2chスレ・読み物

【悲報】ワイ、怪談新耳袋を見たことで眠れない

スポンサーリンク

映像版:新耳袋の話

【悲報】ワイ、怪談新耳袋を見たことで眠れない

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:54:51.85 ID:BdTF4JZY0.net
電気消せない
怖くて風呂入れない

最悪や

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:55:28.33 ID:BdTF4JZY0.net
怖いから構ってくれや

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:55:41.48 ID:8VFiRhFa0.net
家のドアに気をつけるんやで

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:55:54.75 ID:BdTF4JZY0.net
>>3
やめーや

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:56:56.92 ID:VvnknDsy0.net
ハラデイ

10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:57:53.97 ID:BdTF4JZY0.net
>>8
修学旅行とかいうやつ

12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:58:18.53 ID:S/rZOiN+0.net
お前ん家の押入れさあ
いや怖がってるしやめとくわ

14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:59:00.71 ID:BdTF4JZY0.net
あのビビらすのはホンマにやめてくれや
楽しいこと話そうや

15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:59:14.70 ID:Gr6kTLMT0.net
布団の中におるで

20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 00:59:47.56 ID:BdTF4JZY0.net
>>15
布団めくれまくってるからセーフ

23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:00:00.50 ID:/L5CTPlz0.net
庭とか訪問者ヤバいな
怖ければ多少創作臭くてもええわ

25: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:00:46.29 ID:2lC7t43D0.net
こういう話してると寄ってくるんやで
ワイのとこにもお前のとこにも
やってくるんや
絶対に
確実に

26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:00:59.58 ID:BdTF4JZY0.net
ちょっと落ち着いてきたけど部屋から出るのがほんま怖いわ

今から風呂入るとかワイ無理やで

31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:01:44.48 ID:PNCkMffl0.net
大量のオッサンが指差して叫んでくるやつが
ギャグっぽいけど怖い

48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:06:36.23 ID:du0OtykU0.net
>>31
くわしく

73: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:11:51.86 ID:8XF4AvFG0.net
>>48
ついてくるやで

32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:02:09.77 ID:8VFiRhFa0.net
USOジャパンとか見てビビって眠れなくなったンゴねぇ…

スポンサーリンク

33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:02:15.19 ID:kBIln98g0.net
おれはこの現実から逃避したくて部屋にいるときも一人で車乗ってる時も絶えず出てこい出てこい思ってるわ

35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:02:42.20 ID:BdTF4JZY0.net
>>33
闇深そう

34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:02:21.76 ID:BdTF4JZY0.net
風呂入ってる時に怖い話思い出したら目開けれなくなるよな

37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:03:26.95 ID:8VFiRhFa0.net
仄暗い水の底からとか見たら風呂に入れない

created by Rinker
¥216 (2024/04/19 16:00:28時点 Amazon調べ-詳細)

38: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:03:45.52 ID:BdTF4JZY0.net
>>37
そんな怖いんか?

44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:05:18.32 ID:BdTF4JZY0.net
>>37少し調べたけどアカンわ
過敏になってるから画像見ただけでアカン

46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:05:27.72 ID:A5onrrWqM.net
3人来るよ
のやつ大好き

49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:06:35.64 ID:BdTF4JZY0.net
なんで怖いの大嫌いやのに見てまうんやろ

50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:06:59.66 ID:VJ1wM0fv0.net
呪怨の布団の中に入ってくる悪霊大好き
安心できる場所なんてないんやで

57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:07:59.62 ID:MxbWlXRM0.net
>>50
あれはまじでゆるさんぞ

61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:08:56.04 ID:BdTF4JZY0.net
>>50
あれホンマ怖かった
呪怨はガチ泣きしたわ

53: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:07:36.27 ID:A5onrrWqM.net
ホラーとギャグは紙一重やからな

63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:09:12.39 ID:1jjTSDV90.net
>>53
呪怨やり過ぎなシーンとかたまに笑えるもんな

55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:07:44.17 ID:QJ9jWVyIa.net
オルゴール鳴らすと2階から凄まじい勢いで何かが降りてくるやつって耳袋だっけ

95: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:16:08.92 ID:VRa1HZqCr.net
>>55
あれ始めて観たときクッソ怖かったわ

100: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:17:14.71 ID:p3x+XIYu0.net
>>55
うん

65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:10:21.17 ID:BdTF4JZY0.net
ほん怖とかもヤバいやつたまにあるよな

押尾学?のやつとか赤い服の女がずっとインターホン鳴らしてる奴とか

77: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:13:10.29 ID:h6mI5CaO0.net
オススメのホラー映画なんかない?

