ホラー

【洒落怖】日本史上最悪の熊害事件「三毛別羆事件」

スポンサーリンク

※久しぶりに見たら随分とテキストが短くなっていたので保存することにしました。確か事件後に家を全て燃やして失踪した方など載っていたと思うのですが、どこへ行ったのでしょうか…。

三毛別羆事件

三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年12月9日から12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村三毛別(現:苫前町三渓)六線沢で発生した熊害。
日本史上最悪の熊害と評されることもある。

エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。


三毛別羆事件復元現地に再現された巨羆の姿。
  • 場所:北海道苫前郡苫前村大字力昼村三毛別
  • 日付:1915年(大正4年)12月9日 - 12月14日
  • 概要:体重340kg、体長2.7mのエゾヒグマが数度にわたり民家を襲った。
  • 死亡者:7名
  • 負傷者:3名
  • 対処:射殺

事件の経緯

地名の「三毛別」は、アイヌ語で「川下へ流しだす川」を意味する「サンケ・ペツ」に由来する。

12月9日

12月9日午前11時半頃、三毛別の更に奥に位置する六線沢と呼ばれていた集落(現在のルペシュペナイ川上流域)の太田家で、当主の太田三郎(当時42歳)の内縁の妻・阿部マユ(当時34歳)と太田家に養子に迎えられる予定であった蓮見幹雄(当時6歳)の2人が、窓を破って屋内に侵入したと見られるヒグマに殺害された。

ヒグマはマユを引きずりながら、土間を通って窓から屋外に出たらしく、窓枠にはマユのものとおぼしき数十本の頭髪が絡みついていた。しかし、12月の北海道は陽が傾くのも早く、幹雄の遺体を発見して居間に安置したのは午後3時過ぎで、この日に打てる手は少なかった。

札幌市厚別区の「北海道開拓の村」に再現された、開拓民の小屋。

当時の開拓村の家(再現)

12月10日

午前9時頃、マユを捜索していた集落の男性ら数十人が太田宅から150mほど離れた裏山付近で、巨大なヒグマと遭遇した。鉄砲を持った5人が銃口を向けたが、手入れが行き届いていなかったため発砲できたのは1丁だけだった。ヒグマは逃走したため、男性らがヒグマのいた付近を確認すると、トドマツの根本に黒い足袋を履き、ぶどう色の脚絆が絡まる膝下の脚と、頭蓋の一部しか残されていないマユの遺体を発見し、収容した。

同日夜、太田宅で幹雄とマユの通夜が行われたが、村民はヒグマの襲来におびえ、参列したのは六線沢から3人と三毛別から2人、幹雄の両親とその知人、喪主の太田三郎のあわせて9人だけだった。午後8時半ごろ、大きな物音と共にヒグマが乱入してきた。棺桶が打ち返されて遺体が散らばり、恐怖に駆られた会葬者達は梁に上ったり屋外に飛び出したりと、右往左往の大混乱となった。


襲撃時の再現

スポンサーリンク

そのころ、太田宅から500mほど下流の明景宅には戸主・明景安太郎(当時40歳)、その妻・ヤヨ(当時34歳)、長男・力蔵(当時10歳)、次男・勇次郎(当時8歳)、長女・ヒサノ(当時6歳)、三男・金蔵(当時3歳)、四男・梅吉(当時1歳)の7人と、事件を通報するため30kmほど離れた苫前村役場や19kmほど離れた古丹別巡査駐在所に向かっていた斉藤石五郎(当時42歳)の妻で妊婦のタケ(当時34歳)、三男・巌(当時6歳)、春義(当時3歳)の3人、そして事件のあった太田宅の寄宿人で男手として明景宅に身を寄せていた長松要吉(当時59歳)の合計10人(タケの胎児を含めると11人)がいた。

太田宅からヒグマが消えて20分と経たない午後8時50分ごろ、窓を破ってヒグマが侵入した。ヒグマに居間に引きずり出されたタケは、「腹破らんでくれ!」「のど喰って殺して!」と胎児の命乞いをしたが、上半身から食われ始めた。駆けつけた村の男性らが鉄砲を空に向かって放つと、ヒグマは玄関から躍り出たのち裏山の方へと姿を消した。タケの腹は破られ胎児が引きずり出されていたが、ヒグマが手を出した様子はなく、そのときには少し動いていたという。

