第一次世界大戦時にドイツ軍とイギリス軍が12月24日にクリスマスを祝うために一時停戦したというもの。
ただしクリスマス休戦は第一次世界大戦の公式の記録に残っていない。

スポンサーリンク

248: army 2011/09/20 02:49:24 ID:C3oA0X840
火縄銃の火薬の原料はおしっこ

250: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:50:12 ID:TkudCDNi0
>>248
黒色火薬だね。アレは煙が凄いからなくなったらしい。

249: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:50:06 ID:mFXHMdGA0
戦前は東京から朝鮮半島-満鉄-シベリア鉄道と経由していくと、2週間かけてパリまで鉄道で行けた。

255: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:54:34 ID:BflS0SGO0
チャイナドレスの発祥は漢族ではなく満州族

259: army 2011/09/20 02:56:44 ID:C3oA0X840
日中戦争で戦ったのは今の共産党の中国ではなく、現在台湾の国民党

260: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:59:20 ID:Hb3cHN3Y0
古代ゲルマン民族には、童貞を捨てるのが遅ければ遅いほどいいとされた民族がいた

261: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 02:59:42 ID:XBsStUnL0
リンカーンの人民の人民による人民のための政治。

原文において人民はthe people、つまりtheが付いていることから
リンカーンははじめから「人民」を特定の人々(白人?WASP?)に限定していた、という人もいる。

262: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:00:41 ID:yBCwwvUF0
武蔵坊弁慶はおおむね架空の人物
正式な歴史書には一箇所しか記述がない
彼の武勇伝は他の僧兵の武勇伝や三国志演義などの登場人物の逸話を混合して創作されたもの

263: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:00:59 ID:Hb3cHN3Y0
仏教における「悟り」とは、要するにチンコとの戦いである

264: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:02:47 ID:dGfzANvS0
>>263
悟りの段階段階って超サイヤ人の段階段階に似てるらしいな

265: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:03:04 ID:yBCwwvUF0
リンカーンはプロレスラーだった
正式に言えばプロレスの原型になる賭けレスリングの選手

266: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:03:06 ID:Hb3cHN3Y0
イギリスではトップレスのドレスが流行ったことがある

クレタ文明も胸出しがデフォだった

267: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:05:40 ID:BflS0SGO0
レーニンの死亡はスターリンによる毒殺説がある

268: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:05:44 ID:yBCwwvUF0
中国では人肉食はそう珍しいことではなく宋の時代には普通に肉屋で吊るしで売っていた
清の時代にも宮廷料理として赤ん坊の料理がメニューにあった

272: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:08:13 ID:ddwPbHxnO

一休さんは淫乱住職だった

スポンサーリンク

275: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:11:03 ID:yBCwwvUF0
騎士は戦場で殺されることはあまりなかった
捕縛して身代金をせしめるのが一般的
騎士の紋章は自分がどこの誰かを証明するためのものである意味保険でもあった

277: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:12:22 ID:Hb3cHN3Y0
世界で最もありふれた地名は「ワシントン」
日本でいう佐藤、鈴木あたり

278: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:13:47 ID:dGfzANvS0
>>277
地名なのか苗字なのか

281: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:14:37 ID:yBCwwvUF0
昔の日本史の教科書に載っていた偉人の肖像画の多くが別人のものであると判明している
この辺りは昔の恐竜図鑑に載っていた恐竜が実在しないものだったことに似ている

283: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:18:04 ID:cOtUDQX1O
プラトンってもともとはホモのレスラーだったらしい
だからプラトニックラブって実は同性愛をさす

284: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:18:07 ID:Hb3cHN3Y0
ロダンの「考える人」は地獄について考えている

323: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 05:14:31 ID:JMmWhvGw0

>>284
地獄についてというより、地獄に来た人を眺めて「こいつら何で地獄に来たん?」って考えてるって聞いた

「罪人と非クリスチャンは地獄に行くよ!!でもキリスト教なら大丈夫!!」と言って信者を増やしていったキリスト教
「じゃあ、キリスト教成立以前の偉人とか、拡大した先にいて改宗する前に死んじゃった偉人はどうなのよ?地獄に行ったとか言ったらファンが怒るよ?」
という話になり、「偉人がいたら箔がつくし、熱狂的なファンって怖いよね!!」ということで煉獄という概念ができた

※カッコ内はイメージです

285: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:20:06 ID:BflS0SGO0
パスツールの白鳥フラスコ実験は雑菌の原料に藁を使っていたら失敗していた可能性が高かった

287: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:22:06 ID:yBCwwvUF0
ラスプーチンは別に怪僧でも何でもないただの田舎の祈祷師だった

粗野ではあったが好漢だったため皇帝一家に重用されていたが政治に介入することはほとんどなかった
憎まれたのは胡散臭い存在だったために市民の攻撃の的になりやすかったため

