後味の悪い話

【後味の悪い話】ベターコールソウル

スポンサーリンク

773本当にあった怖い名無し2022/09/28(水) 11:49:16.73ID:IW/k1CLB0>>774
『ブレイキングバッド』のスピンオフ作品『ベターコールソウル』の結末

ペテン師として天賦の才を持ちながら弁護士と成って真っ当に生きようと努力するも、
紆余曲折を経て挫折し、悪徳弁護士に墜ちた男の物語

主人公ジミーは糞みたいな仕事でも真面目に頑張る底辺弁護士として奮闘していたが、
やがて堕落し、己のペテンの才能を活かして犯罪者ばかり弁護する悪徳弁護士として成り上がっていくようになる
しかしファイナルシーズンの終盤にて、とある大物犯罪者(『ブレイキングバッド』本編の主人公)との黒い繋がりが世間に露呈し、
ジミーは全国指名手配されて追われる身となる

逃亡生活の中でジミーの心は追い詰められていき、
ついには今まで決してやってこなかった「強盗」「暴行」という凶悪な犯行に及びそうになるくらい心が荒んでしまう
最終的には奮闘虚しく逮捕されてしまう

そこでジミーは当局に司法取引を持ちかけ、さらに得意のペテン的な話術と弁護士としての能力も駆使し、
本来なら懲役190年が求刑されるところをたった懲役7年にまで減刑されるよう約束を交わした。
しかもジミーは自分が収監される刑務所まで指定し、さらに特別扱いでアイスクリームを周一で差し入れろとまで要求
もはや勝ち確と浮かれていたジミーだったが、かつて反抗に巻き込んでしまった女性がソウルのせいで重い罪に問われていることを知る。
ジミーは葛藤の末に、法廷で手のひら返しして己の全ての罪を自白し、
さらに自分がどれだけ邪悪な意思を持って反抗に及んでいたかまで洗いざらい白状
それによって懲役7年の話は取り消され、懲役190年ではないにせよ、懲役80年という絶望的な判決が下った

774本当にあった怖い名無し2022/09/28(水) 11:49:45.11ID:IW/k1CLB0
>>773
望んでいた「緩い刑務所」ではなく凶悪犯ばかり収監されている「ヤバい刑務所」へと送られ、もちろんアイスクリームも無し
前後左右をヤバい犯罪者に囲まれるジミー
しかし意外なことに、凶悪犯達はジミーに対して好意的だった
犯罪者達の味方をし続けていた悪徳弁護士の存在は、いつしか犯罪者達にとってヒーローのような存在となっていたのだ
刑務所の中でいじめられる事も無く、むしろ良い待遇を受けることが出来た
そして、例の女性が面会にやって来る
彼女の様子からして、ジミーの自白によって刑罰が軽減されたらしい
互いに多くは語らず、ただ「7年まで減らしたのね」と呟く彼女
ジミーは「そうだ。そして、自らそれを捨てた」と誇る

ジミーは人生のドン底に堕ちたわけだが、最後の最後で人間性だけは取り戻した
というお話

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2023 サンブログ