結果的にこの日の襲撃では、タケ、金蔵、巌、春義、タケの胎児の5人が殺害され、ヤヨ、梅吉、要吉の3人が重傷を負った。力蔵は雑穀俵の後ろに隠れ生還、ヒサノは失神し居間で倒れていたが、同じく生還した。勇次郎は、母ヤヨや弟梅吉が重傷を負いながらも共に脱出し、奇跡的に無傷だった。

12月12日

斎藤石五郎から通報を受けた北海道庁警察部(現在の北海道警察の前身)は、管轄の羽幌分署分署長の菅貢に討伐隊の組織を指示、討伐隊の本部は三毛別地区長の大川興三吉宅に置かれた。しかし、林野に上手く紛れるヒグマをすぐに発見することはできなかった。

ヒグマには獲物を取り戻そうとする習性があり、これを利用しヒグマをおびき寄せる策が提案され、菅隊長はこの案を採用し、遺族と住民に説明した。こうして、明景宅に残された犠牲者の遺体を「餌」にしてヒグマをおびき寄せるという作戦が採用された。

作戦はただちに実行されたが、家の寸前でヒグマは歩みを止めて中を警戒すると、何度か家のまわりを巡り、森へ引き返していった。その後太田宅に3度目の侵入を企てたが、結局射殺することはできなかった。

北海道開拓の村に再現された開拓小屋の内部。

スポンサーリンク

12月13日

この日、歩兵第28連隊の将兵30名が出動した。この日、住民が避難し無人になっていた六線沢の8軒がヒグマに侵入される被害に遭ったが、ヒグマの発見には至らなかった。

午後8時ごろ、三毛別と六線沢の境界にある氷橋で警備に就いていた一人が、対岸の6株あるはずの切り株が明らかに1本多く、しかもかすかに動いているのを不審に感じた。菅隊長の命令のもと撃ち手が対岸や橋の上から銃を放つと怪しい影は動き出し闇に紛れて姿を消した。

12月14日

朝、昨晩ヒグマがいた切り株の付近に足跡と血痕を見つけた。怪我を負っているなら動きが鈍るはずと判断した菅隊長は、急いで討伐隊を足跡が続く山の方角へ差し向ける決定が下した。

討伐隊の中に、一行とは別で行動していた猟師の山本兵吉(当時57歳)がいた。

山本は山の頂上付近まで登ると、ミズナラの大木に寄りかかっていた巨大なヒグマを発見、200mほど離れたところからハルニレの樹に一旦身を隠し、銃を構え、 2発の銃弾を放った。1発目は心臓近くに、2発目は頭部を貫通させ射殺した。

ヒグマは金毛を交えた黒褐色の雄で、重さ340kg、身の丈2.7mで、推定7 - 8歳と見られた。12日からの3日間で投入された討伐隊員は官民合わせてのべ600人、アイヌ犬10頭以上、導入された鉄砲は60丁にのぼった。

ヒグマの死骸は住民によってそりで下された。すると、にわかに空が曇り雪が降り始め、事件発生からこの三日間は晴天が続いていたが、この雪は激しい吹雪に変わりそりを引く一行を激しく打った。この天候急変を、村人たちは「熊風」と呼んで語り継いだ。集落に下されたヒグマは三毛別の分教場で解剖されたところ、胃から人肉や衣服などが発見された。その後、ヒグマの毛皮や頭蓋骨などはそれぞれ人の手に渡ったのちに現在は行方不明になっている。


三毛別羆の死骸

事件の記録

この事件は人々の記憶から消えた。それは、1878年1月11日-12日にヒグマが3人を殺害した札幌丘珠事件の記録が詳細に残されたことが影響している。高倉新一郎も著作でこの事件を大きく取り上げる一方で、三毛別羆事件は補足的な採録にとどまり、被災の詳細などにも間違いが見られる。

1961年、当時古丹別営林署の林務官として苫前町内に勤務していた木村盛武が、「世界に類を見ない大事件が埋没してしまうのは学術的にも良くない」と考え、30数人の関係者から証言の聞き取りを行った。木村が調査を行うまで、極寒の僻地で起こったことなどから発生当時の新聞報道も不正確な記述が多く、当事件に関する正確な記録は残っていなかった。
事件発生から50年後の1965年 、証言をまとめた『獣害史最大の惨劇苫前羆事件』を旭川営林局誌『寒帯林』で発表、 1994年には『慟哭の谷 戦慄のドキュメント 苫前三毛別の人食い熊』として書籍化された。


