後味の悪い話

【後味の悪い話】アニメ「ボージャックホースマン」

スポンサーリンク

124: 本当にあった怖い名無し 2019/01/24(木) 14:35:29.19 ID:2tO4SkWo0
アニメ「ボージャックホースマン」に登場するハーブという人物のエピソード

昔、主人公ボージャックは売れない無名の新人役者だった
そんな若き日のボージャックを信じてあれこれと面倒を見てくれたのがハーブという名の男だった
ハーブは脚本を執筆して(フルハウスのような)ホームドラマの企画を立ち上げると、テレビ局の反対を押し切って無名の役者であるボージャックを主役に指名する
そのホームドラマは国民的な人気作品となり、ボージャックは一躍お茶の間のスターと成る
そんな矢先、ハーブが実は同性愛者(ゲイ)であるという事実が発覚してスキャンダルとなってしまう
国民的作品の脚本家がこんな淫らな男でいいのか? 世間はちょっとした騒ぎとなり、テレビ局はハーブをクビにしようとする
ハーブはボージャックに助けを求めた
主演であるボージャックが「ハーブをクビにするなら俺も降りる」と言えば、ハーブのクビは免れるかもしれないのだ
ボージャックは親友にして恩人であるハーブの頼みを快く承諾した
しかしテレビ局はそれを許さず、ボージャックに2つの選択を突き付ける
ハーブと共に消えるか、ハーブを切り捨てて栄光の道を歩むか
テレビ局の圧力に押され、ボージャックは後者を選んでしまった

125: 本当にあった怖い名無し 2019/01/24(木) 14:37:48.41 ID:2tO4SkWo0
それから20年程が過ぎ
ハーブが末期ガンを患って余命残り僅かだという噂がボージャックの耳に入る
ボージャックは20年ぶりにハーブの自宅を訪ね、末期ガンで変わり果てた姿と化したハーブと再会する
ハーブはボージャックを暖かく歓迎し、昼食を御馳走してくれる
二人は昔話に花を咲かせ、冗談を言い合って笑い合った
そんな良いムードが続き、ボージャックは帰る前にハーブと握手し、20年前の裏切り行為を謝罪した

ハーブはさらっと答えた「許さない」

予想外の答えにボージャックは一瞬面喰らってしまう「俺は謝罪をしたんだぞ!?」

ハーブは淡々と答える「ああ、そんなこと分かってる。それでも俺はお前を絶対に許さない」
「俺はあのスキャンダルで地位や名誉を失ったって別にかまわなかった。だが、誰もが俺から離れて行った。あの時俺に必要だったのは友達の存在だったんだ」
「なのにお前は20年間も電話の一本もくれなかった。俺はお前の心を慰める道具になんてならない」

その後ボージャックとハーブの喧嘩は取っ組み合いにまで発展(余命僅かな末期ガン患者との取っ組み合いは見ているだけで肝が冷える)

結局ボージャックはハーブと和解することなく険悪な状態のまま今生の別れをしてしまったのであった

127: 本当にあった怖い名無し 2019/01/24(木) 21:11:19.77 ID:cIhTZiJq0
ボージャック自体に同情は出来てもそもそもが結構なクズ野郎だからな…

スポンサーリンク

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