80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:13:49.14 ID:VJ1wM0fv0.net
>>77
好みは分かれるけどジェイコブス・ラダー

84: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:14:22.24 ID:ZHbjUX86K.net
なんJ民は呪怨は笑えるとか言うけど、普通に怖いんだよなぁ…

89: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:15:24.10 ID:BdTF4JZY0.net
>>84
ぐうわかる
リアルに夜寝られへん

86: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:14:34.63 ID:V6aIupwX0.net
幽霊マンションて映画見てみ
久しぶりに怖いホラーに出会ったわ

111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:19:41.77 ID:MmBp3ajf0.net
オルゴールの解説よろしくたのむで

127: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:22:15.89 ID:izF1f0g+0.net
>>111
なんか面白いオルゴール手に入れたで一緒に聞いてくれって教え子呼んだら
そのオルゴール流す程に誰もいない筈の2階からなんか降りてくるって感じ、しかも途中からオルゴールが勝手になりだして無理やり止めないと流れ続ける

137: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:23:20.88 ID:MmBp3ajf0.net
>>127
こわそう
どうなるの

154: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:25:53.98 ID:izF1f0g+0.net
>>137
最後はオルゴール落として高速で流れ出すとアアアアアアァ!って声と共に凄い勢いで2階から降りてきたなんかが主人公達に突っ込んでラスト

133: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:22:54.99 ID:Y5yv+s2j0.net
お風呂で背後になんかいるって思うときは真上にいるんやで
ってレスを見てワイ無事死亡

138: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:23:27.15 ID:e58zp4Br0.net
ビックリ系貼らんだけなんJ民は優しいな

143: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:24:21.72 ID:S1HvVT1CM.net
>>138
湖のだんだん近づいてくる心霊写真すき

155: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:26:20.13 ID:TJTV7nl00.net
>>143
ハラスメント

194: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:33:09.12 ID:S1HvVT1CM.net
>>155
家で写真の束見つける
椅子に座って見てみる
写真は車内から湖を映したもので、人影が遠くに映っている
一枚一枚めくってくと人がだんだん近づいてくる
意を決して最後の一枚見てみたら、湖が映ってるだけ

拍子抜けして手を下ろしたら人の顔が

207: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:35:27.49 ID:MmBp3ajf0.net
>>194
こわ過ぎて草

218: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:37:27.00 ID:vHhL1pJnK.net
>>194
「湖の写真」だっけ?
あれはほんと怖い、ってかずるい
知らずに見たら心臓飛び出したわ

219: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:37:48.21 ID:BdTF4JZY0.net
>>218
なんやそれ
そんなヤバいんか

147: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:24:52.80 ID:VRa1HZqCr.net
オルゴールのやつは望遠鏡で街の景色見てたら得体の知れないキチガイが猛スピードで家に向かってくるコピペに近い怖さがある

153: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:25:50.48 ID:MmBp3ajf0.net
>>147
あのコピペこわ過ぎんよ~
オルゴールについてもっと解説して

160: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:27:12.74 ID:oJY4TF9y0.net
>>153
解説はないで
想像力で怖さを作るんやで

スポンサーリンク

162: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:27:21.43 ID:BdTF4JZY0.net
ほん怖の予知夢見るやつなんやったっけ?
森の中の湖とか止まってる古時計とか白い服の女とか

確か主演が押尾学やった気がする

182: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:31:16.57 ID:GknkaQng0.net
>>162
永井大が主人公ちゃうかったっけ?
湖の傍の別荘に友達と行って、夜中に目が覚めて女に追いかけ回されて胸元引っ掛かれるやつやろ?

189: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:32:18.40 ID:BdTF4JZY0.net
>>182
ああそれや
何年も前やけどめっちゃ怖かったわアレ

211: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:36:34.80 ID:GknkaQng0.net
>>189
ほん怖だと、最初にやる短いやつで墓地の前に女が背中向けて立ってて、通りかかった女子高生2人の内、一人が姿見えてもう一人は見えなかった
2人が先に進むと同じクラスの女子が座り込んで震えてて、その女子は同じ女を見たけど、女の背中に大きな目があって睨み付けてきたって話が印象にのこっとる

167: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:28:25.66 ID:S1HvVT1CM.net
布団にはいって夜中目を開けると天井から何かがぶら下がってる
よくみると点滴してる手
寝たきりで入院してたジッジ死亡
葬式の夜また何かぶら下がってる
よくみたら彼氏

この話こわかった

168: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:28:29.10 ID:BdTF4JZY0.net
少し楽になってきたで

172: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:29:48.68 ID:p3x+XIYu0.net
トリハダシリーズもおもしろいゾ

175: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:30:33.35 ID:sif7jv390.net
ジジイが最後に開けただろ?って詰め寄る話はどういう真相なの

184: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:31:28.04 ID:p3x+XIYu0.net
>>175
仏壇のやつかあれもなかなかやな

195: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:33:12.39 ID:qB0K/Loq0.net
これか、オルゴール

オルゴール
アイは小学校時代の恩師である、尾下の家を訪ねた。尾下は最近、変なものを買ったと言う。それは古い、手回しのオルゴールだった。音色を聴いたが、どこにも変な点がない。しかし、よく聴くと、音色に男のうめき声が混じっていた。
アイがオルゴールを回すのを止めるよう言うと、二階でバタバタと走る足音が聞こえオルゴールが勝手に回り始める。尾下が慌ててレバーを押さえると、足音も止んだ。二階に誰もいないと聞き、アイは帰ろうとする。
呼び止めようとした尾下がレバーから手を離すとやはりオルゴールが回り始めバタバタという足音が、こちらに向かってきた。

慌てて止めた時に、その足跡は階段を降りかけていた。その階段は、アイたちがいる位置からは、天井へと伸びた横面が見えるだけである。恐る恐る、目をやったが、何も見えなかった。ほっとしていると、尾下の手の中でレバーが暴れ始め、
ピン。と一音鳴り響いてしまう。
すると、ここから見える、階段の一番上の段に、青い男の足が下りてきた。
それを見て、なおさら帰ろうとするアイを呼び止めようとして、尾下はついに根尽きて、レバーから手を離してしまった。
青い男がうなり声を上げて降りてくる。。。