そのラスプーチン暗殺の主犯格は皇帝一族の縁戚だったが事件の罪を問われて放逐された
しかしその結果ロシア革命に巻き込まれることなく安穏とした一生を終えた

289: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:24:01 ID:Hb3cHN3Y0
アウシュビッツの医師メンゲレはユダヤ人の妊婦達を衛生的に保ち、無事出産させ、その後、ガス室へ母子ともにいれた

294: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:32:06 ID:dXruL/x+0
>>289
なにそれ怖い

290: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:25:41 ID:v/xAb5y30
古代ギリシャでは戦争が終わると敗戦国の女は奴隷民から王女共々奴隷にされた

292: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:31:05 ID:fNMtNZxk0
貞操帯は、十字軍の兵士が自分が遠征に行ってる間妻が不倫しないように、
あるいはレイプされないようにとつけさせたのが始まり

295: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:33:13 ID:Hb3cHN3Y0
テディベアはルーズベルトが狩りの際、熊を助けたエピソードから作られた

296: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:35:48 ID:yBCwwvUF0
ロードス島戦記は実在のロードス島とは無関係
というか水野良はロードス島という島が実在することを後で知った

スポンサーリンク

297: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:36:05 ID:Hb3cHN3Y0
オランダにはスケベニンゲンという都市がある
しかもそこには、ヌーディストビーチもある

※「お休み」はドイツ語で「Scheveningen」

299: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:40:34 ID:yBCwwvUF0
スケベニンゲンもエロマンガ島も今の教科書、地図帳では違う表記に直されてるらしいね
スヘフェニンゲンとイロマンゴ島だっけ

300: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:48:00 ID:fNMtNZxk0
真珠湾攻撃は日本が奇襲をかけたという事になっているが、
本当は外交官の手違いで宣戦布告するのが遅れてしまった。
という事になっているが、実はアメリカは日本が真珠湾を攻撃するつもりだった事をとっくに知っていた。
それを裏づける当時の公文書もとっくに見つかっている

301: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:51:27 ID:yBCwwvUF0
真珠湾攻撃と9.11テロの類似性は各所で指摘されているね

304: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 04:05:44 ID:fNMtNZxk0
イギリスのチャーチル歩兵戦車は、第二次大戦中レンドリース法によりソ連に貸し出されそこそこ活躍したが、
ソ連は戦後その事実を伏せ自国製戦車が配備されていたかのように記録を偽った。
理由は、冷戦で敵対していたイギリスの首相の名前がついた戦車が活躍していた、
というのは不名誉だったから

302: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:53:42 ID:h4tQFsZF0

ドン・キホーテの作者セルバンテスの人生はドン・キホーテ並に波乱万丈

レパントの海戦で左腕に銃弾を受けて「片腕男」の異名をとり、更にイスラム勢力の海賊の捕虜となる
この時、他のキリスト教徒を先導して数回の脱出を図るも悉く失敗するが何故か処刑はされず
キリスト教の慈善団体の尽力によってなんとか本国に帰還するも、捕虜になっていた期間が長すぎたため失職
その後、6人家族中自分以外の5人が女、しかも尻軽というエロゲばりの生活を送る(本人はうんざりしていたらしい)
苦労しつつ軍の後方事務の仕事を得たはいいものの、仕事ぶりが荒っぽかったために投獄された上、
斜陽のスペイン帝国下にあってリストラされる
また苦労を重ねてお次は徴税役人の仕事を得るが、手違い?によって再び投獄される

このボロボロの状況で書いたのが「ドン・キホーテ」
これがベストセラーになって各国で翻訳されるまでになったものの、版権を二束三文で売っていたために自身は相変わらず貧乏なまま
最後まで気苦労の絶えないまま、ドン・キホーテの後編を書き終えた翌年の1616年4月23日に息を引き取った

307: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 04:12:17 ID:h4tQFsZF0
古代ギリシャでとある男が死刑に処された
彼は元は勇敢な重装歩兵であり、敗走する友軍の殿を務めたほどだった
親友であり、恋人であったアルキビアデス(♂)とは命を賭して互いの危機を救ったこともあった
しかし、その勇胆さが祟ったか、市民と話をしては人々の無知や奢りを躊躇せず指摘して回るようになった
やがて、矜持を傷つけられた市民達は彼を疎んで法廷へ引きずり出し、死刑に処した

誰あろう、この男こそソクラテスである

309: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 04:18:45 ID:n/sXngOo0
作曲家のメンデルスゾーンは美形で名門一家の生まれで音楽と絵画の才能に恵まれ、更に4ヶ国語以上を話せる天才だった。
彼は多くの名曲を残すとともに、指揮者という職業を創設し、当時忘れ去られていた作曲家であったバッハの音楽を復活させた。
ちなみに彼の人種はユダヤ人に分類される。納得である。

310: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 04:26:00 ID:n/sXngOo0
ビサンツ帝国はオスマン帝国包囲のさなか城門の鍵をかけわすれているのを気付かれて滅亡

