後味の悪い話

【後味の悪い話】ウルトラマンシリーズ脚本家

99: 本当にあった怖い名無し 2018/10/19(金) 17:00:17.00 ID:g7k5Wnb90
後味の悪い話としてもう誰かが書き込んでるかもしれないけど、書かせてもらいたい。

ウルトラマンシリーズの二次小説とか、ウルトラマンシリーズの映像作品の感想を書いたりしていた「ウルトラ38番目の弟」ってサイトの管理人がいる。

その人がウルトラシリーズ担当したこともある脚本家にTwitterで凸られてサイトもTwitterアカウントも消した事件ってのが個人的に後味悪い事件だった。

脚本家がその管理人に凸った理由は、管理人がその脚本家が担当した映像作品の感想の中で「話題になりにくい人であるが…」みたいなことを書いてたことに対してブチ切れたということらしかった。

しかし、実はその管理人は凸ってきた脚本家の以前からのファンで、話題になりにくい云々の話もネガキャンとかの気持ちで書いたものではなかった(と言われている)。

ファンだったのは本当らしいが元サイトも消えてしまったのでどういう意図があったかはもう事実を調べられない。

多分「あまり名前が表に出ないけどいい作品書く人なんだよ」みたいなこと言おうとしたんじゃね?とゲスパーしてる。

100: 本当にあった怖い名無し 2018/10/19(金) 17:00:34.37 ID:g7k5Wnb90
しかしその脚本家はどこでその文見たか知らないが、その「話題になりにくい」の文を見たあとに、管理人のウルトラと全然関係ないツイートに「話題にならなくて悪かったな」「返信が無いが?」「糞野郎!」との罵詈雑言送りまくった。

管理人は病み上がりだったこともあるし、そもそもファンだった脚本家からの罵倒リプに大ダメージ食らった。

サイト自体も大手だし、サイトへのファンも大勢その脚本家を糾弾したらしい。

その脚本家の罵倒リプから後日、脚本家は管理人に謝るのではなく普通のツイートとして謝罪表明をし、罵倒リプを削除して、管理人とも一応和解ってなったらしい。

でも結局サイトは閉鎖してしまった。

自分はその管理人が運営していたサイトをたまに見ていたし、見る時は楽しく見ていただけに、事がすべて終わってしまってからこの事件を知って凄くショックだったよ。

ウルトラの大ファンだった人間を、ウルトラシリーズの脚本家が些細なことでキレて追い詰めてサイトを閉鎖に追い込んだっていうのも自分としてはすごく後味悪い事件だった。

のちにウルトラシリーズ好きな人間から教えてもらったけど、この脚本家「王道が嫌い」とかいって明るいコメディ的な話で進んでいたシリーズを終盤から絶望ラッシュに変えたりとかした前科もあると聞いて、更に後味悪い。

作品とそれを作る人間は分けて考えなきゃいけないと思うけど、どうしても今後この脚本家が関わった話とかはあまり見たくないなって思ってしまう。

112: 本当にあった怖い名無し 2018/10/20(土) 17:21:33.36 ID:SAIHStrt0
>>100
ノワールブラックシュバルツみたいな脚本家だな…

スポンサーリンク

116: 本当にあった怖い名無し 2018/10/20(土) 19:04:06.89 ID:0JB6yPn80
>>112
そうなんだよ…。

しかもその脚本家の謝罪の仕方がその管理人本人に謝るわけじゃなくて、弁明っていうか悪く言うと言い訳みたいな謝り方で、その後にしれっと罵倒リプ消してたのがさらにモヤモヤする。

105: 本当にあった怖い名無し 2018/10/19(金) 20:58:33.02 ID:g7k5Wnb90
ウルトラシリーズの脚本家がウルトラファンのサイト管理人を潰した話の追加だけど、後に調べたらこの脚本家、上記で述べたシナリオ突然の絶望ラッシュとは変わって、怪獣を保護するウルトラマンの話とかも書いてた人だった。

何か、優しい話を書く人が優しいとは限らないのは当たり前のことだけど、自分がちょうどその優しいウルトラマンのリアタイ世代だったのでさらに後味悪い。

作品で優しさを説いておいて現実では批判したわけでもないちょっとした言葉で罵詈雑言かよ…って感じ。

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