198: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:34:12.24 ID:BdTF4JZY0.net
>>195
怖すぎやろ

216: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:37:14.94 ID:MmBp3ajf0.net
>>195
ひぇぇえええええwwwww

196: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:33:23.95 ID:BdTF4JZY0.net
タイトル別荘ニテ待つモノやったわ

202: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:34:52.92 ID:W1rJsYqZ0.net
ヘドバンからのでんぐり返しババアも好き

232: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:40:15.30 ID:oNOG/FOa0.net
まあでもほん怖かなんかの最後に女の幽霊が後ろからしがみついて
窓ピシャッって閉める話が最恐やね

253: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:43:56.87 ID:W1rJsYqZ0.net
>>232
恐怖心理学入門とかいう話かな
あれはアサギの呪いが一番怖かったな

258: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:44:45.19 ID:p3x+XIYu0.net
>>253
アサギの呪いは名作やなあ

スポンサーリンク

252: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:43:52.81 ID:VJ1wM0fv0.net
絶対に出る人間が躓くトイレの話ってなんやったっけ

268: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:46:10.05 ID:GknkaQng0.net
>>252
ほん怖か?
「転ぶトイレ」やったかな
同僚が何も無いのにトイレの一番奥の個室の前で転んでしまうって話してたけど、
語り手は自分にはその個室の前に倒れてる女の幽霊が見えるから転ばないってやつ

280: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:49:09.64 ID:VJ1wM0fv0.net
>>268
それや
サンガツ

259: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:45:04.74 ID:PCScVX5p0.net
バスケババアの元ネタもこれやっけ?

274: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:48:18.08 ID:izF1f0g+0.net
>>259
姿見だっけな、最後のインパクト重視だった気がするけど

教師が子供の幽霊見つけたと思ったら教師が幽霊だったのは悲しい、子供の足音は響くのに教師の方は無音なのを教えられて最近気づいたわ

286: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:50:11.62 ID:sif7jv390.net
>>274
あれ用務員っぽいおっさん居なかった?

294: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:52:18.04 ID:izF1f0g+0.net
>>286
おったで、最後にトイレ逃げ込んだ子供をオッサンが見つけて子供が慌てて逃げだして
校門出る時に振り返ったら窓に教師がいてその学校はもう廃校で取り壊すってオチだった

279: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:48:56.33 ID:AIrle1000.net
多分ほん怖やけど
賃貸に引っ越したら幽霊の通り道?やったらしくて毎晩幽霊が部屋で這いずりまわってるやつ怖かったンゴ

298: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 01:53:57.22 ID:GknkaQng0.net
>>279
夜中に救急車の音がすると霊が出てきて部屋を横切る話か?

参照元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1449417291

小説版:新耳袋の話

怪談・新耳袋で一番怖い話は?

※原作のネタバレがあります。

1:本当にあった怖い名無し 2006/01/25(水) 04:32:09 ID:s/Umnxoq
いっぱいありすぎてタイトルが全然思い出せない

created by Rinker
¥574 (2024/04/19 21:25:07時点 Amazon調べ-詳細)

3:本当にあった怖い名無し 2001/04/27(金) 19:54
新耳の初版本、持ってるの恐かったんで、
神社に預けちった。ヘタレ?

『新耳袋』いわくつきの初版本

新耳袋とは
『新耳袋』は、木原浩勝+中山市朗の共著による現代怪談集。全十巻。(※第○夜とカウント。)

扶桑社から出た初版本では、100物語の体として本当に100話を収録していた
この初版本を読んだことで実際に不思議な体験をしたと云う報告が多数寄せられた。
そのため、メディアファクトリー版以降は99話までの掲載として、
表向きには百物語として成立させない編集がされている.

参照元:https://w.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/36339.html

3:本当にあった怖い名無し 2001/04/27(金) 22:47
>>2
オレも新耳全巻持ってるけど、怖いので全部
会社のロッカーに入れっぱなし。とほ。

5:本当にあった怖い名無し 2006/01/25(水) 10:07:39 ID:oBiaI8/b
「近づく」だったかなあ。
目が覚めるたびに女の霊が近寄ってくる話。
悪夢の無限スパイラルにマジでビビリました。

第21話:近づく
主演:鈴木繭菓
監督:佐々木浩久

■ストーリー
叔母が留守の間、犬の面倒を見るため泊り込んでいた主人公。だが突然、TVに家の様子が映り・・・

■解説
怖い系 ★★★
夢の中でテレビを見ているが、そのテレビには「自分がテレビを見ている姿」が映っている・・・という夢を見てはまた起きるという無限ループ。prprしてくる幽霊が怖すぎる。

■原作解説
第八夜 六十六話「近づく」
テレビのくだりはドラマオリジナルだが、それ以外は全て同じ。

https://b9life.hatenablog.com/entry/2016/05/02/110500

6:本当にあった怖い名無し 2021/08/14(土) 20:32:54.84ID:VzKnIGGl0
最初の方の頭がなんかが窓の外に落下してゆく話しが好きだな
短くでもゾワっとする系

8:本当にあった怖い名無し 2021/08/17(火) 12:06:04.09ID:B+IGzq3D0
狐が男の子に化けて、山菜採りしてるおっさんにおにぎりもらう話、バカかわいい