スポンサーリンク

311: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 04:27:36 ID:h4tQFsZF0
阿片戦争はイギリスが中国を薬漬けにしたように思われがちだが、当のイギリスからして阿片にどっぷり漬かっていた
当時は阿片の危険性についての認識が不足しており、ちょっとした睡眠薬程度の感覚で乱用されていた
救貧政策などで酒類は人を凶暴化させる悪徳として知られていたが、阿片は無気力化させるため害悪としての認識が遅れたのである
上層階級でも嗜む者は珍しくなかったし、下層階級では大人はもちろんのこと、騒がしい幼児にまで投与していた

314: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 04:47:45 ID:w3HUS9DO0

>>311
コカ・コーラにはコカインが入ってたとか
某名探偵もコカインやってたとか
20世紀入るまでは結構ゆるかったんだよな

313: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 04:44:31 ID:h4tQFsZF0
第二次世界大戦末期、ドイツ軍最後の反攻作戦ラインの守りでアルデンヌは敵味方入り乱れる混乱状態となった
この時、「欧州で最も危険な男」ことオットー・スコルツェニーが率いる一隊は米軍に変装し、連合軍の勢力圏内に潜入して数々の工作任務に従事した
もっとも、大勢が決している段階での工作任務に大した意味はなく、直接的な効果はほとんど皆無だった
だが、連合軍はこれに恐慌状態を起こした
噂が噂を呼んで次第にこの変装部隊の企みが誇大妄想化していき、やがて欧州連合軍総司令官アイゼンハワーの暗殺まで心配されるようになったのだ
周囲はアイゼンハワーを半要塞化された司令部に半ば無理矢理軟禁し、戦線の至る所で検問所が設けられた
といっても訓練された工作員を見破るのは難しく、結局、アメリカの流行や習慣について質問するという雑談のような検問が始まった
後方の暇な検問所の兵士達はこれを良い暇つぶしとばかりに、高級将官が引っかかると警戒にかこつけて次々にからかっていたという

315: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 04:50:57 ID:cjSsPBs20
ちょっと歴史と方向が違うかもしれないけど
葉巻好きの間では有名な話

葉巻っていうとダントツでキューバ産なんだけども
その中にアップマンっていう葉巻(メーカー)があって
これがジョン・F・ケネディの大好きな葉巻で
キューバ危機の際CIAを派遣して確保させたっていう逸話がある
その時間を稼ぐ為に国交断絶する時のスピーチを長引かせた

ちなみに今もキューバ産の葉巻は米国内に持ち込み・所持ともにAUTO

318: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 05:01:33 ID:n/sXngOo0

三世紀のローマ帝国では、政争が絶えないため国が混乱に陥り、当時流通していた銀貨の銀含有率はたったの5パーセントだった
銀の含有率で国の衰退が伺える

322: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 05:11:15 ID:h4tQFsZF0
イギリスにジャック・チャーチルという男がいた

危険と長弓とバグパイプを愛するこの男、コマンドー部隊の黎明期を飾る英国の英雄なのだが二つ名は「気違い」である

何故かといえばその行動が他人からはおよそ理解しがたいものだったからだ
彼はフランス戦線において独軍のパトロール部隊を待ちぶせした際、何故か「長弓」によって攻撃を行い、英軍による公式な記録に唯一「長弓によって戦果を挙げた男」として記録されることになった

その後、ダンケルク撤退を経て本国へ帰還した彼は「危険だという噂」を理由にコマンドー部隊へ志願する
このコマンドー部隊において彼の才能は開花した

バグパイプを演奏しながらの突撃
クレイモア(両手剣、地雷にあらず)、ロングボウ、バグパイプを携えての攻撃により42人の捕虜を獲得
敵軍の砲撃伴奏付きバグパイプ演奏会
独軍捕虜収容所から150キロを走り抜いての逃走劇

終戦に際してのコメント:あのアメリカ人どもが仕事をしなけりゃあと10年は戦争に不自由しなかったのに
など、数々の気違い沙汰をやってのけた
戦後も第一次中東戦争で多数のアラブ民兵とわたりあうなど武勇伝は衰えを見せず、やがて教官として後進の育成に尽くした

おそらく最大の被害者は敵ではなく無茶振りに付き合わされた彼の部下達だっただろう

330: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 07:07:23 ID:XBsStUnL0
近代以降ヨーロッパの外交政策の主題は絶対にロシアを地中海に出さないというものだった。
いわゆる南下政策の防止。これはWW2後においても同様でその役割をアメリカが引き継いだ。
それがギリシア、トルコに対する支援である。この2国が共産化させないことが至上命題だったのである。

286: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:21:40 ID:Hb3cHN3Y0
ケネディはお医者さんごっこが好きだった。それも患者役

298: 以下、VIPがお送りします 2011/09/20 03:36:46 ID:WgeBVHXK0
>>286
…玄人だな。

転載元:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1316442147/

関連記事 一覧

-名作・神スレ

© 2021 サンブログ