後味の悪い話

【後味の悪い話】映画BLEACH「地獄篇」

スポンサーリンク

350: 本当にあった怖い名無し 2012/08/28(火) 13:36:47.20 ID:0V1efPAP0
BLEACH地獄篇って映画の顛末が後味悪い
しかしこの場合内容では無く周りのスタッフだが

ワンピースよろしく原作者総指揮を売りにしていた今作
しかし特定のキャラしか出番が無かったりそのキャラの言動がおかしかったりして
お世辞にも出来がいいとは言えなかった(作画は良かった)
師匠完全監修ということもあってはっきりと批判出来なかった

だがDVDが発売され、師匠のコメントがとんでもなかった
映画公開の前年の夏に脚本家と師匠が最初の打ち合わせがあった
打ち合わせは白熱し、明け方近くまでアイデアを話し合い、非常に面白いことが出来ると手応えがあった
脚本が出来たのは映画公開の年春 しかも打ち合わせでの師匠のアイディアは一切使われてなかった
製作委員会は脚本家を交代を決断するも時間がなかった

最後の〆は「これがブリーチのキャラクターに見えたら作画と声優のおかげ」で締められてる
(詳しいコメントはググれば出てくる)

ちなみに興行成績は爆死
パンフのコメントと全く違うことを言ってるため「映画が爆死したから手のひら返した」と師匠に対してかなり批判が出た
あとプロデューサーが好きなキャラとのシーンをゴリ押したともあってそっちにも批判が

この映画はスタッフから「今後の展開の判断材料になる」と言われてたが
ファンは「自分の好きなキャラが活躍しないなら」とあっさり見放し
アニメは打ち切り グッズ展開も縮小 原作もドベ常連になった

これは原作の連載10周年記念作品の最初の作品なのに作者にとってもスタッフにとっても
ファンにとっても後味悪い結果に終わった
最初の脚本家一人勝ちじゃねえ?っていう

351: 本当にあった怖い名無し 2012/08/28(火) 13:58:43.34 ID:X9FeJVPHO
>>350
うわあマジかよ
自分の作品めちゃくちゃにされて事情を知らないファンには見捨てられるって…

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