12:本当にあった怖い名無し 2021/08/17(火) 20:13:17.54ID:OzkfudYd0
お盆に母娘で道歩いていたら、ふとメロンの香りがする。
そういえば亡くなった父はメロンが好きだったねと、メロン買う話好き。

スポンサーリンク

16:本当にあった怖い名無し 2001/04/28(土) 17:58
私は新耳を初めて買った日、きっちりと栓がしてあったにも
かかわらず、浴槽に溜ていたお湯が、底から五センチほどに
減ってしまっていたり、白い炊飯器に黒い手形がついていたり
といったことがありまして、同様に会社に持って行き、
今でも全巻、会社のロッカーにあります。(^^ゞ

17:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 01:38
そうだねえ。私の中では
超コワ=ドラクエ
新耳袋=FF
のイメージ。後追いに今差を付けられてるって感じ。
でもドラクエ派なんだよねえ、心情的には。

10:本当にあった怖い名無し 2021/08/22(日) 11:45:43.86ID:Q1xiR3Y00
お前らは第何夜が好き?
俺は山の牧場の四夜、幽霊マンションの六夜だな

21:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 02:33
新耳第四夜の「山の牧場」
私の友人が四国のヤツなんだけど、
丸亀って所で似た様なものを見てるんだ。
廃工場なんだけど、事務所の壁にびっしりと、お札が貼られてる。
で、他の区画には何トンはあろうかって塩の山が築かれていた。
噂が人を呼んで、物好きな人が集まるようになったら
早々に取り壊されてしまったって。
「山の牧場」でも「お札」「石灰の山」なんかが出てくる。
でもその四国のヤツは「山の牧場」はおろか、
新耳のことすら知らず、私にその話をしてくれたのでした。
他にもあんのかなあ。

山の牧場 あらすじ
https://kikaibunko.com/mountain-ranch/

18:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 10:50
>9
私も四国出身なんだけど、
同じようなものをみかけたことがある。
二階に上がる階段はやっぱりなくって、
はしごであがるようになってた。
お札や石灰の山はなかったけど、
藁が山積みしてあった。
こんな構造の建物の存在は
それほど不思議ではないかも・・。
話しがズレてたら、ごめんなさい。

created by Rinker
KADOKAWA
¥704 (2024/04/19 21:25:07時点 Amazon調べ-詳細)

10:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 08:16
「件」

11:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 08:41
新耳の「くだん」ね。くだんに関しては、まだ話があるらしい。

12:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 09:10
新耳、第1夜の「隣の女」。

何とも形容しようがない
奇妙な話だった。

13:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 09:18
>12
そうそう。「隣の女」の不可思議さ、よかったな。

15:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 09:28
腕んとこが鉄板なんだよね。
新耳は「心霊」にこだわらないのがいい。

16:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 09:30
無理にオチつけないのが気持ち悪くてよかった。

隣の女
山田(藤沢大悟)はボロいアパート暮らしだったのですが、ここは入居者も少なく、家賃も格安だったので快適に暮らしていました。
ミュージシャン志望の山田は深夜だというのに夢中になってギターをブンシャカブンシャカと鳴らし、熱唱していました。
ふと時間に気付いて「ヤバい」と隣の物音を聞いてみたのですが、何も聞こえませんでした。
隣の部屋にはおばちゃんと娘が暮らしているのですが、その娘は黒ずくめの服で全身を布で覆い、黒帽子にサングラス着用という不思議な姿をしていました。

ある日、山田は隣宛ての荷物だという真っ黒な段ボールを預かったのですが、やたらと重くて二人でどうにか持ち上げて部屋に入れました。
その後、隣のおばちゃんが荷物を取りに来たのですが、彼女は段ボールを軽々と持ち上げて出て行きました。
その時、山田はおばちゃんのスカートを掴む娘の腕を見たのですが、彼女の腕はネジ穴の開いた金属の物差しのような感じでした。

その夜、隣の様子がどうしても気になる山田は物干し竿の先に手鏡をガムテで貼り、こっそりと覗くことにしました。
鏡越しに確認すると何とあの娘が巨大化しており、鏡をガッシと掴んだのですが、やっぱり腕は金属でビヨーンと伸びました。
直後に玄関のドアガチャ攻撃が始まったのですが、おばちゃんの「コラ」と言う声と共に騒ぎは治まりました。

22:本当にあった怖い名無し 2001/04/24(火) 22:33
「エレベーター」とか良かった

第二夜 第五十話 エレベーター

その夜、A子さんは深夜タクシーで家路を急いだ。
タクシーでお気に入りの深夜のラジオ番組を聞いていたから、マンションについたのは午前2時頃だとはっきり覚えているという。

マンションの正面玄関を入ってエレベーターの昇りのボタンを押す。
A子さんの部屋は8階。
この時、マンションの一基しかないエレベーターのランプが最上階の10階にあることを示していた。
で、そのランプが9階、8階……と下がってくるのを、
「ちょっと、遅いわねぇ」
などと、独り言を言いながら見ていた。
7階、6階……。

その時、チンと音がしてエレベーターが到着した。
えっ、と思って、エレベーターのランプを見直すと、まだ5階、4階のあたりを降りてくる途中である。
目の前のドアがガーッと開く。
エレベーターの中は鈴なりの人、人、人……。
買い物カゴを持った主婦、サラリーマン風の男性、子供、学生……。
しかも一様に見覚えのない顔ばかり。

