爆笑ネタ

【爆笑】イエメンで医師をやっている詐欺メールとのやりとりが面白いと話題に

スポンサーリンク

@zoltandogさんの家人がインスタで「52歳。イエメンで医師をやっていて妻は難病で数年前に死去しており、日本でお嫁を探してて、投資にも興味があり、そのうち日本で開業もしたく思っており、父親は母親に暗殺された過去を持つ男」と連絡を取り合っています。

そのやり取りが手に汗握る展開となっており、面白いと話題です。

イエメンで医師をやっている詐欺メールとのやりとりが話題に

@zoltandogs

家人がインスタで「52歳イエメンで医師をやっていて妻は難病で数年前に死去しており、日本でお嫁を探してて、投資にも興味があり、そのうち日本で開業もしたく思っており、父親は母親に暗殺された過去を持つ男」と連絡を取り合っている。詐欺だろうけど、どのルートで金を要求するだろうか。

家人としては紛争に巻き込まれて同僚が大変なので金をくれルート(基本ルート)だと言うのだが、どの辺で言い出すか暫く見守ってるらしい。私としては父親のエピソードを活かした枝ルートに期待している。

逆に「妻がマフィアに追われて命が危ないんだ!死んでしまうかもしれない」と金を要求してみてはどうか。と言ったら家人は「せっかくここまで育てたのに…台無しになっちゃう」とか言うのだった。

イエメンの男性医師、今日は趣味と好きな色は何か?とかきいてきてお見合いみたいなモードになってきたらしい。「私はあなたを兄弟の様に思っています」って言われたみたいだからそろそろラブが実って来たのかもしれない。やったぜ!

イエメンの医師、私はライバル医師に全てを奪われたんだ!とニューキャラクターぶっ込んできた。佳境!

私の方がうでは良かったのにライバル医師はそれに嫉妬して…様々な嫌がらせを受け…私は…って苦悩しとるらしいから家人に「そこもっと詳しくきけ!」と言ったのだが、それやっちゃうとちょっと…とか遠慮しているの謎。攻略のサジ加減なのかなー。

医師から「貴方を兄弟と呼んで良いでしょうか?」と言われた家人が「やった!フラグ来た!」と叫んでいる。「しかし、このフレーズ来ちゃうとそろそろ終わりが近いんだ。寂しいな…」と言いながら「いや、まだそれ(兄弟呼び)は早い」と返していてこいつ焦らすの上手いなーと思った。

イエメンの男性医師、いよいよきたみたいで「日本で投資家として開業したいから不動産を探してくれ」と言い出した。そろそろ終了だろうか?寂しい。家人は外国人向けの不動産サイトをお勧めしてあげている。

フェードアウトか?金を要求してくるか?の二択になってきた感じ。イエメンの男性医師。

色々きかれたので不動産サイトをお勧めして、私は専門外なのできっとネガティブな結果にしかならないと思う。不動産はちゃんと業者と相談したら良いですよ。って家人が長文で返したらイエメンの医師はちょっと沈黙した。

しかしさっき「私自身が日本に来るべきですね!」って言われたみたいだからこれは来日の資金をせびるルート、来るか?

イエメンの男性医師、日本でショッピングセンターと病院を開業したい!どうしても東京に来たい!と言い張るのだが、日本語がエキサイトぽいので家人が「もっと日本語を学んでからにしては…」と忠告したら「10年日本語勉強したんだ!」と不本意そうだったみたい。

父親はブラジル人のビジネス富豪で資産を狙ったアメリカ人の母親に暗殺されている医師…なぜ日本の東京にそんなに拘りが。

先ほど新展開があって…医師から「新たなテロ行為で職場が大変な事になり、今私は治療を頑張っています!この仕事で命を落としても構わない!」と云う文と患者の傷病写真(色々骨とか出とる)を送ってきた。もし本物の医師だったらコレめちゃ最低だよ!

家人は「患者さんに撮影の許可は貰ってますか?!めっちゃ失礼ですよ!しかもそれを知り合ったばかりの第三者にメールで送るなんて!やってはいけない行為ですよ!」と怒りのお叱りメール返信。

詐欺にしても本物の医者にしてもどっちも最低な男だと云うのが分かってきたので家人がだんだんイエメンの男性医師に興味を失いつつある。やばい。どうしたら。

イエメンの男性医師は「オー!済まなかった!貴方の言うことは理解しました!!ここイエメンの政治やら何やらが悪いので」とか言ってイエメンに責任転換して謝ってるみたい。ショック与えたらマウント取れるかも?みたいに思ってたんだろうけど、当てが外れた様だ。家人は怒ってる。

その後も「私の仕事はとにかく大変なんです!毎日倒れそうになってる!」と主張するので家人は「ともかく、身体を休めましょう。よく休んで下さいね」と返していた。優しい。なんか慣れてんな家人。イエメンの医師は「ありがとう。じゃあお休みなさい。また明日。」って寝た。

イエメンの男性医師、話題を変えようと「貴方のメンターは誰ですか?私のメンターは亡き父です。素晴らしい人でした」と言うんで「あ!あのお母様に暗殺されたお父様!!」と家人が返したら「父は本当に素晴らしい人でした」ってなんかスルーしよった。不味い話題は基本スルー設定になってるみたいね。

「父は大変献身的な人で、人々の為に日々働き、生命と財産を投げ出してまで社会に貢献していました。」ビジネス富豪のお父さん!もしや、財産を狙った誰かに騙くらかされて、危うく寄付の名目で全部持ってかれそうだったから妻に暗殺されたのでは?!

