後味の悪い話

【後味の悪い話】グリム童話「子供たちが屠殺ごっこをした話」

スポンサーリンク

676: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 17:09:48.87 ID:fu/myQAn0.net
グリム童話「子供たちが屠殺ごっこをした話」

父親が食用のために豚を屠殺する様を見た兄弟
父親の真似をして"屠殺ごっこ"を始め、"屠殺屋"役の兄が"豚"役の弟の喉をナイフで刺して殺してしまった
まだ赤ん坊の末子を風呂に入れていた母親は、弟の悲鳴を聞いて駆け付けると激情にかられ、弟の喉に刺さっていたナイフで兄の心臓を刺して殺した
更に、そうして目を離した隙に末子が浴槽で溺れ死んでしまったのに気付き、母親は悲しみのあまり首を吊って死んだ
しばらくして畑仕事から戻って来た父親はこれらの惨劇を目の当たりにし、あまりの衝撃に気が狂って間もなく死んでしまった
結局、その家族は誰一人生き残らなかった

677: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 17:52:29.69 ID:lJ64Bbxl0.net
闇のピタゴラスイッチ…

同じグリムに似た話あるよね
グリムは地方童話を集めたものだから地域による別バージョンかもしれんけど
そっちはピタゴラは発生せずに子供が豚役の子供(not兄弟)を殺したところで被害は止まり
町長だか神父だかによってその子供の裁判が行われ
「金貨かリンゴかを選ばせる、金貨をとったら金銭価値が理解できる程度に大人だから罰する
リンゴをとったらまだ純真な子供で悪意はなかったから許す」って事になり
その子がリンゴを選んだので罰せられませんでした、で終わってるけど
自分の子供を殺された上に相手の子供が罰を受けなかった親はたまったもんじゃなかったろうな

681: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 21:21:34.84 ID:SyFRXvRD0.net
>>677
井原西鶴の話にそれと似たのがあるよ

昔、京の町で子供たちが集まって遊んでいた時、7歳(数えだから今なら5歳)の子が不用意に小刀を手にして9歳(現7歳)の子を刺し、死なせてしまった
加害者の家族は「まだ思慮分別のない子供だから、どうか死罪にしないでもらいたい」と懇願
しかし当然ながら被害者の遺族は何としても加害者を死罪にしてもらいたいと譲らない
双方の訴えを聞いた奉行は、おもちゃの人形と小判を用意し、
「その子が小判を取ったら、価値判断の分別があるものと見なして死罪とし、人形を取ったら命を助ける事とする。明日は必ずその子を連れて出頭せよ」
と告げて、その日は一同を解散させた

家に戻った加害者の家族は、奉行が用意したものと同じ人形と小判を加害者に見せて、
「小判を取ったら殺されるのだよ」と一晩中繰り返し教え、翌朝にもよく言い聞かせてから奉行所に出頭した
一同が見守る中、奉行が「人形を取れば命を助け、小判を取れば死罪にするぞ」と言いながら加害者の前に人形と小判を出すと、加害者は歩み寄り小判を取った
被害者の遺族は「この通り、この者は不敵な悪人でございます」と言って加害者の死罪を要求し、加害者の家族は絶望のあまり声を上げて泣いた

しかし奉行は「この子が何の思慮分別もない子供である事がよく分かった
小判を取れば死罪にすると言われたにも関わらず、この子は平気で小判を取った(つまり死罪の意味さえも分かっていない)ことから、それは明らかである」
と言い、加害者を死罪にせず命を助ける判決を下した

685: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/25(金) 23:05:24.44 ID:fu/myQAn0.net
>>681
これは>>677以上に後味悪いね
奉行の言うとおり小判を選んだから、加害者は死刑になるかと思いきや、結局無罪放免とか、被害者親から見たら救いがないよね

688: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 03:01:02.10 ID:IYedFGvz0.net
>>685
まぁ、江戸時代の生活ってか仕組みからすると、奉行は被害者の親が単にうざかったんだと思う

700: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 06:46:15.29 ID:rfurf7SN0.net
>>685
どっちを選んでも奉行は無罪にするつもりだった、って話だよ。

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