怖い話

【洒落怖】お盆の出来事

スポンサーリンク

17:本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 21:04:25 ID:BaNpxVdnO

一年に必ず四、五回眠るとき目をつぶってるのに自分の部屋が見える。
怖くていつも布団を被ってしまうんだがある日、二日続けて奇妙なことがあった。
去年のお盆近くに、またいつもの現象が起きたので右横向きに体制を変えて
布団を被った時、何か背中の方に妙な違和感があった。

18:本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 21:12:42 ID:BaNpxVdnO
なぜか振り向いたらヤバイ気がしてそのまま寝ようとした時、
背中を誰かが押してるのが分かった。
しばらく耐えていたんだが我慢の限界で振り向いてその手を掴んでしまった…。
次の瞬間、その手が握り返してきた。
もちろん部屋にはあたし一人だけ。
みるみる怖くなったあたしは慌ててその手を振りほどいて逃げるように電気をつけた。

19:本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 21:20:17 ID:BaNpxVdnO
おそるおそる壁の方を見るとそこにはもう何もいなかった。
その日は結局怖かったので一回のソファで休んで夜が明けた。
次の日、まさか二日続けては起きないだろうと思い、また自分の部屋のベッドでねた。
そしたらまた同じ現象が起きた…。
昨日の夜のことがとっさによぎって凍りついたあたしは
必死にうる覚えのお経を心の中で繰り返していた。

20:本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 21:29:21 ID:BaNpxVdnO
そしたらイヤな予感がした。
前日と同じように布団を被っていたんだが急にお腹の上に何かが乗ってる感じがした。
ギュッと目をつぶってたえていたんだがその何かが突然布団をめくってきた。
顏付近までそれが近づくのが分かって声みたいなのが聞こえた。
それは必死に「苦しい、痛い」という女の人の声で、
ピークに達したあたしはとっさにごめんなさいごめんなさいと繰り返していた。

21:本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 21:34:09 ID:BaNpxVdnO
わらにもすがる思いで誰か助けて!と心の中で叫んでいたら急に体が軽くなって
最後に「ちっ!あともう少しだったのに!!」とさっきの女の人の声とは違う
老婆のような声が聞こえてそのまま気絶したのか気がついたら朝だった。
他にも色々怖い体験あるがあれが数かぞえる中でも十位以内に入るくらい怖かった。

スポンサーリンク

-怖い話

© 2022 サンブログ