後味の悪い話

【後味の悪い話】ブラックジャック

スポンサーリンク

761: 本当にあった怖い名無し 2012/08/07(火) 12:54:41.20 ID:H9Jr2m+v0
ブラックジャックの中の1編。

外国へきたBJ。紛争中の国境を越えようとするが、その国の反逆者を手術したという理由で
警察から追われる羽目になり、迷い込んだ山で遭難。
そんな彼を助けたのが、麓でオオカミ女、化け物と恐れられている少女だった。
少女の口は大きく裂け、顎もまともな形ではなかった(いわゆるみつ口の酷いバージョン)。
少女はその障害が元で村から追われ、1人隠れるように山に住むようになった。
たまに村へ買い物に出ても、化け物扱いされるのは相変わらずだった。

BJは助けてくれた礼にと、『麓には絶対に降りない』という約束で少女を手術する。
手術を無事終えた少女は鏡に映る自分を見て驚いた。
口と顎を形成された少女は、目も眩む超絶美少女だったのだ。
少女はこんな自分をみんなに見て欲しい、誰かに見せたいと毎日願い
麓に何度も降りようとするが、BJはそれを許さなかった。
しかしBJが目を離した隙に、少女は山を降り村へ向かう。麓のみんなが驚く様子を想像しながら。
紛争の悪化した麓では、軍隊が目を光らせていた。
山を降りてくる人間は全て亡命者とみなし、射殺しろという命令がくだっていた。

銃声の鳴り響く麓を背に、BJは山を登り始めた。

少女が報われねぇ。

787: 本当にあった怖い名無し 2012/08/08(水) 01:19:06.68 ID:8KDudjmp0
>>761で思い出した。BJでの後味の悪い話。
同じく手元にないのでかなり脳内補完してるが許してくれ。

ある日BJの元に中年と若いの、女2人がやって来る。
中年の方は芸能事務所の社長で、若い方は無名の新人女優だった。
社長はこの新人女優を、とある顔に整形してほしいという。
その顔とは、同じ事務所の看板であるトップアイドルの顔。
アイドルは交通事故に遭い、不治の全身不随を告げられてしまった
しかし主演映画の撮影も、コンサートツアーも控えているので休ませる訳にはいかない
だが事情が事情なので、元々顔立ちの似たこの新人女優にアイドルの話し方・歌い方・仕草などを全部教え込み
替え玉にしようと考えている、と社長は言う。
BJは依頼を引き受けるが、いざ新人にカウンセリングを行ってみると
金を詰まれて承諾したものの、やはり替え玉人生なんて嫌でたまらない、顔を変えて他人になりすますのは恐ろしいと怯えている様子。

BJは新人を逃がしてやり、入院しているアイドルに接触することに成功する。
アイドルの担当医曰く、どう手を打ってももう体を動かすことは出来ないとのこと。
しかし芸能事務所たっての願いで手術を引き受け、その結果手術は成功。
動くはずの腕が動かない等、リハビリに手こずったりしたのだが、BJの荒療治でアイドルはものの見事に完治。
歓喜する芸能事務所関係者に連れられ、めでたくアイドルは退院、控えていたコンサートツアーに臨む。
…が、翌日アイドルが死んだというニュースが流れる。
アイドルの死因は車ごと崖から落下した事故死かと思われたが、車から遺書が見つかり自殺と断定された。
遺書にはこんなことが書かれていた。
スケジュールが目一杯詰まっていて束縛されている、休みたいけれど休めない
前の交通事故も自分で起こしたものだった、自分は本当は死にたくてたまらないのに助かってしまった―

リハビリが上手くいかなかったのも、彼女が死にたいと思い続けていたせいだった。

BJは何のために彼女を助けたのか、とひたすらむせび泣く。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