そこからイエメンの男性医師が「貴方は目の前に困った状態にある人が居たら助けますか?」って話になったので家人は「うーん。状況によりますね」と返したから「私は必ず即助けますよ!」ってお返事。どうも望んだ答えではなかったらしい。すれ違いながらの会話は続く。

「私が一番恐ろしく思っているのは愛する人を失うこと。私は二度と愛する人を失いたくありません。私は気心の知れた仲間たちに囲まれて平穏に楽しく人生を送りたく思っています。…何故か分かりませんが、貴方と話すといつも幸せになります」これもうラブじゃん!ラブ来ちゃったじゃん!!

しかし家人は「それは良かった」とクールに返しよった。こいつ…!イエメンの医師は「大変疲れたからちょっと寝ます。お休みなさい」って寝ました。どうなっちゃうの?

イエメンの男性医師、家人が「今日もお仕事大変そうですね、体に気をつけて頑張って!」って言ったら「甘い夢で貴方に会いますね。お休みなさい」って言って寝た。着実にラブが育っている感じ♡

イエメンの男性医師、「貴方に会いたい…日本に行きたい」と言い出し「日本に行ったら貴方のお家に招待して歓迎してくれますか?」と転がり込む気アピール。本物だったらオレの日常どうなっちゃうの?ドキドキ!しかし家人は「ダメです」と断ったのでまぁ安心したが、医師は半狂乱だ。

スポンサーリンク

「オー!!何故!?私は貴方にとって悪い人でしょうか?」と言う医師に家人は「まだ貴方とはネット上で数日やり取りしただけで、そこまでの仲では…それに貴方の名前や顔、経歴が本当かどうかはまだ分からない。仕事も忙しいし、ゆっくり話ましょう」と返した。もうフェードアウト間近なのか?

医師アカウントのインスタ、全然更新されていないのだった。しかもイエメンぽさが全く無い。癒され画像集めてきて貼ってセルフ癒されてるって場合もあるけど…。

イエメンの男性医師おへんじ返って来た!「私は家庭でひとりで育ち、家族というものに大変憧れがあります。だから貴方ともっと親しくなりたい。東京に来たら貴方と友人になりたい。私が何かをする前にそれを分かって下さい」日本語…やっぱりエキサイト翻訳では…にしてもこれ何か仕出かす宣言なの?

詐欺じゃなく本物だとしてもすごい国際的さびしんぼうなのでは…スケールの巨大な…。こんな医者にあまりかかりたくない気持ち。日本に来ての開業は絶対失敗しそうだ。家人は「貴方とはまだ知り合ってばかり。ゆっくり友人になりましょう」と返したのだった。ちょっとクールダウンした。

最近更新が無いが医師のインスタにはネコちゃん写真があって、疑った家人は「猫ちゃん元気ですか?」ときいたら「元気ですよ。イエメンでも人見知りせずみんなと仲良くしています」と写真が来た。同じ猫…!!という事は、医師、実在する?暫くペットの話題が続いた。

イエメンの男性医師「今私は仕事中ですけど、そちらはどうですか?」と来たので家人が「疲れを溜めない様に気をつけて頑張って下さいね。患者さんを治療中ですか?」と言ったら「はい勿論です!私は貧しい患者を生かしておくために最善を尽くしています!」と若干失礼な感じで返ってきた。

「暇な時どうしてますか?私は小説を読んだりテレビを見たり、料理したりですよ」ときて、昨日グイグイ来たから今日は雑談で盛り上がるターンかなと思っていた。「そろそろ東京に投資して大きな病院をたて、貴方といつも一緒にいたいです。二人で困った人を助け、創造する。新しい世界」新しい世界?!

これ?!これってこと?私だけは内心わくわくしました。

家人「どんな小説が好きですか?」「病院とはすごい!どのぐらいの物を考えてます?」ときく。医師の返事は「おー!私はまだ知りません!しかし東京に来るとどうしたら良いか分かります。貴方はどう思いますか?」開業不安過ぎるな…。家人は小説の話をしたかったのに、と不満そうであった。

家人は真面目に「大きなプロジェクトなので綿密な調査と計画が必要ですよ。先ず東京で1〜2年はオフィスをかまえて医療と不動産のチェックをした方が良い。あと失礼ですが、先生は日本語の会話力が不足しています。この会話は機械翻訳に近い。まだ問診など難しいのでは…?」と長文を返す。大丈夫?

「それから、病院を作るのは大変お金がかかる事業です。暗殺されたお父様はビジネス大富豪なので開業出来る資金をお持ちかもですが…」家人、暗殺された父親の話を気に入り過ぎているな。

「オー!本当!私は貴方が何を意味するか理解しています!私は日本語が沢山話せます!私は最善を尽くす事を約束します。だから東京に来る時は誰かが居て欲しい。私は何十億ドルも持っています。私は私と一緒に沢山のお金を持っています!」と医師。だからエキサイト翻訳ぽいって忠告してるのに…!