(今は確か夜中の2時。これはいったい……)
と、A子さんはその異様さに驚いていると、いきなり、
「下に行きます。乗るのですか、乗らないのですか?」
と中のひとりに尋ねられた。
「いえ……満員みたいですから、いいです……」
と断ると、すぐドアが閉まりエレベーターが下降していく。
するとすぐにチン、とエレベーターが到着した音がして、サーッとドアが開いた。
目の前にあるのは無人のエレベーター。
ランプは、1階に到着したことを示していた。

このマンションに地下はない。

20:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 11:35
今現物が手許にないのが残念
全部貸しちゃった

朝、まだ眠くてウトウトしてる時やって来るハトの話は怖かった。

22:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 12:13
それのどこが怪談なんだ。>>20

23:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 12:32
>>20
それって「生首だ!」って直感する話だっけ? 怖かったよね。
それから、居候の女の子だけが黒い人を見ちゃう話も怖かったな。土手の上を子供がスライドするように動く話も怖かった。
何だかんだ言って結構おもしろいよ、この本。

25:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 12:45
そ。枕のそばで「くっくくっくー」とハトが鳴いてるのかと思ったら
「くっくっくっく」と笑いをかみ殺す声だったって話

36:本当にあった怖い名無し 2001/04/25(水) 22:46
私はやっぱ超コワの「親切心」が怖かった。
あと、「披露宴」だっけ。披露宴の最中に
金屏風の上から女が覗く話。

スポンサーリンク

48:本当にあった怖い名無し 2001/04/26(木) 05:12
超コワの「親切心」という話を何名かの方が挙げられて
ますが、「どんな話か知りたい!」
という僕の希望は受け付けられますでしょうか。

50 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:32

親切心
芹沢さんの友達の話である。
彼女の友達は旅行代理店に勤めているが、臨時で添乗員を任せられるほどバイタリ
ティに富んだ女性であった。そんな彼女が尾瀬に添乗に行って自宅に戻ったときの
ことである。彼女は駒沢公園にほど近いマンションに一人暮らしをしていた。
「夜の7時くらいかしら、会社で書類整理もしたもんだからクタクタになってドア
を開けたのよ。あの一週間のことは今でも忘れないわ。小さな玄関に荷物を投げ出
して、ジョギングシューズに手を掛けたら、後ろでドアがバタンと閉まったのね。
そしたらね」
トイレ兼ユニットバスのドアがスーッと閉まったそうである。
「あれっ?と思って、靴と荷物を奥の部屋に運んでから、ユニットのドアを開けた
のよ」男がいたそうである。
1メートル80ほどの背の高い男が真っ白な顔で彼女を睨んでいたのだ。その距離
は40センチほど、男の手にした柳刃包丁がブルブルと彼女の胸元で震えていたと
いう。灰色の作業服にボサボサの髪、目はつり上がっていた。

51 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:32
「ずいぶん長い時間、見つめ合ってたような気がするけど、わたしとっさに」
故郷訛りで喋りかけていたという。
「『どしたん、誰かに追われてるんかぁ~』って親と話すような口調が出てきたの」
すると男は手に持っていた包丁の切っ先と、彼女の顔を交互に見つめ、やがて「別
に追われているわけじゃない」とボソリ答えたという。
「そうかぁ、そんならお茶でも飲まんけ」と彼女は言うと男をユニットから出し、
リビングに連れてきた。何か話しかけていなくてはと必死になった彼女は、尾瀬に
行ったことがあるかとか、最近は暑くていやになるとか、ベラベラと方言のまま垂
れ流し的にまくしたてた。相手はただ、ことのなりゆきに戸惑っているように小さ
なテーブルの前で俯いていたという。
「どうして、こんなとこに入ったん?」と彼女が聞くと男は、
「もう、何もかもが嫌になったから、女でも犯して殺してみようと思った」と告げた。
彼女は「でも、わたしも今はまだ、やりたいことがたくさんあるし、殺されるのは
困るわ」と言うと男は軽く頷いて「わかった。こうなったからには、あんたは殺さ
ん」と出された紅茶を一口すすった。

52 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:33
彼女は男に気づかえないように包丁を少しずつ、遠くに移動させた。
男は彼女の顔を穴が開くほどジロジロと眺めていたという。その目は妙に澄んでい
るように見えた。「でも、あれは動物の目だったような気もする。後で動物園に行
って気づいたんだけど」彼女はそう芹沢さんに語った。
男は「俺、もう行くわ」と言うと立ち上がった。彼女は男を送り出すと気づかれな
いようにドアをロックした。部屋の前のエレベーターで男が降りるまでは動けなか
った。行ったのを確認しようと「覗きレンズ」に目を付けると相手も覗いていた。
バンッとその瞬間、凄い勢いでドアを蹴られた。男はそれで気が済んだのか、やっ
てきたエレベーターに乗り込むと降りていった。エレベーターの中には別階で乗り
込んだカップルがいるのが見えたという。

53 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:33
彼女は腰が抜けてしまった。何度も警察に電話をしようとしたのだが、受話器を取
るのを忘れてプッシュしていた。涙が溢れた。通報するとすぐにユニットに行き、
中を覗いた。
サッシが破られ、空のユニットバスの中には黄色い水が溜まっていた。男の尿だと
気が付いた。彼女は警察が来るまで、そこを離れられなかった。男の顔がチラッと
でも、覗いたら今度は手にした自分の包丁で刺すつもりだった。
警察が到着したのは午後7時20分、時間は彼女が思う千倍も遅く進んでいた。

