ホラー

【洒落怖】水利の悪い村

148: 本当にあった怖い名無し 2010/01/14(木) 21:31:41 ID:E0SSOgTTO
その村は昔、水利の悪い所で毎年水に困っていた。ちょっと雨が降らないだけで深刻な水不足になり農作物が打撃を受け、飢饉となる。
そこで村人達は殆ど水が流れないただの象徴としての川で村を東西に分け、毎年東西代わる代わる10才の子供を雨の神様に(龍神様だったかな)にいけにえとして捧げた。
いけにえの子供たちは神と同じ汚れのない存在にしないと駄目で、そのために白い服と顔にオシロイを塗られた。
で、その子供を刃物でスパッっやって捧げたらしい。

もちろん現在はそのような行為は行われていないが、心霊現象が多発しまくる。白い子供が大勢目撃され、特に子供が集まる小学校はやばくて、集合写真を撮れば、頻繁に白い陰が写り込んだらしい、という話

関連記事 一覧

-ホラー

© 2021 サンブログ