「私は貴方が良い心を持った素晴らしい人だと気付きました。貴方は素晴らしい未来を持つとても素晴らしい人です。私達の両方が一緒に目的を達したいのです」褒めの乱発に家人は「専門的なパートナー、またはエージェントを雇った方が良いですよ。日本にもコンサル会社があります」と冷静な返事。

しかしイエメンの男性医師「おー!私には貴方以外に話す人は居ない!」国際的さびしんぼう!あんたイエメンで沢山のスタッフや医者と働いてるのに?!職場ぼっち可哀想過ぎる。「日本のエージェントは信頼出来無い。私が友達として信用してるのは貴方だけなのでアドバイザーとして貴方を望んでいます」

「貴方は病院の世話をするでしょう。労働者を雇うひとになるでしょう」考えてみたらこれ程の良いパシリじゃない?当然ながら家人は医療従事者でもないで「私は知識も資格も無いのでエージェントになれません。」と断るのだった。

スポンサーリンク

家人は「貴方が嫌いな訳じゃないんですよ」とフォロー。「重ねてききますが重要な事なので」と病院の規模(病床数、スタッフ数、場所)を尋ねる。医師は「品川でベッド数は55、看護師は60人、医師は5人くらいになる予定です。が、私はハード医師になります。ので、全ての労働者は私の下で動作します」

医師、だんだん滑らかな日本語にするの面倒くなってきてない?「その為には、私が東京に来る時、私は貴方のサポートを必要とする理由です。私は貴方が私を信じて、私を信頼したい。私は貴方を良い人だと信じているから」しかし家人はあまり良い人ではなく「日本の医師免許はお持ちですか?」を出した。

「米国のベテラン医師でも日本の医師国家試験を受験し、医師免許を取る必要があります。米国人なら英語でも受験出来る様ですが、その場合、特定の診療機関での診療行為しか許可されません。因みに日本の医師免許の過去問を見ましたが、今の貴方の日本語だと合格は難しいでしょう」とリンクを貼る家人。

イエメンの男性医師は「ワオ!わかった!了解した!」やはり知らなかった模様で、「東京に来たら国家試験があります。私は貴方のサポートを必要とします」へとステップアップした。これは大変なことになってきたぞ…。

イエメンの男性医師に家人は「私も医者の友達が居ますが、開業医は大変ですよ。しかも品川区は激戦区ですし、いきなり開業は無理ですよ。東京よりも人口の増えている埼玉県など需要のある所を探してからにしては?とにかく日本に住んでみて土地勘を養い、日本語能力を高めて下さい」と言ったのだが…

医師は「ワオ!分かった!でも東京に来たら友達として応援してほしいのです!」と言うのだった。友達だったらなおさらだよ!開業が心配過ぎるよ!なので家人は簡単なやる事リストを医師に伝えた。

「一年後イエメンの医療センターを退職したら→東京に数年住む→病院医療事情を調査する→どこに建てたら良いか足を運ぶ→信頼出来る医療系コンサル会社に相談→日本語を母国語レベルに鍛える→私を貴方の病院計画に参加させない」最後ぶっ込んできたな家人。「日本語能力の話は問診が不正確になるし、お年寄りの相手が難しくなるからです。それは職業が医者なので」

家人のターンだ!「後学のためにききたいのですが、人を雇う時に私のアドバイスを借りたいと云う事は、病院の理事とかそういった役職な訳ですよね?病院経営には全く理解も興味も無い男に、そんな重要な役をやらせて務まるものでしょうか?何故そう思うのでしょうか?」

イエメンの男性医師は「おー!分かった!理解します!心配しないで下さい!私は病院とショッピングセンターを開きます!貴方は私の監督になって欲しいのです!」分かってねぇ!「私は東京に来てショッピングセンターを開き国家試験を受けます!私が何を言っているのか理解していただければ幸いです!」

理解したが…理解すればするほどダメなので、家人は「ショッピングセンターには数億円単位のお金が必要ですが、貴方はそれを持っていますか?」ときくが、医師は「勿論!私は医者です!お金は心配しないで下さい!」とやはり心配な返事をよこした。

家人はここ迄でちょっと飽きてきてる「ショッピングセンターを開くとして。私に監督をさせたいとはどう言う意味でしょう?」医師からは「貴方が私の活動を担当する事にしたいのです」との返事。よく分からんので「具体的なことを書いて下さい。日本語で難しいなら英語でも構いませんよ」と言った。

イエメンの男性医師は「Oh!you are a nice person to me!」と言ってきたので家人がイラッと来て即「やっぱり日本語で書いて貰えますか?」と返したので爆笑した。「江戸むらさき特急」の岡っ引きトム(ほりのぶゆき)を思い出したと言うことです。分かる。

医師に日本語で再度書いて貰う。「ショッピングセンターで労働者を雇う人になって欲しいので貴方に活動を担当してもらいたいのです」大体分かった。「ショッピングセンター全体の事業のディレクターですか?大仕事じゃないですか?それをやったとしてサラリーは幾ら貰えますか?」と家人が踏み込む。

医師「はい!勿論!私は沢山のお金を貴方に払います」沢山…「沢山っていくら?」と家人がきくと医師は迷ってる様子で、文章を何度か書いては消ししてから「私のディレクターとして10520000を毎月円払います。理解していただけますか?」と金額を提示した。この額何か基準あるのかな?謎…。

家人は少し様子をみようと思った。「それは高額ですね!富裕な貴方なら大した額では無いのでしょうね…ならいっそ、私の仕事に出資していただけませんか?もし私が貴方の仕事のディレクターに就任したら私の仕事の制作を止めなくてはならない。しかしこちらも人を雇えば損失はありませんよね。

計算すると大体十億ほど必要です。でも貴方なら十億円の出資は簡単でしょう。無論そのお金は貰いっぱなしではなく、事業が成功したら利益を還元します。この提案はいかがでしょうか?」と逆にやってみた。医師、どうするの?