54 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:34
「今から誰か泊めてもらえる友達か親戚はいますか」開口一番刑事は彼女に言った。
「なぜですか」と聞くと「あなたは犯人に情をかけたことになります。少なくとも
相手の気持ちを理解した素振りを見せている。統計では12時間以内にここに戻っ
てきます」
「でも、いつまでですか」と聞くと刑事はわからないという風に首を振った。
「今、奴にとって、あなたは特別な存在になったのです」
そして、彼女は芹沢さんの下に駆け込んだのだった。そこから両親に連絡をすると、
翌日、引っ越し場所を決め、駒込のほうへ移って行った。警察からは犯人が捕まっ
たという連絡は無かった。彼女は渋谷方面に出るのも極端に嫌がるようになった。
旅行代理店の仕事も他の支店に異動ができないと聞いて辞めてしまった。
「大変なショックだったと思うんだけど、わりと彼女、平気でね」クサクサ悩むよ
うなことはなく、積極的にリクルートしていたという。

55 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:34
秋になっても犯人は捕まらなかった。
「もう、面倒くさいから、忘れることにしたの」彼女は渋谷にある芹沢さんが働く
ギャラリーに顔を出すとそう笑った。その後は、久しぶりに二人で食事をし、駒込
まで戻ると彼女のマンションに泊まることになった。
マンションにつくとベッドの上の敷布がグチャグチャになって落ちていたという。
さらに、ゴミ箱が逆さにでも降られたように中身が辺りに散乱していた。
それを見ると彼女は一瞬、ハッと身体を硬直させた。
「最近、不精になっちゃって……」彼女は芹沢さんの顔色を窺うように笑った。
しかし、霊感の強い芹沢さんは、この部屋が『まとも』じゃないことがピンときて
いた。そして雑踏や外では気づかなかった変な「気」が、彼女から流れてくるのも
敏感に感じていた。芹沢さんは頃合いを見計らって退散したほうが良さそうだと直
感した。
「あ、忘れていたけど明日、会社に持っていく書類を家に置いてきちゃった。やっ
ぱり帰るわ」と支度を始めた。するとそんなに使ったわけでもないのにお金がなく
なっていた。

56 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:34
「ごめん。悪いけど……」と彼女にタクシー代を借りようとしたが生憎、彼女も持
ち合わせがなかった。「始発で行くわ」芹沢さんは腹をくくった。その代わり「そ
れまで起きていようね」と友達にも約束させたのだった。

「でも、不思議なのよ。深夜テレビを見ていたんだけど、あるところから記憶がプ
ッツリないの」
深夜。芹沢さんが、ふとテーブルで目を覚ますと、傍らのベッドの上に彼女が起き
あがっていた。芹沢さんは「どうしたの」と声を掛けようとしたが、身体が動かな
かったという。白目を剥いた彼女は「どうしたん、こんな夜中に……」と芹沢さん
の左手にあるユニットバスに向かって呟いた。彼女の部屋はワンルームでベッドか
らトイレ、つまりユニットバスの扉は正面に位置していた。芹沢さんはちょうど、
ベッドとバスの間にいた。

57 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:35
すると彼女の声に応えるかのようにユニットのドアが、ゆっくりゆっくりと開き始
めたのである。拳二つ分ほど開いたときに、真っ暗な誰もいないはずの空間に人影
が見えたという。それは首から下だったが、作業服を着た男の身体だった。
同時にギッギッギッとベッドの上で彼女の歯ぎしりが聞こえた。
芹沢さんは瞼を閉じることも出来なかった。友達はいつのまにか汗をビッシリかい
ていた。そしてしきりに首を振ると「行けんよ。一緒には行けん」と言った。
ユニットバスの中の男は動かなかった。ただ、陽炎のようにゆらゆらと姿が揺れて
見えていたという。しばらくするとパジャマ姿の彼女がベッドから降り、フラフラ
とユニットバスに向かって歩き始めた。
「だめ」芹沢さんは思わず、彼女の前に立ちふさがった。

58 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:35
その瞬間、彼女と芹沢さんのわずかな隙間に人間の身体が落下してきた。
それは空中で止まったが、制止する瞬間にゴクッという大きな音がし、反射的に顔
を上げた芹沢さんの前にパンパンに膨らんで舌を吐き出した顔と頸骨が外れて長く
伸びた首がブラ下がった。そして「 うるせんだよ 」と声がした。
芹沢さんは昏倒した。

「たぶん、捕まんない男っていうのは、どっか山奥で自殺したんじゃないかと思う
のよ。親切でしてあげたことなのにね」と芹沢さんは言う。
かの友達はその後、連絡が取れなくなってしまったまま今に至っているという。

59 :「親切心」:2001/04/26(木) 07:39
>>48
…と言う話。
他にも怖い話載ってるから見かけたら買うべし。

61:本当にあった怖い名無し 2001/04/26(木) 10:32
>>50~58
めっちゃコワイねっ!!
絶対古本屋さん巡って「超怖い話」買うよ!
どうもありがとうー

スポンサーリンク

82:本当にあった怖い名無し 2001/04/27(金) 17:17
新耳四夜「山の牧場」なんだけど
俺の知り合いも似たようなシロモノに遭遇してる
場所は北海道で、モロ牧場の廃墟だっそうだ

88:本当にあった怖い名無し 2001/04/28(土) 00:52
>>82
それは興味あるなあー。
なにか不条理性のある廃墟だったんでしょうか?
「山の牧場」との共通点がありましたか?

