ホラー

【洒落怖】首里城の再建工事

@OKina001
ちなみにウチの知り合いには、平成の再建工事中、首里城に忍び込み、恋人とイチャイチャしてたら、子供の気配を感じ、追いかけたら正門に向かって大量の、蝋燭を持ったユタ(沖縄の霊能者)たちがやって来て警備員と揉めはじめるのを目撃する、と言うホラー映画のOPみたいな風景に遭遇した人がいます。

当時、新聞にも掲載された話題だそうで。
なんでユタが大量に来たかというと、ユタの最高位は「聞得大君(きこえのおおきみ)」でかつては琉球王の霊的アドバイザーとして王族から選ばれてました。

明治維新で琉球王朝が消え、聞得大君も空位のままなのですが、「不在空位であれば今日この日、我らが『地下にあるもの』を拝ませて鎮めねばならない」ということでわらわらと全島から集まってきたとか。
結局「次にいい日」を以て拝ませたらしいですが。数年前のことを考えると色々妄想は広がりますね

いかにも小説に使えそうな話なので、その話題が掲載された地元紙を探してるんですが、なかなか……

参照元:https://twitter.com/OKina001/status/1542819932274302976

スポンサーリンク

-ホラー

© 2023 サンブログ