三毛別羆事件と同じ大きさの熊の遺体

スポンサーリンク

事件の分析


事件の再現地

原因

江戸時代後期から続く、鰊粕製造用に薪を得るための森林伐採と明治以降の内陸部開拓で、野生動物と人間の活動範囲が重なった結果が引き起こした事件とも言及されている。

教訓

  • 火を恐れない
    事件発生後、村民は火を焚いてヒグマを避けようとしており、人々が明景家に避難した際や分教場に退避する際に多くの焚火が燃やされたことが記録されている。これらの行動は一般に言われる「野生動物は火を怖がる」という風説を信じたものだが、実際は太田・明景両家の襲撃にみられるように、ヒグマは灯火や焚火などに拒否反応を示すことはない。
  • 執着心が強い
    トウモロコシを何度も狙っている点や、以前に複数の女を食い殺したヒグマが三毛別でも女の衣類などに異常な執着を示している点からも確認できる。また、阿部マユを食害した際に食べ残しを雪に隠したこと、太田家に何度も出没したことなども同じヒグマの特性による。その一方で、馬への被害は皆無だった。
  • 逃げるものを追う
    明景ヤヨらは、ヒグマが逃げる要吉に気を取られたため助かった。このように、たとえ捕食中であってもヒグマは逃避するものを反射的に追ってしまう傾向にある。
  • 死んだふりは無意味
    明景ヒサノと胎児はヒグマに攻撃されなかった。これは、ヒグマが動かないものを襲わないというわけではなく、そのときにただ単に他に食べ物があっただけと考えられる。
  • 事件の記憶
    <三毛別羆事件復元地>1990年7月、六線沢の現場付近に周辺住民らによって事件を後世に残すための『三毛別羆事件復元現地』が作られた。また、苫前の苫前町立郷土資料館でも事件に関する展示が行われている。

    事件から100年になる2015年(平成27年)10月15日に、復元地で地元の有志らによる百回忌追悼法要が行われた。


三毛別羆事件の慰霊碑

スポンサーリンク

事件の生き残り「大川春義」

※次に紹介する大川春義氏は、三毛別羆事件の数少ない生き残りであり、目撃者の1人です。子供ながらヒグマを強く憎んだ彼は、犠牲者たち7人の位牌の前で、犠牲者1人につきヒグマ10頭、計70頭を仕留めて仇を討つことを誓います。また亡くなり方も、三毛別羆事件の70回忌の法要で急逝するなどドラマチックな人生を送った人物です。

大川 春義(おおかわ はるよし、1909年~1985年12月9日)は、日本の猟師(マタギ)。

北海道苫前郡苫前村三毛別出身。獣害史最大の惨劇といわれた三毛別羆事件の数少ない目撃者の1人。同事件の犠牲者の仇を討つため猟師となり、生涯にヒグマを100頭以上仕留めてヒグマ狩猟の名人と呼ばれるとともに、北海道内のヒグマによる獣害防止に貢献した。

経歴

少年期 - 猟師志願

三毛別羆事件は、エゾヒグマの襲撃により三毛別の住民7名が死亡した事件である。大川は屯田兵として入植した事件当時の三毛別区長の大川与三吉の息子であり、事件中に自宅が事件対策本部となっていたことから、この事件の一部始終を見聞していた。

事件終息後に彼は、父から猟師となってヒグマを仕留めることを薦められた。子供ながらヒグマを強く憎んだ彼は、犠牲者たち7人の位牌の前で、犠牲者1人につきヒグマ10頭、計70頭を仕留めて仇を討つことを誓った

当時の大川家には、アイヌの猟師が山での狩猟を終えた後、買物に立ち寄ることが多かった。少年期の大川は、この猟師たちにヒグマの生態や狩猟の知識を教わって育った。三毛別羆事件のヒグマを仕留めたマタギである山本兵吉にも師事した。

猟師としての活動

徴兵年齢である20歳に達して猟銃所持が許可された後、父から貯金をはたいて購入した最新式の村田銃を与えられ、猟師となった。ヒグマ狩りを目指して山に入ったものの、実際に目撃したヒグマに恐れをなし、撃つことができなかった。こうしてヒグマを前にして銃を放つことのできない日々が、実に10年以上続いた。

1941年(昭和16年)、32歳にして初めてヒグマの親子を仕留め、父を始め地元住民たちの喝采を受けた。これがわずかな自信となり、翌1942年(昭和17年)には4頭、翌1943年(昭和18年)には3頭のヒグマを仕留めた。ヒグマの胆嚢と毛皮は高価な売り物になったが、仇討ちだけが目的の大川はそれらに興味を示さず、住民たちに無償で配布した。

