後味の悪い話

【後味の悪い話】野島伸司「世紀末の詩」

スポンサーリンク

65: 本当にあった怖い名無し:2009/02/06(金) 08:36:29 ID:kMF9vVqV0
「盲目の女の子が目が見えるようになった途端!」ってネタでは
昔やってたドラマがひどかった。

盲目の女の子は生活から治療費までおんぶに抱っこで彼氏に面倒見てもらってる。
二人はらぶらぶだったけど、女の子は手術で視力が回復(この金も彼氏持ち)した途端に
「げ、斉藤洋介じゃん!」と男の顔に失望する。
そして執刀してくれたイケメン金持ち医者へと乗り換える。

細かいあらすじも医者や女の子役も思い出せないけど、
斉藤洋介だけ忘れられん。

66: 本当にあった怖い名無し:2009/02/06(金) 10:39:01 ID:6EoBo5gN0
>>65
盲目だったのに美醜の概念があるってのがな。

70: 本当にあった怖い名無し:2009/02/06(金) 11:46:48 ID:+lLOdi070
>>65
野島伸司「世紀末の詩」の第二話「パンドラの箱」だな
女の子=遠山景織子、医者=袴田吉彦
このドラマはほかにも後味ワルーな話多かった

72: 本当にあった怖い名無し:2009/02/06(金) 12:22:48 ID:+WLCNsvt0
>>65
>「げ、斉藤洋介じゃん!」
ツボったwww

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