後味の悪い話

【後味の悪い話】バンディラの山

スポンサーリンク

21:本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 08:38:21 ID:31z0m6NPO
スレチかもしれませんが…もう12年ぐらい前に見た漫画なんですけど、物語が凄い昔の話で、たしか主人公が男で
ある男が女の人に惚れて2人共惹かれ合っていくんだけど、当時の時代は女の人が何かの儀式でギロチンされて、その首を誰かに授ける?みたいなのがあって
ついに彼女の番になってしまう。
主人公は止めるんだけど儀式だから仕方ないみたいな感じで彼女も悲しい笑顔で去ってって結局死んじゃうんですけど…
で、彼女が最後
山のふもとに何かを残したみたいで
(すっごい適当(笑)
どうしても思い出せない)
主人公が一生懸命登ってやっと着いた!

って思ったら山のふもとには石が何個も積んであって主人公は放心状態気味で笑ってそこで終わりなんですけど…
すっご~~い気になるし後味悪いし気持ち悪いしって感じで。
誰か知ってる人いますか?題名とかストーリーが何となくしか思い出せなくて;でも当時は衝撃的だったし怖かったし半分トラウマ…でも気になるからもう1度読みたい!!

38:本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 17:55:14 ID:vt9oOOm/0
>>21の作者が好きでコミックを持っていたので詳しく。

主人公のアムサが住む地方には、「バンディラ様」と呼ばれる神を祀った山がある。
天災で家族を失ったアムサは、他の人々のようにその悲しみを「これもバンディラ様の御心」と受け入れる事が出来ず、家族を奪ったバンディラに復讐するために山を目指して旅に出る。

しかし旅の途中アムサは行き倒れ、カジュという少女に助けられる。
怪我の手当てや食事の世話を献身的に行うカジュに、アムサは徐々に惹かれていくが、カジュはバンディラに仕える巫女だった。
そのカジュも、アムサの旅の目的を知りながら彼にほのかな気持ちを抱いているようで、バンディラを巡って分かり合えないもどかしさを感じている。

アムサの怪我が癒えた頃、カジュの村ではバンディラに巫女をいけにえとして捧げる儀式の準備が進んでいた。
その儀式でカジュがいけにえとなる予定だと知り、アムサはやめるよう説得するが、「バンディラ様の元で幸せになるの」と儚い笑顔を見せるカジュ。

ついに儀式の当日、アムサの目の前でカジュはいけにえとして首を切り落とされる。最後までバンディラのために死ねる喜びを感じたままで。
家族だけでなくカジュまでをも奪われたアムサは、復讐の怒りにまかせてバンディラの山を登りはじめる。
険しい山の頂上にようやくたどり着いたアムサ。
しかし、そこにいたのは神ではなく、無造作に積み上げられた数個の小石だった。
「こんなもののために君は死んだのか・・・」とカジュを思い、そのままアムサは力尽きる。

それからしばらく経ち、ふもとの村では人々が噂をしている。
「バンディラ様に会いに行った少年は戻ってこないなぁ。」
「当たり前だ、バンディラ様と戦ってかなうはずないんだから・・・。」

アムサが頂上で力尽きたせいで、バンディラの正体を知らない人々の畏怖がさらに強まってるのが('A`)だった。
この作者はもう漫画描いてないのかな?うっすら悲しいハッピーエンドを描くのが上手かったような気がするんだけど・・・。

55:本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 05:08:38 ID:AaVJNGiXO
>>38さん
詳しく話を載せてくれて
ありがとうございます!
しかも分かりやすかった!そうそう、こうゆうストーリーでしたっ!
かなり私うろ覚えだったんですね;
恥ずかしい…
やっぱり後味悪いです…

本当にスレチでお見苦しくて申し訳ありませんでした。
皆さん色々教えてくださって本当にありがとうございました!

※この漫画は郡まきおさん作「バンディラの山」だそうです。単子本「だいぼうけん」に載っています。しかし本が絶版になっているのでなかなか手に入りません。

created by Rinker
¥7,930 (2021/11/27 22:31:16時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