後味の悪い話

【後味の悪い話】エドワード・ゴーリーの創作

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/19(木) 00:49:09.548 ID:ftPKKa4T0
エドワード・ゴーリーの創作

(絵本)

エドワード・ゴーリーという不気味な絵本を書く作家がいる
胸糞成分もあるが内容がなかなか面白い

「不幸な子供」
あまりの不幸の連続に、読者は最終的には主人公がどこかで助かることを想像せずにはいられないが、
結局は不幸のままで物語が終わっており、不幸の連鎖と救いようのない主人公を徹底的に描いた無類の傑作との評価もある

「うろんな客」
とある家庭に見たこともない奇妙な生物が入り込み、食事の輪に加わったり、家の中を歩き回ったり、
様々ないたずらをしたり、わけのわからない行動を繰り返しつつ、17年以上も家に居つくという物語。

不気味だがちょっと面白いので、胸糞入門編にはうってつけかもしれない

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2020 サンブログ