医師から「おー。それは私は大丈夫です。同意します。ですので貴方は私の事業のディレクターになりますか?」のお返事。家人は「ごめんなさい。先程のは軽い冗談です。私は友人とはお金のやり取りは一切しません。金銭が絡むと純粋な友人関係では無くなってしまいますから。」と断った。

家人は「それに、月それだけのサラリーを出すなら超一流のスタッフが雇えます、私以外の優秀なスタッフと仕事をして下さい」というのも重ねてみた。医師は「分かりません。貴方はそれによって何を意味していますか?」とちょっとムッとした感じのお返事。この受け答え文、初では!?分岐?

家人が何度断ってもなかなか引き下がらない医師…「私は貴方以外の誰も信用していません!だから私は貴方に労働者を雇う人になって欲しいのです!」隙あらばさびしんぼうをアピールしてくる医師…「何故貴方は私が何を意味するか理解しませんか?私は貴方の最高のが欲しいのです!」

「私は貴方に私を信じて欲しいのです!貴方は私を恐れていますか?本当の事を言って下さい」何かすごい見たことある展開…ッ!!もうこれ、告白なのでは…!?国際的に愛が実るのでは…!?

家人、どうすんの?しかし家人は「貴方のこと怖くないですよ。実に愛すべき人物です。ただ、私は自分が出来もしない仕事は引き受けたくありません。日本人でなくとも分別をつけた大人ならこう答えるでしょう」と医師に返す。こいつ、こんな才能(ドS)持ってたとは思わなかったぜ…恐ろしい…。

イエメンの男性医師との接触は一週間ほど前に始まった。いよいよ相手も焦って来た頃合い…家人もだんだん面倒くなってきてる。これで終わっても良いかも…と家人は思った。「貴方のフルネームは何ですか?勤めている病院の正式な名称は?イエメンの何処にありますか?貴方の全体はまだ霧の中です。

私はネットでのコミュニケーションは慎重でありたいのです。答えたくなければ答えなくても構わない。しかし、ビジネスパートナーにするには貴方を知らなさすぎる。貴方がイエメンで医療をしていると分かる、イエメンの同僚と一緒に写った写真を送って下さい」と送ったところ

医師は「貴方は病院を監督出来ません。知っています。心配しないで下さい」と言ってはぐらかした。なので再度「友達を信じる事とは別で、ビジネス上での信頼関係の話です」とさっきの質問の答えと写真を要求した家人。そしたら医師はフルネームと何処かわからん診療所に1人で居る写真を送ってきた。

スタッフ一緒に写ってくれないの?やっぱり職場でリアルに嫌われてるの?「これはイエメンに居る証拠にはなりません。医療センターの看板と並んだり、スタッフたち(私には30人の部下が居るって言ってたのだった)と並んでの写真は無いのでしょうか?」と言ったが、結局写真は来なかった。

医師はそのまま仕事に出たっぽく、しばし沈黙した。

数時間後イエメンの男性医師は「今晩は。こんにちは。貴方は今は何をしているんだい?」とフランクなキャラでやって来た。家人は仕事をしていると答え、今からご飯食べるので…と断りを入れた。「分かった!」何だろ、前と違うノリで不安になるな…。

イエメンの男性医師の朝のお便りが始まる「おはよう。貴方はもう朝食を食べましたか?」家人もお早うと返し、パンをたべたと言う。今日はちゃんと普通の対話が出来ると良いなー「それは美味しいに違いない。私は私の退職を待っています。イエメンでの仕事はすぐに引退します」い、医師ー!?

スポンサーリンク

「具体的にはいつに決まりましたか?」「来月私の退職を待つことにしました」「一年後ではなかったのですか?早まりましたか?」何か不祥事をやらかしたの医師、あるいは周りに嫌われてもう職場に居づらい状況なの?家人は冷静に「少し気が早いですが、お疲れ様でした」と返す。

医師は「来月引退するのでとても嬉しいです!ありがとうございました友達!」とちょっと嬉し気なんで家人は「どんな医療現場のお仕事だったんですか?やはり危険な地域ですか?」ときいてみたのだった。医師からは「私は国連で働いていて、戦争はまだ続いています。イエメンでは40万人以上が殺され…

600万人以上が難民となり…イエメンの国内の政治は…」と医師の具体的な仕事の話はなかなか出て来ない「…しかし私は戦争がすぐ終わる事を祈ります」「それは私も。一刻も早く戦争の終結を望みます」と家人。

イエメンの男性医師「はい!勿論!私もそう願います。私は数週間後東京に来ます」ええー!!医師「それが理由です。私は東京に来る時、私のそばに貴方が居て欲しいのです。私の友達!」ああ、また…。また求められてる家人「私は今仕事が忙しくお会い出来そうにありません。一緒には居られません。

しかし東京で何か困った事があれば質問して下さい。出来る範囲で調べてお知らせする事は可能です。しかし、現地に出向いたり同行するのは無理です。あしからず」と返した。イエメンの男性医師は沈黙(多分睡眠時間でタイムアウト?)どう出る医師?

