世にも奇妙な物語

【後味の悪い話】世にも奇妙な物語「大予言」

スポンサーリンク

700:本当にあった怖い名無し:2012/11/28(水) 23:14:59.70 ID:tWIK+mj70
世にも奇妙な物語より「大予言」

大人気の生放送公開番組に主人公は彼女と共に観客としてスタジオに来ていた。
番組の中でも人気の「占いコーナー」
的中率の高さで評判の占い師に、見てもらうこととなる主人公。

「……あなたは、三日後に、死にます」
「……!!」

絶句する主人公の顔は全国ネットで放映される。

それからの三日間。
野次馬に囲まれ、マスコミに追われる主人公。
最初は信じていなかったが、別件の占いが次々と当る。
そのことで占いの信憑性に滑車がかかる。
彼女が唯一の心の支えだったが、その背後に他の男の影が見え隠れする。

「だってあなた死んじゃうんだもん。将来性がないのよ」

彼女にまであっさり切り捨てられてしまう。
壊れる日常、苦悩する主人公。

701:本当にあった怖い名無し:2012/11/28(水) 23:20:16.24 ID:tWIK+mj70
>>700
続き

そして運命の日。
カメラが見守る中、時計は23:59を差す。
主人公は生きていた。

そして……0:00

生き延びた事に歓喜する主人公と沈黙する群集。

やがて……群集の一人が呟く。

「なんだよ、死ななきゃつまんねーじゃん」
「せっかく来たのに…」
「つまんないよ。死ねよ…」
「死んでよ…」
「死ね…」

広がり出すコール。

「……死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね……」

大合唱が起こり、主人公に詰め寄る人々。
恐怖に引きつる主人公。

739:本当にあった怖い名無し:2012/11/30(金) 10:55:40.60 ID:wp58ZSIB0
>>738
以前にも似たようなラストの話があったよね。
未来の何万階、何千階の高層建築物内で生活している人類の話。
ある日エレベーターを使わず徒歩で登る青年が現れて
皆で見守っているうちに勝手に青年が登ってる意味や目的で盛り上がって
最上階に到達した青年に飛べ飛べとコールしたという。
群集心理って怖いねって話。

スポンサーリンク

-世にも奇妙な物語

© 2022 サンブログ