123:本当にあった怖い名無し 2001/05/01(火) 20:51
82です。

まず 牧場なのにサイロがない

母屋に正体不明の地下室があった

牛舎と思われる出入り口のない建物 その内部に散乱する大量の標本の残骸と白い粉

御札があったという話も

こんなとこです

124:本当にあった怖い名無し 2001/05/01(火) 22:30
>>123
興味深い話だなぁー。
「山の牧場」は一つではない、ということだろうか。
詳細を新耳に投稿したらきっと採用じゃないかな?
でも、黒服の男たちには注意。

106:本当にあった怖い名無し 2001/04/29(日) 01:16
実を言うと新耳3夜も手放した。基本的に霊感は無いんだが、
あの中表紙の墓場の写真が嫌でたまらなかったんだよね。
あれは、何の話にまつわる写真だったんだろか…。

107:本当にあった怖い名無し 2001/04/29(日) 04:05
>>106 えー。どこかの掲示板で、わざわざあの写真の由来を
新耳編集部へ問い合わせた、という人が書き込んでいて、
真偽の程は不明ですが、あの巻に霊園の話があって、
その霊園の写真のようです。

109:本当にあった怖い名無し 2001/04/29(日) 04:28
>>107
確かその写真が心霊写真で、
よろい武者か侍が移ってるって言う話だったと思うんだけど、
いくら探してもどこに霊が写ってるのか分からなかったです。
霊がどこに写ってるか分かりましたか?

110 :本当にあった怖い名無し 2001/04/29(日) 08:06
>>109
ハイシャホイショじゃなかった?
墓場でサラリーマンぽい男性に緑色と赤色の子供たちが
しがみついてるって話。

111:本当にあった怖い名無し 2001/04/29(日) 08:45
>>109
それは第一夜ですね。

スポンサーリンク

112:本当にあった怖い名無し 2001/04/29(日) 16:37
>>106
以前、トークライブで木原氏に、あの写真は何か質問した人が
いて木原氏の答えは確か、直接三夜には関係ないが、新耳に
まつわる霊園の写真と、スタッフの人が外国(イギリス?)
で撮った写真と言ってた気がします。(うろ覚え)
で、そのどちらかの写真に動物の姿の様なもの
が映っていると。

146:本当にあった怖い名無し 2001/05/09(水) 01:27
「たちけて・・・」は嫌な話でしたね。
M事件のものでした。

147:本当にあった怖い名無し 2001/05/09(水) 04:14
「たちけて…」は新耳のなかの話だよね。
これは、ちょっと引いた。できれば封印しといて欲しかった。

154:本当にあった怖い名無し 2001/05/11(金) 14:48
新耳の第5夜だったかな、「八甲田山」という話がすごく怖かった。
学生のグループが八甲田山付近で兵隊に囲まれて、アパートに逃げ帰ってきても
まだその兵隊が追ってきて「こいつの腕が欲しい」だの「足が欲しい」
だのいうやつ・・・・。
あれも結末を曖昧にしてますよね。「学校を辞めた」とあるがその詳しい理由が
書かれてない。どうなったんだろ?

159:本当にあった怖い名無し 2001/05/12(土) 09:15
>154
その後全員死んだそうです。
そのため封印話の一つになりました。
イベントで聞けます。

160:本当にあった怖い名無し 2001/05/12(土) 11:44
159
ああ、やっぱりそう言うことだったのか・・・

161:本当にあった怖い名無し 2001/05/14(月) 09:58
>>159
まじすか!?
恐!!!!!!!

163:本当にあった怖い名無し 2001/05/14(月) 18:49
ロフトのイベントに参加した時のこと。
その前の回で
「八甲田山 完全版」
の話があったというので、前回も参加したという、たまたま隣に座った人に
「八甲田の話、教えて下さいよお」と言ったら、マジな顔で
「たたるんです!」
と言われ、イスからずり落ちそうになった。

166:本当にあった怖い名無し 2001/05/15(火) 10:27
後日談はイベントで語られただけなんでしょ?
活字になってないんだよね?
後日談キボーン!
でも、祟られそう・・・・・・・・・。

167:本当にあった怖い名無し 2001/05/15(火) 10:38
>>166
そうだよねー、著作権なんかよりも祟りの方が怖い・・・
でも気になるなぁ

新耳袋「八甲田山」あらすじ
「八甲田山」の話を知らない方、忘れた方のために簡単にあらすじを紹介します。
本編はもっと状況説明が詳しく面白いので、ぜひ「新耳袋 第四夜」を読んでみてください。

明治35年1月、青森県の八甲田山で日本陸軍が一泊行軍を行った際に、猛吹雪と強烈な寒波により、210人の兵隊のうち199人が凍死した。
世界山岳遭難史上最大の惨事と言われる「八甲田雪中行軍遭難事件」である。

