後味の悪い話

【後味の悪い話】「ふしぎの国のアリス」のエピソード

777: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 11:04:11.47 ID:vE4ntolq0.net
ディズニーアニメ映画「ふしぎの国のアリス」のエピソード。

双子の兄弟がアリスの気を引こうと、カキにまつわるエピソードを語り始める。

海中で戯れる十数匹の赤ちゃんカキ(ヤングオイスター)とお母さんカキ。
そこのスーツを着て葉巻をくわえたアザラシが現れて、赤ちゃんカキたちに
「地上にはもっと楽しいことがあるんだよ。行ってみないかい?」と誘惑する。
お母さんカキは「ついて言っちゃダメ」と止めたけど、赤ちゃんカキたちは誘惑に負けて
アザラシについていく。

アザラシの家。テーブルに座って何が起こるか楽しみにしている赤ちゃんカキたち。
人間のコックにパンとスープを作るように命じるアザラシ。
「自分の分も残しておいてくださいよ~」とニヤつきながらスープを作るコック。
その間にアザラシが抱えあげられてびっくりする赤ちゃんガキたちを丸のみ。
コックが部屋に戻ってきたときには、山のように積まれた貝殻のみ。
怒ったコックがアザラシを追い掛け回す。

可愛い風の赤ちゃんカキが騙されて食べられる救いようのない話で、
ビデオで見て幼少時にトラウマ的な印象を残したエピソード。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