怖い話

【洒落怖】押入れの幽霊

スポンサーリンク

832 :本当にあった怖い名無し:2013/07/15(月) 01:08:52.00 ID:LHPtqQSX0
触ったりすることはできないけど、幽霊は普通に見えるし、やろうと思えば意思の疎通も可能だと豪語する友人の話。

その友人宅に泊りがけで男同士の寂しい酒盛りをしていた日のこと。
夕方頃から飲み始めたせいか、夜更けもそこそこという時間帯に、俺はべろんべろんに酔っ払って床に転がってた。
いつの間にか寝入ってたようで、頭痛と共に目覚め、
時間を確認しようと携帯を探していると、友人がこちらに背中を向けて押し入れをじっと見つめていた。

834 :本当にあった怖い名無し:2013/07/15(月) 01:08:54.00 ID:LHPtqQSX0
どうしたのかと声を掛けようとした瞬間、気づいてしまった。
押し入れが少し開いており、そこから得体の知れない男が、生気の感じない白っぽい両目で友人を睨んでいたのに。
思わず声を上げそうになったその時、
「うじゃあああsdjうdgsこあhtく!!」
奇声をあげながら両腕を大きく開いて、押し入れから睨む男へ、どん!と音を立てながら迫る友人。
友人と得体の知れない男と両方にびびった俺も、友人ばりの奇声をあげてしまったが、俺は見逃さなかった。
両目を見開いて驚きながら、頭を押入れのカドに打ち付けてから逃げるように消えた男を。

後々聞いた話によれば、「幽霊は驚かされることに慣れてないから、あれが一番効くんだ」と。
あの幽霊の復讐か呪いか知らないが、その友人はそれから財布を2度無くした。

【全米が】なんか笑える霊体験27【テラワロス】

-怖い話
-

© 2022 サンブログ