後味の悪い話

【後味の悪い話】幸せそうな家族

スポンサーリンク

677:本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 04:19:33 ID:2I9QVV9Q0
何かの漫画だったと思う、題名とか思いだせん…スマン

主人公は旅行で来ていた山荘でとある家族と出会う。
彼らは夫の仕事で山荘に住んでいるという。
夫は大学教授、妻はガーデニング好きの主婦、娘は音大生で息子は高校生だ。
その家族は非常に仲が良く、夫婦は愛し合い、子は親を敬い、親は子を慈しむ
主人公は本当に理想の家庭だと感じ、その家族と親しくなる。

その後、町に戻った主人公はひょんな事から山荘の家族の息子と同姓同名の少年に会う。
しかし、この少年は、息子とは全く逆で家族を嫌い、家には全く寄り付かず、
夜な夜な悪い仲間と遊びまわるどうしようもない奴であった。

しかし、もう一人の主人公である老人から教授の息子は
その不良少年一人のはずだと聞かされる。
不思議に思った主人公は色々調べて真実を確かめる。
その結果、教授の本当の家族はすでに崩壊していたと知る。
妻は他に男を作り家を出て行き、娘は未婚の母となり風俗で働き
息子は先に出会ったように不良になっていたのだ。

では、あの山荘で見た幸せそうな家族は?
主人公は真実を確かめる為に再び山荘にむかう。

678:本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 04:20:19 ID:2I9QVV9Q0
不良少年と共に教授に真実を問い質す主人公
遺伝子学・生物学の権威であった教授は崩壊してしまった家族を
再生するのではなく、妻・息子・娘のクローンを作ることによって
再び自分の理想の家族を築きあげたのだと答える。
クローン達は自分の理想の性格を体現してくれる、それにDNAレベルで同一人物だ
自分を蔑ろにするオリジナルの家族よりこちらの方が余程大切だと語る。

それを聞いた不良少年は切れてしまい山荘に火を放つ
しかし、運悪く少年は炎の飲まれそうになる。それを救う教授。
救われた少年は一緒に帰ろう、やり直そうと父に話しかけるが、教授は
「自分の本当の家族はあの炎の中だ」
と言い残し燃える山荘に再び入る。

燃える山荘を前にただ立ち尽くす少年と主人公

END

681:本当にあった怖い名無し:2006/12/27(水) 04:32:19 ID:aRM7OrdBO
助けたってことは多少は本物の息子を愛していたんだよね
息子も最後に優しくされたまま父親に死なれて後味悪いだろうね

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