後味の悪い話

【後味の悪い話】乙一『Seven Rooms』

スポンサーリンク

158:1/2:2006/02/06(月) 01:20:07 ID:lf0ux45U0
物語の主人公は小学生の少年。あまり仲の良くない姉がいる。
ある日、2人は何者かに拉致されてしまう。

気付くと、窓1つない狭苦しい部屋に2人一緒に閉じこめられていた。
ドアには鍵がかかっており出られない。
部屋の中にはなぜか汚い水が流れる溝があり、時折、人間の
バラバラ死体のようなものが流れてきて、それに怯える2人。
ある時弟は小柄な体を生かし、溝を通って隣の部屋に行く。
その部屋も自分たちのいる部屋と全く同じ構造で、女性が
閉じこめられていた。

何だかんだで姉弟は、このような部屋が全部で7つあり、
それぞれに1人ずつ拉致された女性が閉じこめられている、
そしてある順番で毎日1人ずつ殺されている(死体は溝に流される)、
空いた部屋には新しく拉致された女性が補充される、
というルールが存在することを発見する。

翌日は自分たちが殺される番だという日、
脱出する方法を考えながら、2人は初めて心を通わせる。

160:2/2:2006/02/06(月) 01:21:07 ID:lf0ux45U0
訪れる、2人の殺される日。
殺人鬼がチェーンソーを持って部屋に入ってくる。
姉がタックルを仕掛け、殺人鬼が怯んだ隙に
弟が外に出てドアに外から鍵をかけてしまう。
そして、他の部屋に閉じこめられた人たちを救出する。
姉は救い出せない。
姉を救い出そうとドアを開けてしまうと、殺人鬼も
出てきてしまうからだ。
殺人鬼のチェーンソーのうなる音と、姉の勝利の高笑いが
ドアの向こうから聞こえてくる。

弟は脱出しながら考える。
姉はとんでもなく残虐な方法で殺されるだろう。
全ての計画を狂わせてしまったのだから…と。

乙一の「Seven Rooms」。
殺人鬼の正体も目的も明らかになっていないうえ、
最後の後味の悪さと来たら('A`)

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