家人が出先で「あ、お知らせ入ってる」ってイエメンの男性医師からのメールをチラと見たままにしていて、後でちゃんと見たら「夕方良いこんにちは!私はとてもつかれました。私に東京に来て欲しくないってどういう意味?」「なんでなにも言わないの?」とキャラ変してた。

家人は「お待たせしました。仕事で出ていました。既読になっていたかも知れませんね」と返したら医師はキャラを思い出した様子「おー!分かった!了解した!私はそれについてとても申し訳ありません」さっきの口調何だったの医師。「貴方は私が貴方の家に来る事を望まない。私は悪い人ですか?」

またかー!家人ちょっとウンザリ気味「私は貴方を悪い人と思ってません。東京に来て欲しくないとも思いませんよ。今私は仕事で忙しく、それ以外ではなかなか時間を取れないんです。

貴方だけでなく日本人の友人にも同じ答えです。それに、貴方は東京にはショッピングセンターの建設や病院の開設の為に来る予定だったのでは?」

医師は「貴方が私が東京に来て欲しくない。どうして?私は貴方にとても怒っています」とやっぱり口調がちょっと違う…。医師、何があったの?誰かが代理で書いてるの?ところでこのツリーめっちゃ長くない?どこまで繋げて大丈夫なのか心配。

逆に家人怒りの返信「怒ってる?何故です?私は東京に来て欲しくないとは言ってません。貴方の自由ですよ。でも私が言っているのは、私は仕事が多忙で数ヶ月身動きが取れない→貴方が来ても会えない→来日した時困ったら問い合わせメールを下さい。メールで答えます。以上です。もう一度ききますけど

ショッピングセンター事業と病院建設をする為に東京に来るんですよね??前に貴方は一年後くらいに退職して東京に行く予定ですと言っていました。私も一年後ならお会い出来るかもと言いました。しかし、貴方は何故か今朝には「来月」つまり数週間後に東京に来るとなりました。私にも予定があります。

今山積みの仕事が一段落するのは恐らく数ヶ月後です。貴方が最初に予告していた一年後なら私も少しは融通が効くと思いますし、一年後くらいにゆっくりお茶でもいたしましょう。それから、前には貴方は数十億ドルの資産があると言っていましたね。」たたみかける家人!

「そんな資産家がビジネスで来日する際には弁護士やマネージャーなど複数のスタッフを連れて来ないといけませんよね。きっと優秀なスタッフを雇う事になるでしょう。そういう人達となら来日してもトラブルは起きないはずです。…貴方はご自分のスタッフを連れて来ますよね?」

イエメンの男性医師から「はい勿論です!私はスタッフと共に来ます!それが理由です。私は私の友人として私のそばに貴方が必要なのです訴えかける顔」初のスタンプが来た!!スタンプ(ウルウル目の顔)一度も使ったこと無かったじゃん!どうしちゃったの医師?!どうする家人。

家人が「では医師はどうか優秀なスタッフと共に東京でバリバリ働いて下さい。私は貴方の事業には全く興味もありませんし、一切関与しません。これから貴方は大変忙しくなるはずですし、すぐ一年くらい経つと思います。一年後にお会いしましょう」と重ねて送ると、医師は何か書いて消してから

「貴方は私が何を意味するか理解していません。貴方は私が持つ唯一の日本の友達です。正直に言うと!貴方は私にとって兄弟です!だから貴方を私のそばに居てほしいのです。私が日本に来る時」とまた「兄弟」出してきた。前断ったんだけどな。(このツリーでも遡るの大変だ!)

ここで家人が真剣な表情をしながら「もう終わりにしても構わないか?」と私に言った。私は答えに迷った。家人は続けた。「私たちは散々戦ってきた。だがこの話は堂々巡りのままだ。すれ違ったままの会話が、延々続くだけ。次の文を書いて奴から返事が来なければ終了しようと思う」…完全に飽きたな?

「私の方では医師を兄弟だとは思っていません。それに友人ではなく知人だと思っています。インターネット越しに出会ってからまだ10日くらいです。仮に、私に友達と知人が500人居るとすれば、貴方と私の親しさは500人中で500番目です。インターネット越しにしか知らない人なんですから。

500人中500番目の親しさの知人が東京に来るからって、わざわざ案内なんかしませんし、する気にもなりません。その代わり、メールで何か分からない事があればきいて下さい。このくらいが私たちの現在の親しさレベルでの交友関係だと考えています。貴方は私を兄弟と呼びたがりますが

貴方は私について何を知っているのでしょうか?私の好きな映画は何でしょう?私の好きな日本の作家は誰?私の好きな音楽は何?私の好きなアーティストは?私は今まで何の仕事をして来たのでしょうか?私の好きな食べ物は?私の好きなおやつは?兄弟と言う言葉は長く付き合ってお互いについて知り合って

自然な会話を重ねて、初めて使える言葉ではないですか?貴方の交友の進行はすごく不自然なんですよ。リアリティが無い。世間の普通の友人たちの様にゆっくり交友を深めてはいけませんか?私は性急な友情を強要する人を好みません」な、長い!医師読んで分かるかしら…。

ちょっと経って医師から返事きた「オー!私はインターネット上で貴方に会った最初の時間は、私は貴方が兄弟の様に良い人である事を感じたからです。そして貴方は貴方の言葉の男です。貴方は素晴らしい良い心の人だと気づきました。それが貴方を兄弟と呼ぶ理由です」翻訳の翻訳が要る…!