青森県の大学に通っていたYさんは、そういう知識はまったくなかった。
ある初夏のこと、友人たちと八甲田山に夜のドライブに出かけた。
そこで突然車のエンジンが止まり、ザッザッザッと思い靴音が響いたと思うと、大勢の黒い男たちに車をぐるりと取り囲まれた。
なんとかエンジンをかけて、アパートのある弘前市に戻った。

アパートに戻って4人で震えていると、再びザッザッザッと靴音がして、部屋に全身黒ずくめの軍服の男たちが現れた。
4人を取り囲んで男たちは口々にこう言った。
「わしはこの男の右腕がほしい」「俺は足がほしい」「わしは左手がほしい」
Yさんたちは気絶し、気がついたら昼になっていた。
部屋を見回すと、泥の付いた靴跡が自分たちを取り囲むように残っていた。

Yさんはこの出来事が原因で大学をやめ、千葉の実家に帰った。
も二度と青森へ行くつもりはないという。

新耳袋「八甲田山」の疑問
八甲田山が収録されている「新耳袋 第四夜」の文庫版のあとがきを読んでいて疑問に思ったことがあります。この部分です。

削除によって成立させるという構成は『新耳袋』の成立と大きく関わっています。
その代表例が第五十三話の「八甲田山」です。
「え!何を削ったの?」残念ながら書けません。
~中略~
“怖さ”は当事者である著者にとっても過去のものとなりつつあります。
しかし、「八甲田山」だけは他者の体験談にもかかわらず、現在も“怖い”のです。

新耳袋第四夜に収録されている「八甲田山」は確かに怖い話です。
しかし、普通の読者から見れば、ドライブで幽霊を目撃して怖い目にあったという、よくある話のように思えます。

体験者でもない、新耳袋の著者がなぜこの話をここまで怖がるんだろう?
一体この話の何を削ったのだろう?
これがずっと疑問でした。

「八甲田山」タブーの答え
何かの機会で、著者の中山市朗氏と話す機会があったので、この疑問をぶつけてみました。

実はこのYさんを始めとする体験者4人は、このあと全員亡くなっている。
この話をしてくれたのはYさんのお姉さんである、と教えてくれました。
体験者が全員死んでいるなんて、さすがに新耳袋では強烈すぎて書けませんね。

「では、八甲田山に行くだけで死んでしまうんですか?」と頭の悪い質問をした私に、中山市朗氏はこう答えてくれました。
「用事などで行くのは問題ない。遊び半分に行くと大変な場所だ」
しかし、北野誠氏の「おまえら行くな」や新耳袋殴り込みで取材していたりしてしていますが、誰も死んでいません。
(遊び半分ではなく、「仕事」という形だからかもしれませんが)
中山市朗氏が語らなかったタブーはまだあるのかもしれませんね。

参照元:http://www.magaricad.com/kaidan-komimi07/

168:本当にあった怖い名無し 2001/05/15(火) 12:43
怖いっちゅーよりほのぼの(?)としている。新耳の、
何故か留守をするたびに部屋がきちんと片づいてて、不気味に思って
引き出しをあけると、小さなおばあさんが小さな座布団をしいて
きちんとペコっとおじぎをして、ぽん、と消えた話が好きだなー。

169:本当にあった怖い名無し 2001/05/15(火) 14:32
>>168
第1夜だよねそれ。俺も好き。

スポンサーリンク

85:本当にあった怖い名無し 2006/03/29(水) 21:55:21 ID:D3PP1Ih9
「教えて」ってどんな話?
誰か情報キボンヌ(´・ω・` )

ちなみに濡れが今まで見た中で一番怖かったのは「恋人」かなぁ・・・
あの首の動きは、最初見た時ゾッとした・・・

86:本当にあった怖い名無し :2006/03/30(木) 18:00:38 ID:ea/B9xnU
>>85
「教えて」 あらすじ

「幽霊屋敷と呼ばれる家」と同じ家が舞台。
肝試しをする為に幽霊屋敷へ車で向かった1人の男と2人の女。
車内での配置は、助手席に恋人、後部座席にその友達が乗っている。
幽霊屋敷に到着し、よし行くぞと家へ向かうが恋人はびびって行かない。
男と友達のみで向かう。
恋人は一人、暇だから車内でCDを聞く。
数分後、家の中で悲鳴が聞こえ、男と友達は物凄い早さで車へ戻ってくる。
男はその家から逃げるように車を走らせ、
恋人が、「何があったの?教えてよ~」と聞くが二人は答えない。
直後、今まで車内で流れていたCDの音楽が、家の中での二人のやりとりの会話へ変わる。
実は男とその女友達はデキていた。
二人の関係がばれるのを恐れ、
男は焦ってCDを止め、そのまま車を走らせるが、気が付くとまた幽霊屋敷の前へと向かっていた。
二人があの時家の中で見た光景とは?

回想シーンに切り替わる(以下ネタバレ注意)

家の中へ入った二人は、微妙にいちゃつきながら二階への階段を進んでいた。
二階の奧の部屋から物音がする。
恐る恐る、その部屋の様子を覗いてみると・・・・

なんとそこには
恋人を撲殺している二人の姿があったのである。

教えれる訳がないw というお話。

87:本当にあった怖い名無し 2006/03/31(金) 23:32:34 ID:MwoouUbv
>>86
㌧クス、あまり恐怖系ではないのですね。( ´・ω・`)

参照元:http://piza.5ch.net/test/read.cgi/occult/988117252/

スポンサーリンク

-2chスレ・読み物