後味の悪い話

【後味の悪い話】女性アイドルグループ「スターボー」

スポンサーリンク

150: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 20:42:31.67 ID:SomJSLIC0.net
1980代に松田聖子を皮切りに様々なアイドル達がテレビなどで席巻していたまさに芸能界はアイドル時代って時の話
松田聖子や中森明菜のように華々しく活躍するアイドルがいる一方、レコードが全く売れず2、3枚だけ出した後そのまま消えてしまったアイドルの方が多かった
そんな中、1982年に松本隆・細野晴臣というビッグネームがスターボーという3人組の女性アイドルグループを作り上げた

1982年はアイドルのデビューが非常に多く、生き残ることができるように何か差別化を図ろうと考えたのかもしれないが、何故か「 地球から遠く離れた惑星から愛を伝えるためにやって来た宇宙人」という設定で売り出すことになった
ビジュアル面もそれに合わせるかのように、髪型はテクノカットで顔はスッピン、衣装はフリフリの可愛らしいスカートとは真逆の、宇宙をイメージした何とも形容し難いものだった
さらに歌声は野太く、常に無表情で無口、名前も最後にトが付く、曲はテクノ系で歌詞は男言葉で統一されているなど無性別感が意識されたものだった
今までにもないアイドルという形でデビューしたが、当時はこれが不気味で理解できなかった人が多かった
その結果デビュー曲はたったの7000枚だけしか売れなかったという悲惨な結果に終わった
しかし、スターボーの本当の悲劇はここからである

151: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 20:43:29.01 ID:SomJSLIC0.net
この路線のまま曲を出してもう少し様子を見るか・・・などといった選択はたくさんあったかもしれないが、あろうことか今の宇宙人路線を無かったことにして松田聖子等のぶりっ子系アイドル路線に転向し、新たに曲を出すという選択になってしまったのだ
この事によって髪型は聖子ちゃんカット、顔はスッピンではなくなり衣装も女の子らしい可愛いものに
そしてみんな笑顔で本来の高い声で可愛らしく歌うなど大きく変化が見られた
さらに名前も二文字の女の子らしい名前にするなど、グループ名以外は大きく変更された
そうして「 日本に住む普通の女の子に帰化した」という何とも苦しい設定のもとデビューしてから2番目の曲を出した
しかし、それも全く売れずレコード1枚アルバム1枚を出した後ひっそりと解散した
その後プロデュースした松本隆は、「 思い出したくない過去」、「 悪夢」 と自嘲しておりやはり黒歴史扱いとしている

この件で一番可哀想なのはやはりメンバー3名であろう
テレビに映るアイドル達が華々しく活躍している姿に憧れて、東京のアイドルスクールに通い自分達の憧れのアイドルになれるよう日々努力をし続けていたのかも知れない
しかしようやくデビューの話が決まったと思ったら誰がどう見ても、拒絶反応を起こすであろう宇宙人設定のアイドル
それでも彼女達はデビューという道の為に妥協して受け入れたのかもしれない
でも売れなかったせいでいきなり正統派のアイドル路線に切り替えさせられ、それでもしばらく頑張ったのに売れなかったから解散してと大人達のおもちゃとか実験台とかにされてしまった感が半端なかった
そのせいか解散以降彼女達の消息は1名を除いて全く不明だし、その消息が分かった1人もようやく一昨年にどこでどんな事をしているのか判明できたみたいなもんだし、活動してた時のことはいろいろネガティブに語っていたし・・・
上記のような仕打ちを受けた事を考えれば、他の2人が消息が一切分からないままなのも当然のことかもしれない

152: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 21:07:03.90 ID:cI18Ed2L0.net
>>151
あまちゃんで曲が使われてたな

本人達はどんな気持ちだったんだろうな

159: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/01/19(火) 22:10:43.65 ID:Ls1v6JRv0.net
>>151
私の遠い知り合いがスターボーの息子ですよ
引っ越してからどこにいるかもわからないけど…
やっぱりネットで悪く言われてると腹が立つっていってたのを思い出すわ

関連記事 一覧

-後味の悪い話

© 2021 サンブログ