ホラー

【洒落怖】合唱コンクール曲「木琴」

スポンサーリンク

21: 1/2 2010/04/14(水) 01:26:20 ID:iZVgWzuF0
過疎ってるぽいので思い出しカキコ

私が中学生の頃、合唱コンクールっつーのがあった
なんかうちの学校では妙に力の入ったイベントらしくて、放課後でも皆残って
練習したりしてた
で、まずは曲を何にするか?っつーのも、教師が勝手に決めるのではなく
生徒達で決めたりもした。最終的には担任が決定するけど

で、ある日私たちは音楽室で何を歌うか選んでいた
たぶん英語担当の教師(以下K先生)が一緒だったと思う
生徒も私以外に10人くらいいたと思う
随分昔の話なんで、当時はテープだった
で、候補曲をテープレコーダーで聞きながら決める訳だ
数ある合唱曲の入ったテープを見ていたら、K先生が
「面白いのがあるぞ」(っぽいことを言ったと思う)
とか言って、1本のテープを出した
その合唱曲は「木琴」だった
で、K先生がレコーダーに入れて再生開始
最初は普通に曲が始まった
K先生が「ここからがな・・・」とか言って皆が妙に緊張した
間奏だったと思う。
急に戦火(WW2だと思う)の悲鳴やら轟音がしだした
で、間奏が終わり歌が始まったらそれは止んだ

22: 2/2 2010/04/14(水) 01:28:55 ID:iZVgWzuF0
その時は、その「木琴」という曲が中学生には難しいだろうという事で
コンクールには歌わないことになった

しかし、なぜか当時の私はそのテープを持ち帰らせて貰った
ただの好奇心だった。今もここにいるくらいだしw
コンクールが終わった頃、友人たちとテープを聴きなおした
戦火の部分が聞いたときよりも長くなって鮮明になっていた

悲鳴やら「おかあさん」と呼ぶ声や、多分戦闘機の音だと思うけど
「ゴォー」という音や火災?のような音もあった
妙に生々しかった
好奇心はあったものの、怖かったのでそのテープはそのまま
返しそびれ、自宅に残したままだった

今、私は社会人になって実家を出ている
たぶん、そのテープはまだ実家にあると思う
怖いので、あれから聞きなおしはしていない

後になってウィキとかで「木琴」について調べたら怖かったので投下
当時、私以外にも何人も聞いたのでもしかしたら身バレかも
気づいた人いてもスルーしてくれwww

木琴(もっきん)は、作詞金井直、作曲岩河三郎の混声三部合唱曲。

もとは、金井直の詩「木琴」で、この曲はその詩に岩河三郎が曲をつけたものによる。終戦の日間近、戦災により死んだ妹への詩である。但し、実際には、金井には妹はいなかったため、「大切な人物」の置き換えであるという。これについては、大切な人(女性)、という面では恋人の高嶋ツネがいたが、彼女は金井よりも年上であった為、「妹」というには不適当である。ここでいう「妹」とは、特定個人を指すものではないと考えられる。

全体を通して、口語自由詩で書かれていて、「妹」に語りかける口調となっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/木琴 (合唱曲)

54: 本当にあった怖い名無し 2010/04/14(水) 19:47:26 ID:kcyEgoP90
>>21
中学時代に合唱コンクールで木琴選んで歌ったよ

練習中、何度か不思議な事が起こっていた。全部「まあ、いっか」で終わるような事だったので
その時は誰も気にも留めていなかったんだが、そのひとつ。
放課後も遅くまで練習していたんだがその日は別の委員会の用事で後から合流するということになった
19時くらいまで委員会の仕事に追われていたので結局練習できなかったなーと思っていたら
ちょうどクラスの子らと靴箱で出会って、練習内容とか注意点などを話していたら
まだピアノが聞こえた。演奏者まだ残ってるのか。じゃあ1,2回歌わせてもらおうかなって思って
靴箱で合流した友人と音楽室に戻った。
教室暗いままでひいていたから、暗譜の練習かな?と思いじゃあこっちも歌詞暗記の練習になるしと
電気をつけないまま歌って曲が終わったところで電気をつけた。
音楽室って、ピアノがあるところと歌う人が整列しているところ離れているじゃないですか
自分らはいつもの癖で後ろのドアからいつも整列しているところに並んで歌っていたのに
帰りにピアノの子が前のドアが開いてピアノを囲んで歌うから緊張した と言ってきたのでびくっとした。
あと、人数。自分らは3,4人くらいで戻ったんだがピアノの子はクラスの半分くらいで引き返してきたと思ったらしい

当時とても怖かったんだけど文字にするとそうでもないなぁ
スレチ失礼しました。

24: 本当にあった怖い名無し 2010/04/14(水) 01:46:38 ID:fgDzpsnv0
まあ面白いかも知れん

関連記事 一覧

-ホラー

© 2021 サンブログ