この感じだとまだ続くかなと思うんだけど、このままダメだったらごめん〜。と家人は言った。医師はいつもこの時間にはタイムアウトなので今は沈黙している。どうなるの…。

「ありがとう!私もハード働いています。貴方は優しい心を持つ人です。兄弟と呼んで良いですか?」やっぱりお爺ちゃんなの?!国連の医療医師団を引退したアメリカ人のお爺ちゃんが暇潰しに設定を盛ってるの?それとも…家人「昨夜も言いましたが、私を兄弟と呼ばないで下さい。」

イエメンの男性医師「どうして私を兄弟として受け入れられないの?私は良い人ではありませんよ」ここで医師痛恨のタイプミス!あと口調が若干変わってきてるのは何故なの?「良い人じゃないんですね!」すぐさま揚げ足を取る家人!医師は何か書いては消す熱い展開!朝から!(今私は昼休み)

医師はようやく返事が決まった「私は理解していません!貴方はそれによって何を意味していますか?」貴方は私を侮辱していますか?」医師怒っておられる。家人は冷静に「貴方の前の書き込みを見直して見て下さい」と返したが「どういう意味ですか!私の以前の執筆に何が起こったのか?」と医師激怒だ。

イエメンの男性医師は10年日本語を勉強してこのメールは自分で書いてるって話だったが、どうも英文で入れてエキサイト翻訳してるので、見返しても分からないって可能性が出てきた。ともかく突如激怒なので驚く。でも医師が悪いんだぞ。家人「ご自分で私は良い人ではありませんよと書いてます」と返す。

イエメンの男性医師は怒り&失望の様子だ「貴方は私にとっても友達だと思った。私は兄弟としての私のことを貴方に全て話ました。私は貴方に多くのことを邪魔していますようにそれが見えます」

家人の長い返信…「インターネットで知り合って10日くらいしか経って居ないのに兄弟と呼び合うなんておかしいですよ。気楽な会話を楽しむ知人同士として関係を続けてはいけませんか?一年か二年経つ間には、私たちは友人になるかもしれません。三年経ったらお互いを自宅に招待する間になると思います。

世間の普通の交際はだいたいこんな進み具合ではないですか?もしこの常識的で穏健なやり方が嫌で、今すぐ兄弟と呼びたいなら、それは大変おかしなやり方ですよ。私はそんな性急な交友の進め方は嫌いですし、不自然だと思います。どうかもっとゆっくり、友達になりましょう。では、仕事がありますから」

家人はまた後で、と返して医師もしばらく沈黙した。アメリカの引退した医師が暇つぶしに、流行っとるし日本人からかったるかー!って設定沢山盛って「うわー!あなたはスゴイー!!」って言われたくて始めたんだったら…?飲み会等で「こんなん釣れたわw」って周りに言いたくて始めたとかだったら…?

じゃあちょっと何か、次来たら個人的なこときいてみよう。意外と話が弾むといいな…と家人は考えた。そして夕方のイエメンの男性医師からのお便り、来ました。「仕事はどうでしたか?私は貴方が何を意味するのか理解しています。ありがとうございました。家に居ますか?」

家人は家に居ると言い軽くやりとりをしてから本題に入ることにした。「ところで、少し前ですが、貴方の趣味として小説を読んだりテレビを見たり…と言ってましたね」そんなんあったっけ?!新しき世界付近?!27日がめっちゃ遠く感じる…夏。そういやチョンチョン兄貴もブラザー言うてたよね。

家人「私は海外文学が好きなので、貴方のお気に入りの作品を知りたいんです。どんな作家の作品がお好きですか?」イエメンの男性医師「オー!ありがとうございました。私は水泳が大好きで、サッカーを見るのが大好きで、愛を込めて海辺を散歩するのが大好きです。料理が大好きで、読書が大好きです。」

読書まさかの最後!雑談が楽しくなると良いなーと思っていた家人は少し不機嫌に「読書は私の一番の趣味ですから、是非是非、文学の話がしたい!どんな作家の、どんな小説を読みましたか?お好きですか?」と追いかけ、医師は暫く沈黙した。

で、さっきイエメンの男性医師から「オー!返事が遅くなってすみません。仕事で忙しかったのです」って来たんだけど「読むのが好きです。Physician's Desk Referenceは66年間、処方箋に関する信頼出来る情報源です。事実上全ての診療所、薬局、及び図書館で見られる、より最新の、より認識された、または尊敬されている医学的参考はありません」と完全wiki参照ぽい文章!