第二次世界大戦中の1944年(昭和19年)、召集により戦地に赴いた。戦地でもヒグマ狩りで鍛えた抜群の射撃能力で活躍。100メートル先の動く標的にも銃弾を連続して命中させ、人々を驚かせた。

1946年(昭和21年)に復員。父はすでに死去しており、父に報いるためにも打倒ヒグマ70頭の誓いを新たにし、翌1947年(昭和22年)から狩猟を再開した。ほかの猟師と協力してヒグマを仕留めたこともあるが、ほとんどの場合は1人で狩猟を行なった。戦場で培った度胸もあり、毎年1頭から4頭、多いときでは年に7頭を仕留め、1969年(昭和44年)には50頭を達成した。この頃に周囲の勧めで、5連発のライフル銃を購入。新たな銃の性能も手伝い、間もなく念願の70頭を達成。地元では祝賀会が開催された。

しかし依然として北海道内では、ヒグマによる被害が続いていた。周囲の要請もあり、大川は新たに100頭の目標を立てた。すでに60歳を過ぎており、山に入ることでの疲労が増し、銃の重量にも負担を感じ始める年齢であったが、1977年(昭和52年)ついに100頭を達成した。このうち大川が単独で仕留めたものは76頭を占めている。

スポンサーリンク

引退 - 急逝・没後

念願の100頭を達成後、大川は銃を置き、猟師を引退した。その後、事件の犠牲者たちの慰霊碑の建立を計画。思いを同じにする地元住民たちの協力のもと、地元の三渓神社に「熊害慰霊碑」が建立された。碑には大きく「施主大川春義」と刻まれた。

1985年12月9日、三毛別羆事件の70回忌の法要が行なわれた。大川は町立三渓小学校(のちに廃校)の講演の壇上に立ち、「えー、みなさん……」と話し始めると同時に倒れ、同日に死去した。

大川は酒も煙草もやらずに、当日も朝から三平汁を3杯平らげ、健康そのもののはずであった。その大川が事件の仇討ちとしてヒグマを狩り続けた末、事件同日に急死したことに、周囲の人々は因縁を感じずにはいられなかったという。

1986年(昭和61年)、三毛別羆事件をもとにした小説『羆嵐』の著者である吉村昭の著により、『小説新潮』創刊500号特集号に、短編作品『銃を置く』が掲載された。『羆嵐』の後日談であり、大川がモデルとされている。この作品は、『羆嵐』の原稿や、大川の息子である大川高義らが仕留めた日本最大級のヒグマ「北海太郎」の剥製と並び、「苫前町の宝」に選定されている。

人物

山中でヒグマを狙う様子は、非常に禁欲的かつ厳格であった。持参する食料は、梅干しのおにぎりと水だけであった。自分の気配をクマから隠すために、雪の中で歩くときは、笹に積もった雪が地面に落ちる音に合わせて、足を動かした。匂いを感づかれることのないよう、たばこを吸うこともなかった。

多くのヒグマを仕留めた一方で、ヒグマを山の神とも崇めていた。死んだヒグマの慰霊のための熊祀りを欠かすことは無かった。「山に入ったら、クマの悪口は一切言ってはならない」と、口癖のように語っていた。晩年には子グマを庇う母グマの仕留めを躊躇することもあった。

犠牲者たちの仇だけを考えてヒグマ狩りを続けたものの、100頭を達成した後には、本当に悪いのはヒグマではなく、その住処を荒らした自分たち人間の方ではないかと考えたともいう

評価

1969年にヒグマ狩り50頭を達成した際には、北海道内で最も多くのヒグマを仕留めた名人として評価された。70頭達成後は大日本猟友会から、有害獣駆除の貢献への感謝状が贈呈された。

ノンフィクション作家の木村盛武は、大川の仕留めた100頭以上のヒグマを指し、「これら掛け値ない捕獲頭数は、あだやおろそかな努力では達成できぬ偉業である」と語っている

北海道内でのヒグマによる被害は、1904年(明治37年)から三毛別羆事件発生までの10年の間に、死者46名、負傷者101名、牛馬2600頭に及んでいる。しかし大川が猟師となってから約20年間の被害はその3分の1まで減少しており、このことからも大川の功績は高く評価されている。

参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/三毛別羆事件

参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/大川春義

関連記事 一覧

-ホラー
-,

© 2021 サンブログ