後味の悪い話

【後味の悪い話】夜ノヤッターマン

223:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/08(日) 08:05:29.71 ID:rhTQTNYl0.net
先日放送された『夜ノヤッターマン』より。
知らない人のために説明すると、このアニメはドロンボーの子孫三人がヤッターマンの子孫(先祖とは違い世界を圧政で支配している)にお仕置きをするため旅をしている。
そこんとこ踏まえて、ストーリー。

ドロンジョ達一味はとある夫婦に匿ってもらう事になる。旦那さんは気が弱そうだが優しそうで、奥さんは妊娠しており子供が産まれてくるのを楽しみにしていた。
そんな二人の元にヤッター兵(ヤッターマン側の戦闘員みたいな奴。)がやってきて、旦那さんに「赤紙が来た。35年ヤッターマンの為に働いてもらうぞ」との通達が来る。
うろたえる二人をよそに、周囲の人達は引きつった笑顔で万歳三唱をする。
妻もその雰囲気に合わせるかのようにその場で万歳をする。

「こんなのはおかしい、間違ってる!」夫婦に世話になっていたドロンジョは夫をさらい妻に引き合わせ、ヤッターマンの支配が及ばない場所へ逃がそうとする。

しかし、旦那は身重な妻を気遣うあまり、「強制労働を免除してもらう」事を条件にヤッターマン側にドロンジョ達の居場所を密告してしまう。
たちまちメカでやって来て、ドロンボー達をコテンパンにするヤッターマン。

「これで妻と一緒にいられる…」そう安堵する夫だが、ヤッターマン側は約束を破り「ヤッターマンの為に働けるのだ。嬉しいだろう?」と夫を連れて行く。

後に残された妻の元に、ボロボロになったドロンジョ達がやってくるが、妻は「近寄らないで!ドロンボーと関わってるなんて知られたら、何をされるか分からない!」と彼女達を突き放し、一人ヤケクソ気味に万歳三唱をしながら去っていったのだった…

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