アレクサと話してるかと思った…。でも突然どうしたの医師?「私はまた、医学医学の本を読むのが大好きです。マニュアルは通常さまざまな診断、治療、管理、及び予後を説明する本です。

最初に知られている医療マニュアルは、古代エジプトのエドウィン・スミス・パピルスです」豆知識ありがとう医師。これもしかして真面目キャラアピールなの?って言うか、質問はぐらかしてるよね??

ガッカリ…というか疲れた家人は「まだこれから用事がありまして、返信はまた後で」と返し、イエメンの男性医師は「オー!分かった!了解した!」と言った。まだ続くみたい…。

家人は「後で」と書いたがそのまま寝たので、イエメンの男性医師から朝のご挨拶だ。「おはようございます!私の友達、貴方の夜はどうでしたか?」家人は「おはようございます。私は疲れてひっくりかえって眠ってしまいました」と言った。

イエメンの男性医師「オー!それで貴方はもう朝食を食べましたか?」昨夜のやり取りは忘れているね医師。家人「朝食は食べ終わりました。そちらはどうですか?」医師「オー!いいえ!私はしていません。私はまだ患者の世話をするのに忙しいです」しかし医師こんなにマメにメールしてて大丈夫なの?

イエメンの男性医師「私は今仕事中です。今日は私の夜の義務です」何だ夜の義務って…若干やらしいな。「それは大変ですね。いつも同じ事を言っている様ですみませんが、身体のコンディションに気をつけて下さい」と家人は労い、今朝のやり取りは終了した。

イエメンの男性医師の夜の部が開始された。「こんばんは。私はまだ家にいますが、また仕事に行きます。貴方は家に居ますか?」家人「大変ですね。そちらも暑いですか?何時頃出勤するんですか?もう今すぐ、ですか?」ときく。

医師いつもの様に「オー!私はすぐに仕事に行くことになります」と返ってくる。オー!を多用するから私もうっかり使いそうになってて最近ヤバい。自分で話す日本語も自信なくなってきた。「私の友達、私は貴方に伝えるために何かを持っています?」…医師から今日のミッション来たか?

家人は、もうエキサイト翻訳丸出しか!って言いながら「私は貴方に伝えるために何かを持っています?←この文は日本語訳がよく分かりません。どういう意味?英語の逐語訳ですか?」と返した。医師「オー!つまり!私はそれを維持するのを助けるために貴方に私の物の幾つかを送りたいです。」

家人も軽く混乱してきた「それを維持するのを助けるというのは?もうちょっと具体的に書いて下さい?」イエメンの男性医師、頑張って!「私は出来るだけ早く東京に来ることが出来るように、私の最後のミッションのために行く事になると思います。」極まってきた!

イエメンの男性医師「だから、私は貴方に私のパッケージを送りたいので、貴方は私がそれを保つのを手伝うことが出来ます。私は東京に来る前に。貴方は私が何を意味するかを理解していますか?」突然の荷物発送計画が来た!富豪なら倉庫とか借りたら良いのに…!

医師ちょっとさー、あからさまにそういうちょっとした小銭ケチるとことかさー、どうかと思うのよ。確かに金持ちよくやるけどさー「パッケージを受け取ることは拒否します」家人!ジョジョでは露伴先生が一番好きなキャラ!医師はしょんぼりだ。「どうして?私は何か間違った事を言いますか?」

家人「私たちは''友人''(friend)ではありません。知り合ってから10日しか経っていない単なる''知人''(aquaintance)です。パッケージを送ってもらっては困ります。何故なら、私たちは互いの荷物を預かるほど親しくはないからです」(こちらの住所は教えてない)

イエメンの男性医師!「私は貴方の友達ではありません。貴方は私の心を壊した割れたハート号泣」ハートブレイク&泣き顔スタンプがきた。しかし家人は怒ってるので「これが現実です。インターネット越しの交流は幻の様な物です。実際に会って結ぶ友情に比べれば、頼りない蜃気楼です。

「私は一貫して同じ事を主張してきました。即ちインターネット越しの交流は情報量が少なく不確かだから慎重に進めなくてはならないことを」怒りで文学的な名文繰り出してきたな家人…「なので私はリアルに会わない限り、その人を信頼しません。貴方と私が真の友人になるのは、東京でリアルに出会った瞬間から。

その瞬間から、本当に友人になれるかどうかのプロセスが始まるのです」ちょっぴりロマンチック風味だ!しょんぼり医師はまた「私が日本で友達として待っているのは貴方だけです。私は私のパッケージを維持するために貴方の助けを必要とする理由です」と泣きついて来た。大変になってきた!

「パッケージ」がスラングで男性シンボルの意味もあると教えていただいた…。もしそれだったら本当に大変な事になります!それを維持(状態を?!)するミッションを家人が…。または(股だけに)ちんちんが空輸されてくるのを、あるいはふぐりを羽ばたかせて滑空してくるのを、私は想像しました。

普通の常識的な礼儀です。ご自身のスタッフから秘書を一人選んで、先に東京に行かせて荷物を管理させて下さい」と言うとイエメンの男性医師は「オー!私はそれが上手く行くとは思わない。」と否定「いくつかのアイテムが含まれている私の私物ですが、私にとって本当に重要なのは、ユニフォーム、軍事文書、ラップトップ、カジュアルウェアだけです。これはほんの数アイテムです」

なんか何気なく物騒な物をしれっと紛れ込ませて来たぞ医師!「私は貴方が安全にそれを維持するように、パッケージとしてそれを送りたいです。私は東京に来る前に」

家人、当然拒否する「そんな物絶対受けとりません!迷惑極まります」医師は「なぜ貴方は私と一緒に怒っていますか?」ときく。家人「私が迷惑がっているのに無理を言うからです!迷惑です!」と断る、熱い展開!

イエメンの男性医師「その件について謝ります」ここで初めて謝ったんじゃないかな?でも謝罪が非常に軽い…私は最高のものが欲しいだけです。貴方が私のパッケージを保つことが出来ないならば、それで私は大丈夫です」もうちょっと反省して?!

家人は改めて今怒ってる事を伝える。「私がなぜ感情を害しているか、きちんと説明しておきます。赤の他人である私に荷物を受け取れとか、その荷物を私が東京に来るまで保管しておけというのは、私を召使いの様にこき使う行為である事に気づいてますか?」

家人「私は貴方のそういった”要求”のひとつひとつが極めて不快です。これは今日頼んできた”荷物を預かれ”だけではありません。まだお互いに顔も見た事もない私に、東京に来たら私のそばにずっと居ろ、なんてよく言えましたね。それは私を貴方が雇った現地ガイドとして使役する事です。

決して友人扱いではありません。私は極めて不快です。我々の間の溝は本当に深い」…不快と深いがかぶった!ライムだ!

イエメンの男性医師「私は貴方が何を意味するか理解しています。分かった!何でも貴方が欲しいのは私で大丈夫です」これ主従が逆転する展開じゃないの?SとMが…そうだ(エロ)漫画で見た!進研ゼミでやったところだ!と私だけが喜んでいた。

家人は「何でも貴方が欲しいのは私で大丈夫です←これは日本語として壊れています。翻訳にかける前の文章の意図が分かりません。もっと具体的に書いて下さい」と言ってるんでやっぱり進研ゼミでやったところだ!ちゃんとおねだりして医師。

イエメンの医師「オー!というのは!それについて心配しないで下さい。貴方は私のパッケージを忘れる事が出来ます」びっくりしちゃったの医師?素直になって医師。「私が私のパッケージの世話をすることを心配しないで下さい。東京に来る前に自分で。ありがとうございました」

スポンサーリンク

家人(ドS)「パッケージの話だけではありません。私が今まで書いた文をきちんと読んで下さい。今までも読み飛ばしして、ちゃんと読んでないでしょう?会った事もない私を突然''兄弟''と呼び、しかも''東京で私をフル・アテンドで手伝え''とか''私の荷物を預かっておけ''とか貴方はすごく失礼な人だ!と言っています。パッケージの要求を取り下げたとしても、私の貴方への人物評価は変わりません。東京に来ても、私は貴方に会いません」

イエメンの男性医師は「私は貴方が何を意味するのか理解しています。ありがとうございました。私は今私のオフィスで働いています。おやすみ」と言って沈黙した。

で、昨日はごめんなさい。反省しました…みたいなメールが来たら許すかも、と家人は言ってたのだが「こんにちはおはようございます。今日は仕事で忙しいですか?」とイエメンの男性医師はいつもと同じく普通にやってきた。

家人は「何がおはようございますだ。私は貴方は最低に失礼な人間だ。と怒っていたんですよ!7、8時間前の出来事です。貴方は私がたった8時間前のことも覚えていられないレベルの頭の悪い生物だと思っているのですか。謝罪も無しで話しかけるなんて。今更なんの用ですか?」と朝からカンカンです。

でも医師が悪いんだぞ。この日本人、なかなか金要求できるルートに行かないから荷物詐欺作戦しようと思うんすよ…って提案した担当者はマネージャーに怒られてクビになると良いのに?!普通に失礼な行為って概念が無いのが怖い…。

医師「貴方は私を去らせたいですか?」家人「その通りです。顔も見たくありません。最も貴方の顔を知りませんけども。以前送られてきた写真は貴方本人か分かりませんし」…ああついに。「私たちはビデオ通話で話すことは出来ますか?」「ダメ!」「それで、貴方は私に何をして欲しいですか?」

家人「永久にお別れするのが、私たち双方にとって一番良い結末だと思います。私は、ブロックや即アクセス禁止はしません。だからこうしてオープンにしています。しかし理由はそれだけです」終わっちゃうの…「貴方はここをそっと去り、私にアクセスしない方が良いでしょう。それが我々ふたりにとって一番良いことなんですよ」と家人が言って、既読になって、医師は沈黙した。

たぶん、これで終わりだ。私たちはアシュラのラスト(劇場公開字幕版)のセリフを思い出していた。「なぜこうなったんだ…」その時、劇場内には「ああ…」という観客の声があがっていたんだった。

という訳で、イエメンの男性医師と家人との交流は終わった。と思う。計10日ほどの夏の日の幻影…だと思いたいんだけど、また「大変なことになった!」と助けを求めてくる場合もある。飽きずに読んでくれた人ありがとう。めっちゃ長かったし無限ループでまとめてるこっちがおかしくなりそうだった。

参照元ツイート:https://twitter.com/zoltandogs/status/1417867624055140356

関連記事 一覧

-爆笑ネタ
-

© 2021 サンブログ