後味の悪い話

【後味の悪い話】インドのボパールでの化学工場事故

437: 本当にあった怖い名無し@ \(^o^)/ 2016/03/24(木) 02:12:54.28 ID:KkYL3pC70
最近海外ドキュメンタリーで知った
日本じゃあまり知られていないボパール化学工場事故について

1984年にインドのボパールでの化学工場事故。
アメリカ企業のユニオンカーバイド社がインドのボパールで
殺虫成分の生産工場で40tのガスを流出させた。
流出したガスが都市に広がり多くの人が呼吸困難になった。
結果的に朝には死者2000人以上、数十万人が被害を受けその後も死者は増え続け
最終的に20000人の死者を出した大惨事なった。
事故原因は会社のずさんな管理体制に問題あるとするが
会社側は原因は従業員のせいと言い認めなかった。
ちなみにこの会社1927年にアメリカでもトンネル工事で防塵マスクを支給せず
数千人作業員の健康管理責任を怠ったとして控訴されていた。
(詳しくはホークス・ネストトンネル災害で)

当時の経営者はアメリカに逃げてインド側が逃亡犯として
引き渡しを求めたのにアメリカが拒否。2014年までのうのうと生き延びてた。
一方会社が払った賠償金は一部しか遺族に受け渡らず2004年に裁判所が
政府に支払い命令を出すまで長い時間がかかっている。

工場跡もそのまま除染されず数千トンの有毒物質もろとも放置、
今も汚染や健康被害は続いており調査でその場所の汚染濃度は
インドの基準値の500倍あったと言う。
会社は現在も大企業の子会社として存続してる。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